20090513212751528

1: 無名武将@お腹せっぷく 2005/06/26(日) 17:57:59
教祖様が起こす奇跡の数々。
竜巻、落石、毒沼浄化、幻影兵、洗脳など、中には現代科学の常識を凌駕するものも。
でも、古代の日本に伝わったとされる「オーパーツ」のように
三国時代の中国にも何か未知の力があったのかもしれない。
張角
張 角(ちょう かく)は、太平道の教祖で冀州鉅鹿郡(現在の河北省平郷県)の人。
自ら大賢良師と称し、太平道の信者を集め養っていた。平伏して罪を懺悔させたり、符水を飲ませることで信者の病を癒したため、人々の信奉を集めた。10余年のうちに、数十万人の信者を8つの州で獲得するに至ったため、信者を36の「方」に属せしめ、それぞれの方に渠帥を置き管轄させた。表面的には善道をもって天下を教化していたが、内部では結託して黄天の世を作ろうと画策していた。
光和7年(184年)、人身御供を捧げて天を祭り、一斉に蜂起して州郡の役所を焼き払い、長官を殺害し集落を略奪した。張角は天公将軍と称した。しかし同年夏以降は、後漢朝廷の皇甫嵩や朱儁らの活躍もあり、急速に乱が治まっていった。(詳細は黄巾の乱を参照)張角は広宗に拠って抵抗したが、10月に広宗は陥落した。この時、張角が既に病死していたため、討伐軍は棺を暴いて遺体を刑罰に処し、斬首した首を洛陽で木に吊るした。


http://ja.wikipedia.org/wiki/張角



5: 無名武将@お腹せっぷく 2005/06/26(日) 18:04:30
おお……黄天、ばんざーい!

14: 無名武将@お腹せっぷく 2005/06/26(日) 20:14:12
ナントカ要術の書ってのを読んだんじゃなかったっけ。

15: 迅義 ◆XeYx7qh3Ag 2005/06/26(日) 20:35:30
太平要術の書
太平要術
小説『三国志演義』では、張角・張宝・張梁の3兄弟は「不第秀才」(郷試に合格していない秀才 (科挙))という設定で登場する。
ある日、山に薬草を採集しに行ったところ南華老仙という人物に会い、「太平要術」3巻を授けられ「まさに天に代わりて宣化し、あまねく世人を救うべし。」との使命を与えられる。また、もし悪用すれば、必ず報いを受けるだろうと警告される。これにより風雨を呼ぶ能力を身につけ、「太平道人」と号すことになる。
中平元年正月(歴史上の中平元年は12月からのため、この年月は存在しない。)に疫病が起こると、張角は符水をもって人々の病を癒し、さらに「大賢良師」と号している。 その後、史実通りに黄巾の乱を起こし、乱の最中で死んでしまう。


http://ja.wikipedia.org/wiki/張角


19: 無名武将@お腹せっぷく 2005/06/26(日) 21:08:57
あのイかれた性格が一番の妖術

23: 無名武将@お腹せっぷく 2005/06/27(月) 00:47:31
>>19
特にいかれた描写はなかったような・・・

25: 無名武将@お腹せっぷく 2005/06/27(月) 02:37:01
実際信者治したってのはどうなんだろう

30: 無名武将@お腹せっぷく 2005/06/27(月) 18:34:09
陳瞬の小説あたりが一番真実に近いのかもな
秘本三国志〈1〉 (中公文庫)
秘本三国志〈1〉 (中公文庫)


