kimyou691

598: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/11/05(水) 22:25:24.56 ID:X4AtFxr40.net
嫌な話で申し訳ない 

二十年ほど前、当時俺は大学生で、夏休みに車で田舎の実家に帰省していたときだった。 
その時はいつも帰省時に通ってる道とは別の道を通っていった。 
見渡す限りの山や田んぼに囲まれた、いかにも田舎って感じの道をしばらく運転していたとき、 
少し先の山の入り口みたいなところに赤い鳥居が建っているのを見かけた。 

とても寂れた雰囲気がよかったので、車を停めて、ぶらりと立ち寄ってみることにした。 
赤い鳥居をくぐると、勾配のきつい石段があり、山の上の方まで続いていた。 
人気は全くなく、周りは木々に囲まれ、薄暗く、石段にはびっしりと苔が生えて、足元に気を付けながら登っていった。 
階段を上りきると、すぐ目の前に小さな社があった。 
もう何十年も人の手が入ってなかったのだろうか、その社は酷く朽ち果てていた。 
せっかくなので、手を合わせ参拝した後、石段を下りて、実家に帰省した。 
その時は特に何もなかった。 

しかし、その日から変な夢を見るようになった。 
夢の中で俺は例の神社に行き、鳥居をくぐって、石段を上がって、社の前で参拝して、石段を下る、という
全くあの時と同じ行動をしていた。そして三日三晩その同じ夢をみた。 
流石に気味が悪くなったが、4日目以降はその夢を見ることはなくなり、気にはなっていたが、 
その後は特に何事もなく過ごしていた。 

それから十年以上経ち、結婚もし、子供はいなかったが、それなりに幸せな日々を過ごしていた。 
あの神社も不可解な夢のこともすっかり忘れていた。