img_759169_32239021_1


1: 三毛(大阪府):2013/04/12(金) 18:41:44.81 ID:YS8+bHAu0

ナスカで新たな地上絵 人物2人、山形大発表

 山形大は12日、世界遺産「ナスカの地上絵」で知られるペルーのナスカ台地で、2人の人物が並んだ
地上絵を新たに見つけたと発表した。左側の人物が、右側の人物の体を切った場面の可能性もあるとしている。

 山形大によると、左側の人物は縦約13メートル、横約7メートルで頭部が逆三角形。
右側は縦約14メートル、横12メートルで頭部は円形。右側の人物は頭部と胴体の間に、大きな隙間がある。

 ナスカ台地周辺で出土した土器との比較などから、紀元前400年から同200年の間に描かれたと推定される。

http://www.47news.jp/CN/201304/CN2013041201002260.html