8509639b

9: 名無し百物語 2014/08/02(土) 19:21:19.01 ID:Lf31VVEF.net
「タルパ」 

自分は現在25の男なんだが、18~23の間ずっと引きこもってたんだ。 
対人恐怖症が引きこもった主な理由だったんだけど、当時は人と関わるのが怖くて怖くて辛かった。 
引きこもってる間はずっと家にいた。大抵PC使ってネトゲやら2chやったりで時間潰してたんだけど 
暇つぶしってのは暇は潰れるけどなにか積み重なっていくものじゃないだろ? 

だから延々暇つぶしを続けていつ俺は社会に出られるようになるんだと憤りを感じ始めていた。 
そんなとき、たまたま2chのまとめサイトでみたタルパに興味を抱いた。 
スレのタイトルはタルパを作ったら人生変わったとかなんとか、そういう感じのやつだ。 
スレの情報によると、タルパというのはチベット密教の奥義で、訓練を積み重ねることによって 
生き物を生み出すことらしい。 

その生き物には実体がない。触ることはできないが自分にだけはっきり見ることができ、 
独自の意志をもってこちらに話しかけてくる。生き物の性別、性格、見た目なんかは 
自分の好きなように設定することができる。気の合う親友を作るもよし、好みの女の子を 
作るもよし。好きなアイドルや芸能人そっくりにだってできる。 

本当なら最高だろう。だが都合がよすぎるし、まったく科学的じゃない。こんなものに 
ひっかかってたまるか。はじめはそう思った。しかし興味本位でタルパについて調べていくと 
詳しいやりかたが記載された専用サイトがあったり、2chのタルパスレには連日連夜 
タルパを生み出すことに成功した人々の書き込みがあふれている。 
ここまで大人数で嘘をついたりするだろうか?そもそもタルパって何百年も前から 
チベット密教で語り継がれてきたもの。何百年も嘘をつきつづけて何の得がある? 
やり方を見る限り金銭を要求されることなんてまったくないし。 

気づくと俺はタルパが本物であるという答えにたどり着くこと前提の推理を繰り返していた。 
タルパのもたらす希望が、タルパを否定する意見すべてを抹消した。 
もうタルパしかない。タルパで最高のパートナーを作って、応援してもらったり励ましてもらったり 
相談にのってもらったりして、コミュ力をあげて社会復帰するんだ。 
もちろんパートナーはすげーかわいい容姿の女の子にして、夜な夜なムフフなことも・・・! 
夢はどんどん膨らんでいった。俺の妄想力とほぼ無限にある暇な時間は、 

タルパを作るうえでとても有利に働いてくれた。はじめに生み出したいタルパの 
容姿や性格をこと細かく設定して絵にした。年齢は19、痩せ型で巨乳、髪は前髪パッツンの 
ツインテール、名前はミサト。性格は普段ツンツン、ときよりデレるいわゆるツンデレ。 
次に日に何度かミサトに話しかけ、どう返答してくるかを想像した。ミサトだったら何を考え 
どう発言するだろうか。何度も何度も繰り返していくうちにやがて妄想上の人間に魂が宿るという。 

そして暗い部屋の空間に妄想の人間を視覚的に出現させる訓練を繰り返す。途方もない時間を 
訓練に費やしていくうちにハッきりと見えるようになってくる。そしたら話しかけるのだ。 
最初は途切れがちな会話かもしれない。だがそれも繰り返していくうちにちゃんとやりとりできてくる。 
いつでもどんな状況でも、視界の中にタルパが存在し、こちらに話しかけてくるようになれば完成だ。 

多くの人は、タルパを作る訓練の過酷さに挫折しあきらめてしまう。だが俺は違った。 
自分で言うのもなんだが俺はもともとできる子だったのだ。対人恐怖症になる前はクラスで1,2を 
争うほどの成績をおさめていた。小、中、高全部においてだ。つまり集中力と継続力は人並み以上 
なのだ。そんな俺が作れないわけがない。俺は自分を信じきっていた。必ずできると。 

そのおかげなのか、訓練を開始して一ヶ月が経った頃、ミサトはおぼろげながら具現化していた。 
まだ集中が途切れるとすぐに消えてしまうのだが、ちゃんと見えるし話しかけてくる。 
ミサトが具現化したとき、俺は数年ぶりに泣いた。これで救われる。もう一人じゃないって。 
ミサトの初めての言葉は「べ、べつに早く一緒になりたいなんて思ってないんだからね!!」だった。

