no title

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/08/08(月) 17:51:53.538 ID:qWkY5WjC00808.net
「オルフェウス神、妻(精霊もしくは下級女神)を連れ戻しに冥府に行くが失敗」

「人間の坂上田村麻呂、黄泉の国へ行き、妻(天人)を連れ戻すことに成功。その後、娘が生まれて3人で暮らす」


神・・・
イザナギ
イザナギ(伊弉諾/伊邪那岐/伊耶那岐)またはイザナキは、日本神話に登場する男神。『古事記』では伊邪那岐命、『日本書紀』では、伊弉諾神と表記される。イザナミ(伊弉冉、伊邪那美、伊耶那美、伊弉弥)の兄であり夫。
イザナミが、火の神であるカグツチ(軻遇突智、迦具土神)を産んだために陰部に火傷を負って亡くなる(イザナミの遺体にすがって泣いていると涙からナキサワメ・泣沢女神が生まれる)。カグツチを殺し(その血や死体からも神が生まれる)、出雲と伯伎(伯耆)の国境の比婆山に埋葬した。

しかし、イザナミに逢いたい気持ちを捨てきれず、黄泉国(よみのくに)まで逢いに行くが、そこで決して覗いてはいけないというイザナミとの約束を破って見てしまったのは、腐敗して蛆にたかられ、八雷神(やくさのいかづちがみ)に囲まれたイザナミの姿であった。その姿を恐れてイザナギは逃げ出してしまう。追いかけるイザナミ、八雷神、黄泉醜女(よもつしこめ)らに、髪飾りから生まれた葡萄、櫛から生まれた筍、黄泉の境に生えていた桃の木の実(意富加牟豆美命、おほかむづみ)を投げて難を振り切る。
黄泉国と地上との境である黄泉比良坂(よもつひらさか)の地上側出口を大岩で塞ぎ、イザナミと完全に離縁した。

https://ja.wikipedia.org/wiki/イザナギ