2aa84b90

329: 1/2@\(^o^)/ 2014/10/30(木) 08:55:17.95 ID:N0a7CJmO0.net
偶然だと思うけどちょっと怖かったのでカキコ 
前振りが長くなるが許してくれ 

うちの親父は俺が高校生の頃に他界している 
末期のガンで、発見された頃には余命半年も無かった 
一応先生も手を尽くしてくれたんだが、結局俺たち姉弟がカーチャンから親父の死を宣告されたと聞いた2週間後に他界 
その間、まだ学生だった俺と弟も、既に社会人だった姉貴もそれぞれ学校や会社を時々休んでは病院に顔を出していた 
日々衰弱していく親父を見るのは心が痛んだが、せめて最期を看取ってやるくらいはしようというカーチャンの想いだ 
もう言葉も発せなくなっていた親父 
勿論シャワーなんか浴びられないし、排泄も看護師さんに任せていた(要はおしめに垂れ流し) 
だからなのか、病室にはいつも独特なにおいが漂っていた 
つっても、死を目前にした親父や家族、親族なんかの前で「変なにおいする」なんて言える筈も無い 
みんなも同じことを思って我慢しているんだと思って結局今日まで誰にも言えずにいた 
それから1週間前後で親父は死んでしまった 
ここまでが前振り