1: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 03:54:09.44 ID:JV2pDzGn0

生態系崩してはいけないというか

no title

大躍進政策

大躍進政策(だいやくしんせいさく)とは、1957年の反右派闘争で党内主導権を得た毛沢東が1958年から1961年までの間、中華人民共和国が施行した農業と工業の大増産政策である。反対派を始末し、合作社・人民公社・大食堂など国民の財産全てを取り上げて共有化する共産主義政策を推進した毛沢東は数年間で核武装や経済的にアメリカ合衆国やイギリスを15年以内に追い越すこと宣言して実施したが、現実を無視した手法と250万人を処刑死・拷問死させるなど権力闘争のために中国国内で大混乱を招いて、人類史上最多の大飢饉と産業・インフラ・環境の大破壊と多数の死者を巻き起こした。犠牲者数には諸説あるが、推計4,500万人を越える。

四害駆除運動
1958年2月から、四害(伝染病を媒介するハエ、カ、ネズミと、農作物を食い荒らすスズメ)の大量捕獲作戦が展開された。正式には「除四害運動」と呼ばれたが、スズメを大量に駆除した(北京市だけでも300万人が動員され、3日間で40万羽のスズメを駆除した)ことから、「打麻雀運動」、「消滅麻雀運動」とも呼ばれる。しかしスズメの駆除は、かえってハエ、カ、イナゴ、ウンカなどの害虫の大量発生を招き、農業生産は大打撃を被った。
スズメは、農作物を食べると同時に害虫となる昆虫類も食べ、特に繁殖期には雛の餌として大量の昆虫を消費している。指導層の無知が故に、食物連鎖の生態バランスを完全に無視した結果だったのである。後にスズメは南京虫に変更され、ソ連から大量のスズメが送られたといわれている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/大躍進政策

65: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 04:53:40.69 ID:PRRwo+Ul0
ああ毛沢東が害鳥だから殺せって指示したやつな
蒼天航路の冒頭でもその話しあったな
懐かしいな

4: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 03:56:26.24 ID:7h7vIFlXp
結局ソ連だかにスズメ送ってもらったんやっけ

7: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 04:01:59.91 ID:7h7vIFlXp
蚊とか絶滅したらなんか起きるんかね

10: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 04:06:55.00 ID:6yk1L+4Aa
>>7
チョコレートの量が減るだけくらいらしいで
自然界の動物が少し減るだけで人間には概ねメリットしかないってのが有力

11: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 04:07:19.58 ID:wAlR3AvBa
>>7
ちょっと調べてみたけどあんま影響なさそうやで
キンチョーが大打撃食らうだけ

45: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 04:30:27.43 ID:EezFFcTI0
>>7
魚に影響出そう


9: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 04:06:23.00 ID:eugR8rfj0
鳥減らしたら蚊やらなんやら増えたんやし逆に蚊減らしたら餌が減って鳥やらなんやらも減るやろ
あとボウフラが水の浄化とかしてるからその辺も影響デカいと思うで

12: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 04:07:42.89 ID:VXoL6HYm0
別にそれだけじゃないけどな

ソ連のトンデモ農学者みたいのがいて

そいつが「種は深く植えれば植えるほどいい 密集して植えれば植えるほどいい」って言ってたから
2メートルくらい穴ほって種植えたりしてたんやで

16: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 04:09:41.13 ID:0H22AG2J0
>>12
農家「はえ~すっごい」

アホちゃう

17: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 04:10:40.00 ID:VXoL6HYm0
>>16
農家「アホちゃう」
党員「はい逮捕」

13: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 04:07:46.33 ID:qUSC4S01d
人家に入ってくるゴキブリとか絶対いなくなっても困らないよね

14: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 04:07:56.24 ID:dorhROIJ0
ゴキが絶滅しないのも影響あるからなんか?

18: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 04:12:06.71 ID:eugR8rfj0
>>14
そらまあ急に絶滅させたら影響出るやろうけど緩やかに減っていく分にはそう大したもんちゃうやろ
似たような役割持ったやつが増えるだけや



19: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 04:13:10.55 ID:JV2pDzGn0
思ってみなかったとこで大打撃とかありそうやけどな

20: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 04:13:26.31 ID:YwJYIPeR0
ゴキブリはあらゆる死骸を食べるらしいから森の清掃屋って言われてるらしい
ただ家におったら深い極まりないけどな

24: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 04:16:46.66 ID:zJvpgby/0
>>20
そら危険な森より安全な民家に住み着きますわ
かしこE

26: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 04:18:03.50 ID:qUSC4S01d
>>24
ゴキジェットかけられる人家のほうが危険度マックスやろ

