118: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/14(火) 15:34:13.94 ID:zLaAHImR0.net
大して怖いことはないと思いますが 

バーベキュー帰りの会社員数人が乗った車が落ちた事故のあったダムの近くにレイクパークという施設がありました。 
去年そこに家族で行った帰り道の話、といってもまだ日の暮れる気配もない三時過ぎ頃でした。 
ダム沿いの道は多少うねってはいるもののダムがよく見えて風景がよく、気をつけながら外を見て運転していました。 
助手席の弟がふと黙ってジッと対向車を見ています。 
私も何となく気になってその視線の先を追いました。 
何のことはないミニバンに、運転席と助手席に一人ずつと、真ん中にオバサンが乗っていました。 
オバサンはかなり前のめりで、顔がもうフロントガラスにくっついているくらいギュウギュウでした。 
その時は『おばはんそこ狭いやろが!』とちょっと胸中で笑い、そのまま家まで無事に辿り着きました。 
弟が荷物を下ろしている時に、ミニバンの話をし始めました。 
真ん中のオバサンはサンバイザーをしていて(このあたりのオバサンはよく日焼け防止につけてます)、 
フロントガラスに濃ゆい化粧が転写される寸前まで顔を近づけていました。 
おもろかったなあのおばはん、と私が弟に言うと「なんでおかしいと思わんの!」と弟が言い出します。 
確かに、サンバイザーをつけていたら顔をフロントガラスに近づけられる筈がないんです。 
よくよく思い返してみてもオバサンの濃い化粧、サンバイザー、フロントガラス、矛盾しているのに頭にそう残っているんです。 
サンバイザーをおろしていれば顔は近づけられても濃い化粧は見えません。 
どういうこっちゃ、きもちわるー。そんな気持ちで忘れようとしました。 
レイクパークは今年の春に閉鎖されました。 
あの事故、運転手はそんなようなものを見て気付いてしまったのかな?と思い書き込んだ次第です