view
1: イス攻撃(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/05(火) 09:28:22.52 ID:6CX7ymI70.net BE:532994879-PLT(13559) ポイント特典
頭に穴を開ける古代インカの穿頭術、成功率は70%を超えていた

800の頭蓋骨が語る、古代ペルーの驚くべき手術力
 医者は簡単な道具を手に取ると、生きた人間の頭蓋骨に穴を開けた。そして砕けていた頭蓋骨のかけらをほとんどきれいに取り除いた――現代のような麻酔や滅菌技術を用いないこの手術で、なんと、患者は回復した。

 思わず身震いするようなこの手術は、古代の医術である穿頭術(トレパネーション)の一例だ。
米テュレーン大学の形質人類学者ジョン・ベラーノ氏は古代の穿頭術を徹底調査し、このほど5人の共著者と『Holes in the Head: The Art and Archaeology of Trepanation in Ancient Peru”(頭に開いた穴:古代ペルーの穿頭術の技術と考古学)』を出版した。

 数千年前はヨーロッパや南太平洋でも穿頭術が行われており、アフリカ東部では1990年代まで続けられていた。
だが、この治療が最も盛んだったのは、14~16世紀のペルー、つまりインカ帝国だ。
その証拠に、この地域で穴の開いた頭蓋骨が数多く見つかっているほか、骨が治癒した跡から手術後の生存率が高かったことがわかってきた。

 数十年かけて、穴の開いた頭蓋骨を800以上研究してきたベラーノ氏は、ナショナル ジオグラフィックの取材に応じ、穿頭の技術と科学について見解を語ってくれた。

――古代ペルーで、穿頭術はどれくらい普及していたのですか?
 驚くほど広い範囲で行われていました。全盛期には、インカ帝国のほぼ全域で行われていたのです。
インカ帝国で見つかった穴開き頭蓋骨の数は、国外で見つかったものの合計を上回っています。

――なぜペルーで穿頭術がそれほど盛んだったのでしょうか?
 世界の多くの地域では、弓矢、剣、やりなどが武器として使われていたのに対し、ペルーでは戦いに投石器やこん棒などが使われていました。
そのせいで、頭部の骨折が起こりやすかったのでしょう。弓矢や剣、やりでは、投石やこん棒ほど頭部に傷を負うことはありません。

以下ソース
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160705-00010000-nknatiogeo-sctch