1132237401316

13: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/09/20(木) 00:47:27.97 ID:cwXS/PUK0
私が高校生の時。国語の先生が話してくれたお話です。 

先生が引率として行った、何年か前の修学旅行。 
行き先は仰っていませんでしたが、今と変わっていなければ北海道でしょう。 

元気盛りの高校生達。多少の問題は起こったものの、まぁ例年通り。 
ホテルまで辿り着き、早めの夕食の時間でした。 
ふと、近くの女の子グループのテーブルを見ると 
お喋りばかりであまり箸をつけていません。 
お年頃ですからね、男の子達の目が気になったのでしょう。 
先生は、声こそかけなかったものの 
『あらあらあの子達、夜中にお腹空かせて買い食いでもするんじゃないかしら』 
と、これもまた例年通りの心配をしていたそうです。 

そして夜中、深夜1時頃でしょうか。 
先生方でこっそり飲み交わしたお酒もまわり 
布団に潜ってウトウトしかけた時、突然、部屋のドアをドンドン叩く音と 
「先生たすけて!」という女の子の泣き声。 
同室の先生と顔を見合わせ慌ててドアを開きました。 
そこにいたのは夕食時に目に付いたグループの女生徒がふたり。 
「○○ちゃんが変なの!どうしよう!」 

彼女たちの部屋はすぐ近くでした。 
飛び込むように部屋に入ると、布団の上に仰向けに倒れている○○ちゃんと、 
青い顔をしてその横に座り込んでいるもう一人。 
何か事故でもあったの!? 
こちらも蒼白になりながら○○ちゃんの肩をゆすると、 
彼女はあっさりと目を覚ましました。 
キョトンとして、なにかあったの?という風情。 
ホッと胸を撫で下ろし、彼女たちに何があったのか尋ねました。