23: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 04:16:38.57 ID:XicAepUu0
バタフライチンフェクトってよく言うし何かしらヤバいことは起きるやろな

27: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 04:18:04.29 ID:eugR8rfj0
リョコウバトなんか美味いからって全滅させられたけど別に誰も困ってないしそう深く考えることでもないんちゃう
no title

リョコウバト

リョコウバト(旅行鳩)は、北アメリカ大陸東岸に棲息していたハト目ハト科の渡り鳥。生息地のアメリカにちなんで、アメリカリョコウバトとも俗称される。鳥類史上最も多くの数がいたと言われたが、乱獲によって20世紀初頭に絶滅した。
リョコウバトの肉は非常に美味であったと言われ、都会でも良い値段で売れたため、銃や棒を使用して多くの人々が捕獲を行った。北アメリカの先住民もリョコウバトの肉を食用としていた。19世紀に入ると北アメリカにおける人口は急増し、電報などの通信手段が発達すると効率的に狩猟が可能となり、食肉や飼料、また羽根布団の材料になる羽毛の採取を目的とした無制限な乱獲が行われるようになった結果、わずか数十年ほどでリョコウバトの数は激減していった。保護すべきとの声もあったが、それでもまだ莫大な数がおり検討されなかった。その間にもリョコウバトの数は減り続け、密猟が絶えなかった。ヒナまで乱獲される事態まで起こった。
1890年代に入るとその姿はほとんど見られなくなり、ようやく保護も試みられたが、すでに手遅れであった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/リョコウバト

34: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 04:24:31.24 ID:7h7vIFlXp
>>27
まだいっぱいいるしへーきへーきからの絶滅ほんまかわいそう

30: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 04:20:23.35 ID:UycAv3tw0
過去にすずめ減らして何かあったんか?

31: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 04:21:18.82 ID:qBB8SI7ba
>>30
毛沢東 雀

39: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 04:26:13.77 ID:DJZQgPE10
>>30
害虫(イナゴ)が増えまくって大飢饉→2500万人死ぬ

6: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 03:57:59.08 ID:P+9M0LJlM
no title

33: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 04:23:40.47 ID:UTd7G+0hd
大躍進政策だの文化大革命だのロクなことやらんわ
no title

黄河決壊事件

黄河決壊事件(こうがけっかいじけん)は、日中戦争初期の1938年6月に、中国国民党軍が日本軍の進撃を食い止める目的で起こした黄河の氾濫である。事件当時は黄河決潰事件と表記された。中国語では花园口决堤事件(花園口決堤事件)と呼ばれる。犠牲者は数十万人に達し、農作物に与えた被害も住民を苦しめた。
水没範囲は11都市と4,000村に及び、3省の農地が農作物ごと破壊され、水死者は100万人、被害者は600万人と言われるが被害の程度については諸説ある。
中国国民党は当初から「黄河決壊事件は日本軍が引き起こしたものである」との発表を行っていた。
黄河決壊による被害は「堅壁清野」という焦土作戦とともに、中国民衆をさらに苦しめることになった。農作物にも大きな被害を与え、さらに国民党側による食料調達(徴発)の為、農民は厳しい搾取を受けることとなった。堤防破壊の後遺症として1942年に河南省で干ばつが起こった際に飢饉が発生し、道端には凍死者と餓死者があふれ、飢えから屍肉が食べられたと伝えられる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/黄河決壊事件

36: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 04:25:08.23 ID:jAwvPnjG0
>>33
黄河決壊事件ほんと草も生えない

38: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 04:25:39.94 ID:g2oVJal/M
人類が新大陸に進出するたびにその土地の大型動物が絶滅してるのほんと笑える

41: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 04:27:24.44 ID:15p/TzpP0
毛沢東の前半生は光武帝とかと比較できるレベルで有能極まりないのがな

42: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 04:27:35.93 ID:tAIfaaf/a
人間が作り上げた生態系とかないんか

49: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 04:33:29.35 ID:7h7vIFlXp
>>42
蚕とかそうちゃうか

50: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 04:34:03.07 ID:sIhSVsrvd
>>42

67: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 04:54:55.85 ID:UqXCVEAw0
>>42
豚って品種改良してつくったんやなかったっけ

43: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 04:28:11.52 ID:JV2pDzGn0
農機具溶かしたら収穫出来ないとはならなかったのかな
思っても逆らえなかったんか

