_000417041

850: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/11/16(日) 19:15:39.92 ID:G3sVaYnY0.net
山の話に分類していいのか判断がつきませんが、 
来年結婚するんで厄落としついでに長々と書き捨てます。 

小学生の頃の話、うちの母がちょっと難しい病気になって遠くの病院に入院した。 
父も母の病院に通うために家を空けることが多くなって、 
俺のことをあまりかまえなくなった。 

近所の人や親戚、知り合いが家のことを手伝ってくれたり 
協力してはくれてたみたいだけど、それでも負担が大きかったんだろうな。 
夏休みの一ヶ月くらい父方の大伯母の家に世話になることになった。 

大伯母さんが住んでるのは町と町の間の山あいで、 
まあ電気は通ってるけど、隣近所は一番近くて十分歩いた先とかそう言う次元で、 
河の水がそのまま飲めるくらい綺麗なとこだった。魚も泳いでたし。 

大伯母さんは本家?の長女で墓守娘っていうのかな。 
独身で早めに両親看取ってからは古いけどしっかりした日本家屋で 
庭の畑で野菜作ったり、土地を人に貸し出したりして悠々と暮らしてた。 
山に道路通すときに土地が高く売れたらしく、 
それだけでも生活には困らなかったらしい。 

うちの父は海とか山とか自然が好きだったから、 
それまでにも何回か大伯母の家に顔を出したことはあった。 

母がいなくてさみしいのにも慣れてきたころだったし、 
子供のころって気に入ってるビデオを何回も繰り返し見たりすると思うんだけど、 
俺は「となりのトトロ」がお気に入りだったから 
大伯母の家とかその周辺はかなりツボだったんだよね。 
田舎で退屈しないように行く前に漫画をいっぱい買ってもらえたのもうれしかった。