view

過去記事再掲載について
サイト移転時にお蔵入りになってしまった過去記事の復活を行っていましたが、ようやくほぼ全ての記事のサルベージが終わりました。
復活掲載に関しては完了しましたが、しばらく古い記事に修正や手直しを加えたものを深夜帯、時事性の無い記事のみに限り引き続き掲載させていただきます。ご了承ください。
モス男、金子たちが居ない時期の古ーい記事もありますので、懐かしむ気分で楽しんでいただければ幸いです。
1: イス攻撃(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/07/05(火) 09:28:22.52 ID:6CX7ymI70.net BE:532994879-PLT(13559) ポイント特典
頭に穴を開ける古代インカの穿頭術、成功率は70%を超えていた

800の頭蓋骨が語る、古代ペルーの驚くべき手術力
 医者は簡単な道具を手に取ると、生きた人間の頭蓋骨に穴を開けた。そして砕けていた頭蓋骨のかけらをほとんどきれいに取り除いた――現代のような麻酔や滅菌技術を用いないこの手術で、なんと、患者は回復した。

 思わず身震いするようなこの手術は、古代の医術である穿頭術(トレパネーション)の一例だ。
米テュレーン大学の形質人類学者ジョン・ベラーノ氏は古代の穿頭術を徹底調査し、このほど5人の共著者と『Holes in the Head: The Art and Archaeology of Trepanation in Ancient Peru”(頭に開いた穴:古代ペルーの穿頭術の技術と考古学)』を出版した。

 数千年前はヨーロッパや南太平洋でも穿頭術が行われており、アフリカ東部では1990年代まで続けられていた。
だが、この治療が最も盛んだったのは、14~16世紀のペルー、つまりインカ帝国だ。
その証拠に、この地域で穴の開いた頭蓋骨が数多く見つかっているほか、骨が治癒した跡から手術後の生存率が高かったことがわかってきた。

 数十年かけて、穴の開いた頭蓋骨を800以上研究してきたベラーノ氏は、ナショナル ジオグラフィックの取材に応じ、穿頭の技術と科学について見解を語ってくれた。

――古代ペルーで、穿頭術はどれくらい普及していたのですか?
 驚くほど広い範囲で行われていました。全盛期には、インカ帝国のほぼ全域で行われていたのです。
インカ帝国で見つかった穴開き頭蓋骨の数は、国外で見つかったものの合計を上回っています。

――なぜペルーで穿頭術がそれほど盛んだったのでしょうか?
 世界の多くの地域では、弓矢、剣、やりなどが武器として使われていたのに対し、ペルーでは戦いに投石器やこん棒などが使われていました。
そのせいで、頭部の骨折が起こりやすかったのでしょう。弓矢や剣、やりでは、投石やこん棒ほど頭部に傷を負うことはありません。

以下ソース
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160705-00010000-nknatiogeo-sctch

23: ジャンピングDDT(岐阜県)@\(^o^)/ 2016/07/05(火) 10:57:01.49 ID:yJzW+GM10.net
そんな事していいんか?

2: ランサルセ(西日本)@\(^o^)/ 2016/07/05(火) 09:34:23.59 ID:FgQEcxwLO.net
捕虜にロボトミーを施して奴隷にしてたんじゃないの?

3: ジャーマンスープレックス(茸)@\(^o^)/ 2016/07/05(火) 09:35:07.05 ID:X6DEmOC90.net
ロボトミー

4: スターダストプレス(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/07/05(火) 09:37:54.53 ID:NH+uAI/P0.net
70パーはすごいな
ほんとならだけど

5: ムーンサルトプレス(関東・甲信越)@\(^o^)/ 2016/07/05(火) 09:40:40.10 ID:xKcmKC7PO.net
ハンマーのような武器で頭を殴られて
穴があいただけやろ

9: 雪崩式ブレーンバスター(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/07/05(火) 10:04:01.21 ID:jnw/xGSv0.net
>>5
だから、ハンマーで殴られて穴のあいた頭蓋骨から
砕けちった骨片等を取り除くための手術をしたってことだろ。

35: ミラノ作 どどんスズスロウン(東京都)@\(^o^)/ 2016/07/05(火) 12:17:52.64 ID:Fw3+KT2u0.net
>>9
戦いなどで頭を殴打されてクモ膜下出血起こした負傷者に
コカの葉食わせて麻痺させて、
血を抜く脳外科手術の跡なんじゃなかったっけ。

40: 魔神風車固め(公衆電話)@\(^o^)/ 2016/07/05(火) 12:29:46.86 ID:1xlPfhSp0.net
>>35
そうそう。硬膜下血症だったと思う。石器の打撲で硬膜に溜まった血液を抜いて、脳への損傷を低減させたらしい。最初にやった奴は宇宙人だと思う。

12: 断崖式ニードロップ(東京都)@\(^o^)/ 2016/07/05(火) 10:11:53.60 ID:LNSXF54o0.net
昔の手術ってさ、麻酔もないのになんで痛くなかったの?

