c0001937_9312828

404: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/01/04(日) 04:14:01.69 ID:HQEgLEy2O.net
怖い話じゃないけどちょっと昔の不思議な体験の話をする 


俺が住んでる田舎にはちょっと変わった風習があって 
8月1日~5日の内で雨が降っていない日の夜の8時~11時の間に、13歳の子供が一人づつ、 
神主に付き添われて神社から山の中にあるご神木に御札を納めに行くっていう風習なんだけど 
当然俺が13歳の時にもそれをやった 
自分は8月の後半の生まれだったから俺の時は中学のクラスメイトが12人、 
1つ下の学年から8人の計20人が参加してた 
夜中に神社に集められて呼ばれた順に御札を収めに行って、 
終わったらそのまま親と一緒に帰るっていう段取りだった 
山の中って言ってもほとんど神社の敷地内っていうぐらいの距離だったし、 
道もしっかり舗装されてたから一人辺り5分程度しかかからないし 
とんとん拍子で進んでった 
でも8番目に呼ばれたクラスメイトのAは帰らずに神主に残るように言われた 
そのあと13番目に呼ばれた1つ下のBも残るように言われて 
16人目でやっと俺が呼ばれた 
とっとと終わらせて帰りたかったんで呼ばれたらすぐに神主の所に行って 
御札を渡されて神主に付いて歩いてすぐにご神木までたどり着いたんだけど、 
俺は御札を納めれずに立ち止まってしまった 
単刀直入に言うといた、一目見て幽霊だと思った 
ご神木の下に髪の長い女性が二人、両方とも巫女服を着てて片方は包帯みたいなモノで両目を隠して、 
もう片方は木彫りのお面たいなモノを被っていた 
ご丁寧に両方とも半透明でおでこの左側から突起物(角?)が生えてた