大製鉄・製鋼運動

1958年10月から、鉄鋼の大増産を目指して原始的な溶鉱炉(土法炉)を用いた製鉄が全国の都市、農村で展開されたが、金属工学の専門家もそれに適した設備もなく、原材料も満足に確保できない中で、素人に良質な鋼鉄が作れるはずもなかった。
土法炉を建設するための主な資材である耐火煉瓦の供給は皆無に等しく、一般住居用の煉瓦ですら供給不足の状態だった。このため、煉瓦製の塔や寺院、城壁など、全土で多数の歴史的建造物が、土法炉建設用の煉瓦採取の目的で解体・破壊された。
目標としていたイギリスやアメリカに比べ電化が遅れていたことから、農村部等、ほとんどの地方では木炭を燃料としていたため、必然的に土法炉の還元剤にも木炭を使用することになった。この事は、木炭を生産する目的で、全土で樹木の大規模な伐採が開始されることを意味した。伐採の対象は事実上、無差別・無分別であり、果樹園の果樹・園芸用の灌木も例外ではなかった。石炭が入手可能な都市部でも、コークス炉を備えていない場合が多く、石炭を地上で直接燃やしてコークスを生産する方法を採用したことにより、結果的に大量の石炭を浪費することになった。(通常、石炭はコークス炉で蒸し焼きにしコークスにしてから高炉に投入する。そうしなければ、多くの硫黄分を残すことになり鉄の品質は非常に悪くなるため、直接投入することはほとんど無い)
1117万トン生産された鉄の内、60パーセントが全く使い物にならない粗悪品(銑鉄)だった。それでも増産計画に従って生産を続けたため資源を大量に浪費する結果となった。さらにこれらの無理な増産計画によって作られた粗悪なものを含む鉄の用途、さらに販売流通も全く考慮されていなかったために、工業生産から流通までに長期間にわたり悪影響を残した。
また、この時の製鉄事業により大量の木材が伐採された為、2010年代に至っても中華人民共和国では毎年洪水が発生している。
https://ja.wikipedia.org/wiki/大躍進政策


44: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 04:29:24.81 ID:hTeSk+/P0
設備がちゃんとしてないと屑鉄しか作れんのやな

46: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 04:30:46.93 ID:eugR8rfj0
そら思いつきでパッとできるようなもんちゃうがな

54: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 04:37:40.79 ID:+axClf0U0
こいついなかったらとっくの昔に追い越されてたんやないか

57: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 04:43:21.09 ID:uHnnu1rE0
>>54
国民党軍が勝ってたら30年は早く台頭してきたんやないかな

55: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 04:38:31.02 ID:GI60nRaM0
雀って今レッドリストに載ってるんだよな
田舎やとそこら中にいるからわからんもんやけど

56: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 04:41:42.12 ID:7r/iLCGd0
>>55
田舎でも段々見なくなってきたで
ワイの周りは5年前と比べても分かるレベルで減っとる

63: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 04:47:01.97 ID:W3zuTPD00
ルイセンコ「遺伝子だとかメンデルの法則だとか自然選択なんて嘘じゃん。環境が形質を変化させてそれが遺伝していくじゃん。頑張れば必ず報われるじゃん」

スターリン「はえ~」

64: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 04:51:35.47 ID:zLJrteUW0
実は最新の科学だと一部にそういうのがあるってのも明らかになってるんやで
だからどうだって話ではあるが

66: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 04:54:32.35 ID:W3zuTPD00
エピジェネティクスはラマルキズムまたはネオ・ラマルキズムと同じようなものと考えられることもあるが、それらを支持する研究分野ではないことに注意が必要である。
エピジェネティックな表現型変化は遺伝子の突然変異を原因とするものではないが、エピジェネティックな機構そのものは遺伝子の制御の下にある。
さらに根本的なことであるが、自然選択による選択結果は、表現型が遺伝子突然変異に支配されているか支配されていないかということとは無関係である[21]。
以上の2点を言い換えると、「エピジェネティックな表現型変化に対して自然選択がおきる可能性はあるが、選択されるのは表現型をもたらした機構の遺伝子型である」となる。
エピジェネティクスの解明は、進化発生生物学にとって重要で想定外の貢献につながるかもしれない。
そしてそれは、現代の進化論の進展になることはあっても、根本からの転覆とはなりえない[21]。
ただし生物集団でのエピジェニックな効果が、進化生物学において単なる微調整あるいは大幅な見直しのどちらをもたらすのかという検討課題は残されている[21]。

https://ja.wikipedia.org/wiki/エピジェネティクス

62: 風吹けば名無し 2018/11/28(水) 04:46:43.02 ID:M/CYHpeg0
イナゴ絶滅させた方がよかったやろ

引用元: ・https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1543344849/