1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/10/13(月) 14:48:31.08 ID:3JTwElb5.net
「チンポジュポジュポされてイキますぅぅううううう!!!!!!!!アアアアアアアア!!!!!!!!!!朕は淫乱メス豚マヌコですうぅぅううううう!!!!!!!」
 
b0180781_11223962

孝謙天皇
孝謙天皇(こうけんてんのう)は、日本の第46代天皇。父は聖武天皇、母は藤原氏出身で史上初めて人臣から皇后となった光明皇后(光明子)。
淳仁天皇を経て重祚し、第48代称徳天皇(しょうとくてんのう)。この称徳天皇以降は、江戸時代初期に即位した第109代明正天皇に至るまで、実に850余年もの間、女帝が立てられることはなかった。


http://ja.wikipedia.org/wiki/孝謙天皇
(1)

道鏡
道鏡(どうきょう)は、奈良時代の法相宗の僧。物部氏の一族の弓削氏の出自で、弓削櫛麻呂の子。俗姓が弓削連であることから、弓削道鏡(ゆげのどうきょう)とも呼ばれる。
兄弟に弓削浄人。天智天皇の皇子である志貴皇子の子とする異説もある。祈祷の力をもって皇室に取り入って権力を握り、政治に容喙した。

孝謙天皇に寵愛されたことから、平安時代以降の学者によって天皇と姦通していたとする説や巨根説などが唱えられ、『日本霊異記』や『古事談』など、説話集の材料にされることも多い。しかしこの説は信頼の置ける一次史料で確認することはできない。
道鏡の巨根伝説は根強く、江戸時代には「道鏡は すわるとひざが 三つでき」という川柳も詠まれた。また大阪・奈良の山中に生息する体長に比して非常に大きな交接器を持つオサムシの一種が「ドウキョウオサムシ」と命名されている。しかし、このような伝説については「道饗」と「道鏡」が混同され、道祖神と結びつけられたために成立した、という意見もある。
祈祷によって取り入った事、姦通説や巨根説が唱えられた事から、ロシア帝国のグリゴリー・ラスプーチンとの類似性が、しばしば話題となる。


http://ja.wikipedia.org/wiki/道鏡