1bbb3de4-s-480x478
431: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2016/06/12(日) 00:29:37.05 ID:pW+oJPGh0.net
昔の話です。 
叔母から聞いた話ですが、当時叔母は犬を飼っていました。 
昭和の頃は、犬は雑種が多く、外で飼育するのが普通だったそうです。 
ある日、飼っていた犬が感染症に罹り、動物病院に連れて行ったけど 
手遅れだったそうで、あくる日に亡くなったそうです。 
当時、犬の葬儀とかなくて、火葬は保健所で行っていたそうです。 
亡くなったのが連休の時で、父親から「腐るから早く保健所連れて行け」と 
言われて、段ボールに入れて、保健所に連れて行きましたが、保健所はお休みです。 
分かっていたけど、父親に保健所の中に置いてくれば大丈夫だと言われ、 
保健所内を見て回ったけど、どこに置いて良いのか分からず、目につきそうな 
場所を選んで、段ボールの中に封筒にお金を入れて置いてきました。 
あくる日、玄関の一部だけは濡れていました。それは1日中乾くことなく 
濡れていて、その次の日も同じ場所が濡れていたそうです。 
その次の日になって、やっと玄関は乾いたそうです。 
その時に叔母は気が付いたそうです。 
その日は連休明けの日で、おそらくその日に犬が荼毘に臥されたのだろうと… 
濡れていたのは犬が帰って来ていたのではないのか?と言っていました。