17: ダブルニードロップ(千葉県)@\(^o^)/ 2016/07/05(火) 10:26:57.66 ID:BbMzzumi0.net
>>12
気合

26: シャイニングウィザード(チベット自治区)@\(^o^)/ 2016/07/05(火) 11:06:17.98 ID:IsvcLU0J0.net
>>12
これに関しては放っておけば間も無く死ぬて人が対象で痛いもクソもなかったのかも

27: ドラゴンスープレックス(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/07/05(火) 11:08:45.99 ID:PytgbZZk0.net
>>12
痛いかろうが、死のうが気にしなければどうということはない


29: エクスプロイダー(庭)@\(^o^)/ 2016/07/05(火) 11:18:06.39 ID:6puCGkFJ0.net
>>12
中国は一時期全身麻酔つかった手術があったそうな

16: ラダームーンサルト(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/07/05(火) 10:19:56.52 ID:ofMMYdZM0.net
no title

53: ダイビングヘッドバット(家)@\(^o^)/ 2016/07/05(火) 14:53:05.28 ID:+FWir/Xt0.net
>>16
その手術?助かっていないのだが・・・

19: スパイダージャーマン(庭)@\(^o^)/ 2016/07/05(火) 10:48:00.96 ID:Bz3mCTLf0.net
軽量化するために穴開けてたんだろうな

36: ショルダーアームブリーカー(茸)@\(^o^)/ 2016/07/05(火) 12:21:04.50 ID:z4bl5Vqn0.net
>>19
空けるのはいいがちゃんとアミアミ貼ってくれよ!

30: アイアンフィンガーフロムヘル(兵庫県)@\(^o^)/ 2016/07/05(火) 11:21:55.97 ID:GCUPe/oh0.net
古代インカで神への生け贄とされた人は殺される前に何日も麻薬的な作用を持つ草でベロンベロンの状態にさせられていたらしいのを
知って少し安心した
恐怖や諦めの表情の生け贄が押さえつけられて殺されてたわけじゃなかったみたい

38: トペ コンヒーロ(庭)@\(^o^)/ 2016/07/05(火) 12:28:33.25 ID:KDiGmQpC0.net
頭蓋骨にあなあけて、脳への圧力減らして超能力に目覚めるっていう

46: ショルダーアームブリーカー(九州地方)@\(^o^)/ 2016/07/05(火) 14:09:55.31 ID:H5F5hYls0.net
南米には肉体に穴掘っていく寄生虫いたからそれ取り出すためじゃね?
最近も頭に穴開けて脳味噌まで潜られた人のニュースあったし

48: ジャンピングパワーボム(茸)@\(^o^)/ 2016/07/05(火) 14:17:14.02 ID:js7mQwdT0.net
時代と文明のせいで、なんとなく黒魔術的なもんかと思ってたけど
そこまで医学進んでたのか、ちょっと驚いたわ


元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1467678502/
05



トレパネーションと聞くと
神秘的な力を得るための手術っていうイメージがありますね
ま、9割方「ホムンクルス」の影響なんですが…






穿頭
穿頭(せんとう、英:Trepanation)あるいは穿頭術は、頭皮を切開して頭蓋骨に穴を開ける民間療法の一種とされる。
穿頭は古来から神秘主義に基いて行われ、その場合には、開けた穴をふさぐ処置を行わずに頭皮を縫合する。古代ギリシアで近代医療の基礎を築いたヒポクラテスも、自身の著書中で触れたとされるこの行為だが、中世から近代のヨーロッパにおいては頭痛や精神病の治療と称してこれが行われた。ただ当時は明確な根拠があったわけではなく、頭骨内にある「良くない(霊的な)モノ」を外部に出すための穴とされた模様で、当時ののみとつちで穴を開ける様子などの絵が残されている。
アマンダ・フィールディングによれば、血流量に関して大麻や幻覚剤、またヨガの呼吸法によって起こることを、穿頭では永続的に生じさせることができる。アマンダが設立したベックリー財団の研究では脳の血流量の変化が観察されたが、被験者15人という少数では科学的な主張を行うには不十分であると、アマンダは述べている。生理学的な仮説を科学的に述べられない古来の文明では、秘教的な説明が存在し、また穿頭は用いられてきた。
フィクション作品ではしばしば超能力など神秘的な力を獲得する手段として登場している。


https://ja.wikipedia.org/wiki/穿頭
01



というわけで
黒子さんのシックスセンスを開くために
これから穿頭手術を始めます
本当に麻酔無しで良いんですか?



01




オッケーオッケー!
せっかくだから古代インカ方式でいこうよ
麻酔無しでもインカ帝国、なんつってwww














01














●「うしみつ」ではみなさんからのネタ提供をお待ちしています●
ブログを見ていただいたみなさんからのネタ提供を募集します。
以下のようなネタがあれば、「うしみつ」にどしどしお送りください。
ネタはブログに掲載させていただきます。

・恐怖体験談、不思議体験談(実体験・創作問わず)
・「うしみつ」でやってもらいたい話題、ネタ(どんなものでも構いません)
・「うしみつ」で調べてもらいたい話題、ネタ(オカルト関連の未確認情報や噂など)
・イラスト投稿
・その他、速報や上記に該当しない様々なネタ


ネタ投稿は usi32@kjd.biglobe.ne.jp へお願いします。
尚、ネタ投稿以外の連絡先は別ですのでご注意ください。

追記①:たくさんのネタ投稿をいただいております。ネタはなるべく一か月以内に掲載させていただきますが、調査依頼など、掲載に時間がかかる物もあります。気長にお考えいただければ幸いです。
追記② :いただいたメールには掲載日までにお返事を送っております。PCからURL込みの返送となるため、設定によってはお手元に届いていない可能性があります。ご了承ください。