10: 名無し百物語 2014/08/04(月) 19:30:17.15 ID:YMjSkqyu.net
ミサトが現れてから俺の日々は一変した。朝はいつもミサトが満面の笑みを浮かべて
起こしてくれる。これまでなら無言で淡々とこなしていたネトゲも、ミサトが隣にいて
あれやこれやと好奇心旺盛に質問してきて、それに答えてやってるうちに
部屋中が笑い声であふれた。夜寝るときはミサトに子守唄を歌ってもらったり、
明日の予定を計画してワクワクした。明日を迎えるのが楽しくて仕方なかった。

毎日が楽しいと何かやってみようという意欲がわく。ミサトの応援に背中を押され
俺は久しぶりに外に出た。道ですれちがう人たちの視線が気になったが、
そのたびにミサトが気にするな、大丈夫大丈夫と言ってくれた。
だからくじけなかった。ほどなくして外出が苦ではなくなり、バイトの面接を受けた。
何もしていなかった時期が長かったからなかなか面接に受からなかったけど、

めげずに続けていくうちに近場の工場が雇ってくれた。自給は安いし汗だくに
なって働かないといけなかったから辛かったけど、人と関わって働いて、稼いだ金で
飯を食うという当たり前のことをするのが困難だった俺からすれば、とてつもない進歩
だった。次第に職場で同年代の友達や親しくしてくれる先輩もできてきた。
休みの日にはみんなで季節ごとのレジャーを楽しんだ。

もちろん遊びにいくときは、他人には見えないけどミサトといつも一緒だった。
ミサトは俺がやることならなんでも肯定してくれた。どんなに友達ができたとしても
ミサト以上の人間は現れないだろう。そう思っていた。
ある日職場で年下の女性に声をかけられた。何度か会社の飲み会でみたことはあるけど
部署が違うから面識のなかった人だ。名前は竹島さんといってなかなか可愛らしい
女の子なんだが、なんと竹島さんは俺のことが前から気になっていたらしい。

つまり竹島さんは俺に告白してきたのだ。俺みたいなやつを好きになってくれる女の子が
いるなんて思いもしなかった。一生女とは縁がないとあきらめていた。
竹島さんに告白された瞬間、俺は放心状態になっていた。相手が返事をまっているにも
関わらず。しばらくしてしどろもどろになりながらも、俺は竹島さんの気持ちを受け止め、
交際がスタートした。ミサトが生まれたとき以上の幸せがあるとは思いもしなかった。
竹島さんとの毎日は天国にいるかのような気分だった。いつもニヤニヤが止まらなかった。

だけど、この頃からミサトがおかしくなっていった。これまで俺が何をするときも
そばで応援して肯定してくれていたミサトが、いちいち否定的な意見を言ってくるのだ。
俺の着ている服がダサいとか、髪型が変だとか、言動がキモい、顔がブサイクなどなど
ありとあらゆることをけなしてくる。だから何度も言い合いになった。ミサトには感謝
していたから、なるべく仲直りしようと努力したけど、ミサトには折れる気がまったくないから
いつまでたっても喧嘩は終わらなかった。

普通の友達とは違って相手はタルパだ。タルパは一度生み出すと一生消すことができない。
常に一緒にい続けないといけない。ミサトは俺が仕事をしているときも寝ているときも
竹島さんといるときもすぐ傍にいて罵詈雑言を浴びせてきた。そのせいでどんどん
ストレスが溜まっていき、寝不足になり、体を壊した。このままでは精神も壊れてしまう。
俺はミサトに必死になって謝ることにした。とにかく自分が悪かったから許してくれ。
なんでもいうことをきくと言って土下座した。するとミサトは許してやるかわりに条件があると言った。

その条件とは、竹島さんと別れることだった。ミサトがここ最近俺に対して攻撃的だったのは
竹島さんがミサトから俺を奪ってしまうと思ったからだった。俺はタルパを女として
生み出したことに後悔した。男のタルパを作っていれば、彼女ができたという理由でタルパに
反感を買うこともなかっただろう。まさかタルパが俺に恋して嫉妬するなんて思わなかった。
じゃあなにか、俺は一生触ることもできないミサトを愛して独身のまま生きていかねば
ならないのか?引きこもっているときならそれでよかっただろう。

だけど働いて、友達や恋人ができて、人生に可能性を見出した今の俺には耐え難い苦痛だった。
一生一人なんて嫌だ。竹島さんと愛し合って幸せになりたい。もうミサトはいらない。
俺は考え抜いて、ミサトをだまらせる方法をひらめいた。その方法とは
もう一人タルパを生み出すという奇策だった。

