b8dd411873bd38284bba23377922273a_view
644: 名無し迷彩 2016/07/19(火) 13:44:18.39 ID:ifIDDhU90.net
>>633読んで思い出したんで、たいして怖くないけどひとつ 

俺も取り壊す直前の廃墟でのサバゲに誘われて参加したことがあったんだ 
元はそれほど大きくもない規模の宿泊施設で、畳んでからそこそこ時間がたってたけど、侵入者に荒らされてるわけでもなく、かなり綺麗な状態だった 
朝から数回ゲームを回して午後一のフラッグ戦の時 
自陣側のフラッグは一階の浴場に設置されたんだけど、M60を持ってた自分はひとり防衛を任され、他の仲間は攻撃に飛び出していった 
遠くから聞こえてくる発射音とかヒットコールを聞きながら半円形の浴槽の中で銃を構えてたんだけど、ぜんぜん敵が来る気配は無い 
後から聞いたら味方側が超攻勢で、大広間の相手フラッグ手前まで押し込んでの膠着状態を続けていたらしい 
そんなことで敵が自陣フラッグまで来るはずもなく、最初こそ警戒してたけど、だんだん暇になっちゃって蝉の声を聞きながらタイルの汚れの観察とかしてた 
風呂場の壁はなんていうか格子状のでっかいガラスの奴で、こっちから覗くとひとつひとつが魚眼レンズみたいになってるタイプのガラスだったんだ 
公衆トイレとかにたまにあるやつ(こんなんで上手く伝わるかな…) 
で、窓の反対側は山側で斜面を見る感じだったんだけど、何かうさぎでも通ったりしないかなーとか思いながら呑気に覗いてた