00
1: ラダームーンサルト(チベット自治区) 2013/08/30 00:57:24 ID:ft356ewm0
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130830-OYT1T00086.htm

押し入れに白骨遺体、「父が殺した誰か」と住人

 29日午後4時35分頃、東京都江戸川区中葛西のアパート2階の一室に「人骨のようなものがある」と、訪問したケー
スワーカーから警視庁葛西署に通報があった。

 署員が調べたところ、押し入れの衣装ケースから、白骨化した男性とみられる遺体が見つかった。この部屋に住む無職の
男(61)が「死亡した父親が殺した誰かの骨で、昨年5月の引っ越しの時に持ってきた」と話しており、同庁は30日に
も死体遺棄容疑で逮捕する方針。

 同庁幹部によると、遺体は死後1年以上経過し、全身の骨が四つのビニール袋に分けられていた。同庁は身元や死因の特
定を進める。

 男は知的障害のある50歳代の弟と2人暮らし。弟の世話で訪れたケースワーカーに人骨のことを打ち明けた。男は「1
998年に父親が死亡した後、母親に『父親が殺した誰かの骨だ』と言われた」と説明。母親も数年前に死亡したという。
(2013年8月30日00時45分 読売新聞)