uploaded
1: ネックハンギングツリー(東日本)@\(^o^)/ 2016/07/13(水) 17:02:42.24 ID:FsSfQI6C0.net BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
A型の場合:肉や魚を消化しにくい体質
日本人の4割を占めるA型は、農耕民族がルーツだといわれています。A型の人は、肉や魚を消化しにくい体質なので、これらの食品の過剰摂取によって、脂肪が体内に蓄積される恐れがあります。
「タンパク質を大量に摂取して筋肉量を増やす」というダイエット法もありますが、これは、A型の人には不向きかもしれません。野菜をたっぷり摂取できる、グリーンスムージーなどが向いています。
現在の食生活を改めて、野菜を2割程度増やしてみてはいかがでしょうか?

B型の場合:とうもろこし、そば、ピーナッツなど
B型は、遊牧民族がルーツだといわれています。B型に人が太りやすい食材として代表的なものは、とうもろこし、そば、ごま、ピーナッツ、豆類、鶏肉です。また、B型の人はトマトダイエットに便乗しても効果が出にくいでしょう。むしろ、B型の人は、トマトの摂取で太りやすい身体を作るともいわれています。
B型の人には、ヨーグルトなどの乳製品が体質に合うため、食事にヨーグルトなどを取り入れていきましょう。

O型の場合:乳製品、小麦製品が合わない
O型の人のルーツは、狩猟民族だといわれています。かつて動物を狩って生活していたため、乳製品や小麦製品が体質に合いません。つまり、パンやパスタ、チーズなどの、大量摂取は肥満のもとです。
逆に、牛肉や羊肉、青魚などを摂取すると筋肉量がアップし、脂肪が燃焼しやすい体になるといわれています。

AB型の場合:肉類は不向き
AB型は、A型とB型の特徴を併せ持っているのが特徴です。AB型の体質に合う食材はサツマイモです。逆に、太る食べ物として代表的なのは肉類です。
鶏肉・牛肉・豚肉いずれも消化が上手くできません。
そのため、過剰な摂取は控えるようにしたほうが良いでしょう。

https://welq.jp/40043