5-29

1: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/07/23(水) 07:14:12.39 ID:QFWWsb6F0.net
旅の様子を写真で振り返るから見たい人だけ寄ってって
恐山
恐山(おそれざん、おそれやま)は、下北半島の中央部に位置する外輪山、霊場である。
また、霊場内に数種類の温泉が湧き、湯治場としても利用されている。下北半島国定公園に指定されている。最高峰は、標高879mの釜伏山。
伝承によれば、開山は貞観4年(862年)、開祖は天台宗を開いた最澄の弟子である円仁(慈覚大師)であるという。文化7年(1810年)再刊の『奥州南部宇曽利山釜臥山菩提寺地蔵大士略縁起』によれば、円仁が唐に留学中、 「汝、国に帰り、東方行程30余日の所に至れば霊山あり。 地蔵大士一体を刻しその地に仏道を広めよ」という夢告をうけた。 円仁はすぐに帰国し、夢で告げられた霊山を探し歩いた。苦労の末、 恐山にたどり着いたといわれる。その中に地獄をあらわすものが108つあり、全て夢と符合するので、円仁は6尺3寸の地蔵大士(地蔵菩薩)を彫り、 本尊として安置したとされている。


http://ja.wikipedia.org/wiki/恐山