1: Baaaaaaaaφ ★@\(^o^)/ 2014/11/17(月) 10:55:16.16 ID:???0.net
中国台湾サイト「東森新聞網」の14日付の報道によると、米国オハイオ州カントン市にある病院の救急室で当直するクロール医師は手を焼く症例を扱った。
ある男性は自宅の天井を修繕していたところ、不注意で落ちてしまい、床にあったシャベルの柄が男性の肛門に食い込んでしまった。

クロール医師は
「シャベルの柄はちょうど直腸の部位まで食い込んでしまった。重い外傷を多数診てきたが、この症例は恐くて震えたよ」
と語った。

この患者の負傷の程度を確認することはクロール医師のチームにとって一苦労だ
った。特に、患者の身体の向きを変え、負傷情況を検査することは難しかった。

検査の結果、患者の情況は非常に悪かった。処置の過程で、患者は痛くて悲鳴を上げた。
クロール医師は「彼のせいではない。私も同じ情況になれば、同様に大声を上げるだろう」と語った。

幸い、シャベルの柄を取り出し、患者は危険な状態を脱した。

この事故は11月15日に米国DiscoveryFit&HealthのUn
toldStoriesOfTheE.Rで取り上げられる予定だ。
http://www.xinhuaxia.jp/social/52601

Img406027257