Suushi_Inugami

7: 名無し百物語 2014/08/01(金) 08:24:52.73 ID:UmwEyZhj.net
「動物霊」 

俺生まれつき霊感があるっぽいのね。普通の人が見えないものが見える。 
物心ついたときにはすでに見えていたから、自分が普通じゃないってことに 
自覚がなかった。だから小さいころは言動がおかしくてよくいじめられた。 

いじめられまくってたからか、大人になっても根暗な性格のままで 
友達なんてリアルは皆無、ネット上にしか存在しない。彼女なんて 
できる気配すらない。霊が見えるなんていうラノベの主人公みたいな力が 
備わっているのに、花々しいエピソードなんかひとつもない。リアルってのは厳しいよ。 

霊が見えるっていっても、すごく限定的な範囲だけだ。なぜか俺は動物の霊だけが見える。 
人間の霊はまったく見えない。動物の霊だけ見えたって霊能力者になれないだろう。 
だって悪霊とかって全部人の幽霊でしょ。守護霊なんかをみてアドバイスしたりもできない。 
それに体調の良し悪しで見えたり見えなかったりするから不安定すぎて頼りにできない。 

ずっと霊が見える力なんてなければよかったと後悔して過ごしてた。 
だけどある日、職場に新人がやってきたとき初めて力がプラスに働いた。 
その日俺は風邪をこじらせていて朦朧とした意識のまま仕事をしていた。 
休みたくてもこなさなきゃいけない仕事が山積していたから、カフェインの力を借りようと 
給湯室にフラついた足取りで向かった。 

給湯室に入ると見知らぬ女性の先客がいた。髪型は黒のロングで顔立ちははっきりしており、 
長身でモデルのような体型の、ひとことでいうならタイプの女性だった。 
女性は給湯室に入ってきた俺に気づくと、満面の笑顔を浮かべて話しかけてきた。 
「今日からここで働かせてもらうことになりました木下ですよろしくおねがいします」 
「お、あ・・・よろ・・しくおねが・・いします・・・ゴホゴホ」 

どっちが新人だよとつっこまれそうなほど、挙動不審な態度をとってしまった。 
しかし木下さんは気にせず話を続けてくれる。結局仕事そっちのけで15分ほど雑談したんだが、 
たったの15分で俺は恋に落ちていた。俺みたいなやつを奇異の目でみることもなく、 
優しく楽しく話してくれる。見た目も抜群にかわいいし、風邪のせいで鼻がつまっているのに 
かぎとれるいい香り。恋したい。木下さんと恋愛できたら、もう死んでもいい。 

ちらりと時計をみるとそろそろもどらないとヤバイ時間になっていた。 
このままもどるのもいいが、せめてひとつだけでも、次に木下さんと会話をはじめるきっかけを 
入手しておきたい。なにか共通の話題とか。くそ、女性が好みそうな話題なんて 
これっぽっちも持ち合わせてない。こんなチャンスがくるなんて思ったこともなかったから! 
内心あせりぎみだったが、木下さんが突然ペットの話を始めた。 

なんでも木下さんは最近爬虫類を飼おうと考えているらしい。それで色々調べているのだが 
犬や猫と違って情報を集めるのに苦労しているとか。 
そこで俺はハッとなった。一度木下さんと別れて足早に給湯室を出て、同僚の田中を探した。 
田中は自分のデスクにいた。正直いって田中とはほとんど口をきいたことがない。 
だが、俺には田中が爬虫類にめっぽう詳しいことがわかっていた。 

なぜなら動物の霊がみえる能力があるからだ。前から田中の肩や頭には 
カメレオンや亀、妙な形のトカゲなどが乗っていた。田中にきけば爬虫類のことでわからないことは 
ないだろう。俺はビクビクしながらも田中に話しかけ、昼飯を一緒に食わないかと誘った。 
もちろん俺のオゴリだ。誘った店が近所で有名な高級ステーキ店だったこともあり、 
あっさり了承を得て、二人で昼食を楽しんだ。 

その際俺はひたすら爬虫類の飼育や生態に関する情報を収集した。予想どおり田中は 
爬虫類の飼育が趣味で、ネットや図鑑に載ってないようなこと、実際に飼育し愛好しなければ 
わからないような情報をこと細かく教えてくれた。 
田中の情報をもとに木下さんと会話したら、一気に親密になれたのだから、本当なら 
木下さんと深い関係になれたのは田中だったのかもしれない。 
しかし、俺に備わった能力のおかげで、その役目は俺が担うことになったのだ。 
ようやく霊をみる力が俺に幸せをもたらしてくれた。嬉しくて神に感謝したよ。何度も。