11: 名無し百物語 2014/08/04(月) 21:01:26.88 ID:YMjSkqyu.net
ミサトが消せないなら、ミサトを常に押さえつけておけるタルパを作ればいい。
俺は筋骨隆々で、ドSで、性欲旺盛で、傲慢で、だけど俺のいうことはなんでも従う
ケンジというタルパを生み出した。生み出すまでの作成期間は地獄だった。
ミサトを生み出したときと同じように約一ヶ月を要したのだが、その間ミサトが
絶え間なく精神的苦痛を味合わせてくるのだ。

だから集中するのに手間取ったが、同時にミサトへの憎悪が蓄積していき、
タルパを作り上げるという意志を強固にしてくれた。ケンジが完成したとき、
心も体も疲れ果てボロボロになっていた。仕事は休みがちで、危うく
首になりそうだった。ストレスのせいで余裕が無く、竹島さんに優しくできなかった
せいか、竹島さんの俺に対する熱が冷めかかっているのがなんとなくわかった。

でもまだ間に合う。完成したケンジにミサトを黙らせてもらったら全て元通りだ。
ケンジは早速俺の言うとおりミサトを攻撃した。人間はタルパに触れることはできない。
しかしタルパ同士なら触れ合うことは可能なのだ。ケンジはミサトが俺に
話しかけようとするたび、強引にミサトを押さえつけて陵辱した。
ただ黙らせるだけでよかったのだが、ミサトへの怒りがあまりにも強かったので、

ケンジは性欲旺盛で女を見つけると強引に襲い掛かるという設定を付加しておいた。
だからミサトは毎度見るも無残な姿にされていた。ケンジはタルパだ。タルパに
体力の限界なんてない。だからケンジの性欲は無限といっていい。ケンジは終わり無く
毎日毎日ミサトを陵辱した。俺が死なない限り、ミサトは一生痛めつけられるのだ。
ざまあみろと思った。まったく可愛そうだなんて考えなかった。

ケンジが生まれてから俺の人生は元通りにもどった。仕事も順調、竹島さんとの関係も円満、
毎日が平和に過ぎていった。竹島さんがドライブに連れて行ってとおねだりするので、
あいている時間に自動車免許をとり、車を購入した。俺は竹島さんと旅行の計画をたてた。
毎日ファミレスで二人、深夜まで語り合った。

いよいよ旅行に行く日が来た。俺たちは車に沢山の荷物を詰め込んだ。
竹島さんは助手席で地図をみながらナビゲートしつつ、たまにコーヒーやガムを
手渡しねぎらってもくれた。竹島さんのサポートに負けじと俺も、安全運転と会話を
弾ませることに力を入れた。

高速に入ったとき、バックミラーで後部座席を確認した。そこにはケンジに陵辱
され続けているミサトの姿があった。終わることのない永遠の地獄を味わい続けたミサトは、
いつしかなにも反応しなくなっていた。しゃべる事もなくこともせず、ただされるがままだった。
俺は少しだけ可哀想だと思い始めていた。だけど今ケンジを止めたら、ミサトがあばれだして
旅行を台無しにされる可能性がある。だから旅行が終わったら、ミサトを許してやろうかな・・・

再び訪れた幸せが俺に良心を与えてくれたようだ。しかし、幸せは長く続かなかった。
運転中突然、視界が真っ暗になったのだ。必死でまばたきしたが闇だった。
そして耳元でささやき声がした。「ずっと待ってたよ、この時を」
ミサトの声だった。目の前が見えなくなったのは、ミサトが両手で視界を遮っているからだった。
そうか。言葉で精神的に苦痛を味あわせる以外でも、俺に嫌がらせをする方法はあるんだ。
すぐ横で竹島さんが絶叫した。俺には何も見えないが竹島さんにははっきり見えていたんだろう。

とてつもない衝撃が全身を貫いた。音は何も聞こえなくなり、体が宙を浮いている感覚を味わう。
たっぷり睡眠をとって目覚めたときのような、ボ~っとした頭に無理をいわせて目を開くと、
割れたガラスとドス黒い血が散らばっていた。車外は鼠色をしていて、ああこれはアスファルトかと
のんびり理解した。そしてゆっくり横をみると、前かがみの格好で顔をダッシュボードにうずめている
竹島さんがいた。前頭部はグチャグチャに潰れていて中から脳みそが見えている。

もう助からないってすぐわかったけど、肩を叩いて竹島さん大丈夫って呼びかけようとした。
だけど肩を叩くための手が俺にはなかった。腕から先がなくなっていて、代わりに骨がはみ出ていた。
俺は目を閉じた。きっと失ったのは手だけじゃないはず。自分の体がどうなっているのか
これ以上確かめる勇気はなかった。耳元で、聞けなくなって久しいミサトの優しい声。
「また二人にもどれたね」

元スレ:http://hope.2ch.sc/test/read.cgi/kaidan/1406623022/