1: coffeemilk ★ 2014/12/08(月) 18:31:02.18 0.net
 コンビニの肉まんが恋しい季節となりました。
最近では「ピザまん」「焼きそばまん」「ピリ辛麻婆肉まん」「キャラクターまん」など、まん市場(?)もバラエティに富んでいますが、12月16日、全国のサークルKとサンクスにてミドリムシ入り中華まん「カルボナーラソースまん(ユーグレナ入り)」が発売されるるとのことです。ミ、ミドリムシーーーっ!!

 生地には50ミリグラムのミドリムシが練り込まれ、中には100ミリグラムのミドリムシがたっぷり!
栄養満点の一品です。価格は税込130円。35万食限定です。


ミドリムシの学名は「ユーグレナ」。
実はワカメやコンブなどと同じ「藻」の仲間で、ビタミン類やミネラルなど59種類の栄養素をバランス良く含む栄養食材なのだそうです。

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1412/08/news091.html

tomomi_131208yugurena02

tomomi_131208yugurena01

svg

ミドリムシ
ミドリムシ(緑虫)は、ユーグレナ植物門ユーグレナ藻綱ユーグレナ目に属する鞭毛虫の仲間であるミドリムシ属 Euglena の総称。
Euglena の由来は、(eu 美しい + glena 眼点)。名称としてミドリムシの代わりに「ユーグレナ」を用いる場合も多い。古くはユーグレムシの名称が使われたこともある。
ミドリムシの名は、広義にはミドリムシ植物 Euglenophyta(≒ 現在のユーグレナ類 Euglenida)全体の総称として用いられる。鞭毛運動をする動物的性質をもちながら、同時に植物として葉緑体を持ち光合成を行うため、「単細胞生物は動物/植物の区別が難しい」という話の好例として挙げられることが多い。これはミドリムシ植物がボド類のような原生動物と緑色藻類との真核共生により成立したと考えられる生物群であるためである。それゆえミドリムシ植物には Peranema 属のように葉緑体を持たず捕食生活を行う生物群も現存する。
ミドリムシを用いたバイオ燃料の研究や医療技術の転用、環境改善、豊富な栄養素を持つことから食用としての研究が進んでいる。豊富な栄養を含み、多くの植物のように細胞壁をもたないため栄養の吸収率がいいため、すでに健康食品として販売されている。さらに様々な食品への応用や添加も期待されている。


http://ja.wikipedia.org/wiki/ミドリムシ