31: 無名武将@お腹せっぷく 2005/06/27(月) 19:07:19
>>1に書かれてる幻術ってどれも聞いたことない。
洗脳はわからんでもないけど

32: 無名武将@お腹せっぷく 2005/06/27(月) 19:15:18
妖力ランキング

張角>>>張魯>張宝・張梁>張曼成>>>ほか

33: 無名武将@お腹せっぷく 2005/06/27(月) 19:17:44


風を起こした諸葛亮や呪殺関羽が抜けてますが?
諸葛亮
『演義』の赤壁の戦いにおいて、曹操軍を火攻めにすると決まったものの北西の風しか吹かず、このままでは火を点けてもその火が自分達に返ってくる事がわかり、周瑜は悩んでいた。そこで諸葛亮は壇を築いて祈祷し、東南の風を吹かせ、曹操軍を焼き討ちにしたことになっている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/諸葛亮
関羽
死後に呂蒙を呪い殺すとされているが、義理堅い関羽の印象にそぐわず、また非現実的であることなどから近年では削除される事もある。その場面によると孫権は関羽を処刑した後、祝宴を開いて呂蒙を第一の功労者として上座に座らせ、呂蒙に親しく杯を渡す。呂蒙は恭しく杯を受け取るが、突然その杯を地面に叩きつけるなり、孫権の胸倉を掴んで押し倒し「我こそは関羽なるぞ」と大喝。祝宴に列席していた一同が顔色を変えて平伏すると、呂蒙はばったりと倒れ、血を吐いて死ぬことになる。関羽の魂が乗り移ったように描かれている。またその首を贈られた曹操が戯れに「お変わりありませんでしたかな」と声をかけると眼と口を開いて睨み付け曹操を驚かせた。その後、曹操は関羽の亡霊を恐れ衰弱し病死したとも語られている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/関羽


37: 無名武将@お腹せっぷく 2005/06/27(月) 19:38:13
>>33
確かにw

40: 無名武将@お腹せっぷく 2005/06/27(月) 22:52:36
罪を告白させて病を治したんだっけ

44: 無名武将@お腹せっぷく 2005/06/29(水) 10:20:32
張角の妖術ってスカートめくりくらいじゃ・・・

45: 無名武将@お腹せっぷく 2005/06/29(水) 12:21:32
幻影兵が一番高度な術かな
E5B9BBE5BDB1E585B5


51: 無名武将@お腹せっぷく 2005/07/17(日) 13:51:27
幻影兵の原理がわからん。
ただの蜃気楼かと思いきや向こうからは攻撃できたりするし。

53: 天と気持ちを合わせるのじゃ! ◆q5Vs46kmcM 2005/07/23(土) 14:34:03
最初は、張角の太平道と後漢朝廷も別に敵対してなかったんだよな。
朝廷側も太平道の源流の黄老道ってのにハマってて祠とか建てまくってたらしいし。

60: 無名武将@お腹せっぷく 2005/09/20(火) 21:36:17
竜巻扇風機

70: マ狂 ◆6O0MrCB/dw 2005/12/22(木) 20:55:44
黄色い布買って来たけど、綺麗な文字を書く自信がない
困った

78: 無名武将@お腹せっぷく 2006/03/05(日) 23:29:02
張角の妖術って、狂風が吹いて空から暗黒の騎馬兵が続々舞い降りてきて襲い掛かってくるんだろ?
でも呪術を効かなくしたら、兵馬の形に切った紙切れがぱらぱらと落ちてきたらしいが。

80: 無名武将@お腹せっぷく 2006/03/20(月) 17:50:31
なんで黄色の巾にしたんだろう。
黄色が好きな奴はカレー好きかウンコ好きのどちらかだが。
img_2


81: 無名武将@お腹せっぷく 2006/04/05(水) 00:41:33
>>80
じゃあそのどっちかでいいだろ

82: マ狂 ◆6O0MrCB/dw 2006/04/22(土) 02:48:42
1800年以上昔の中国にカレーは存在したのだろうか?

85: 無名武将@お腹せっぷく 2006/05/17(水) 12:18:05
インドの方では広義に於いてオカズ全般をカレーと呼ぶそうだから
後漢中国にカレー(インド食)が存在していてもおかしくない

92: 無名武将@お腹せっぷく 2006/09/11(月) 04:27:21
俺にはどうしても妖術というと張角ではなく張宝を連想してしまう
張宝
張 宝(ちょう ほう)は、中国後漢末期の人物。黄巾党の指導者の一人。兄は張角。弟は張梁。地公将軍と自称した。兄が黄巾の乱を起こすと弟と共にこれを補佐した。兄は既に反乱を起こしたときに病の身であったため、実質的には張宝が指揮を執っていたといわれている。
小説『三国志演義』では張宝は妖術を使うことを得意とし、その妖術をもって官軍を何度も撃破しているが、朱儁の策で術を破られ敗走し、部下の厳政に殺されている。


http://ja.wikipedia.org/wiki/張宝


95: 無名武将@お腹せっぷく 2006/10/23(月) 16:01:33
>>92
張宝が方術士だという説もあるしな
張角がすでにくたばってたから実質張宝が主導権を握ってたという風の噂

96: 無名武将@お腹せっぷく 2006/10/31(火) 22:25:21
大賢良師スゴス

元スレ:http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1119776279/
04




蒼天すでに死す、黄天まさに立つべし!!
やっぱ魔法使いジョブって良いよね