20071008083925
477: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/07(日) 15:13:14.55 ID:+DG4v9FK0.net
私の実家の部落(この場合、集落という意味)に、珍しい石を探して拾い、それを売って生計を立てている男性がいました。 
子供の頃、よく話を聞いたものです。私は、彼を「石じじい」と読んでいました。 
(本人の前では言いませんでしたが) 
彼は、珍しい石を求めて四国の山や海岸を歩きました。 
戦前の生まれで、若いころは朝鮮に住んでいたそうです。 
戦後は、実家にもどり半農半石拾いで生活をしていました。 
彼についての逸話は、以下のリンクをご参照ください。 

http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/occult/1445320336/ 
うしみつ関連記事:
山から石を持ち帰るとヤバいの??


ここでは、上記の話の続きをしましょう。 
(つづく)


478: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/07(日) 15:15:38.58 ID:+DG4v9FK0.net
>>477
(つづき)

石じじいの話です。

石を求めて、ある山を歩いていた時、山道を横切る白いロープを見たそうです。
それは、綿のやや太いもので、山道を横切って両側の山斜面(上の方と下の方)に述べていたそうです。じじいは、私有地の境界線と思ったらしいのですが、
「こがいな、山奥で、ようこげな厳密なことをするもんよ!」と不審に思いました。
彼は、そのロープを追って、山の斜面を登りました。ロープは、延々と山の上に続いていたそうです。ロープを手に持って引っ張ってみると、最初はズルズルと引き寄せることができましたが、やがてピンっと引き寄せなくなったそうです。
どんどん山の斜面を登っていってもロープは延々とづつきました。
これでは、キリがないので、山道までもどって、石探しに戻りました。
石を少し拾って、山道を戻るとロープはもとのところにあります。今度は、それを山の斜面をくだって追っていきました。ロープはまた延々と続きます。
長いあいだ歩くと、急に森が途切れて、崖にでました。そこからも下へロープは続き、下にあるため池の中に入っていたそうです。もう、里の方まで降りてきていたのです。ロープを引っ張るとピンと張って、ロープの続きは池の中からでてこなかったそうです。どうしようもないので、そのまま山をおりて帰ったそうです。その山には、二度と行かなかったということです。
ロープは、綿製でしたが真新しく置いてすぐに見えたそうです。

482: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/08(月) 04:23:37.01 ID:RnVP/xH30.net
>>477
石じじいの話楽しみにしてたので、たまには御願いいたす


483: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/08(月) 10:53:37.98 ID:4V9gatNi0.net
石じじいの話です。

終戦後すこしたってから、彼は、初の長距離遠征として四国の東部に石探しの旅に出たそうです。当時は、車も所有しておらずなかなか大変だったということです。石もそれほど多くは運べないので、半分物見湯山の旅だったのです。
かなり深い山に
入った時に、「変な人物(じじい曰く阿呆」に遭遇したそうです。
じじいが、山奥の河原で野営の準備をしていた夕刻、上流から汚らしい格好をしたリュックを背負った小柄な男がやってきました。
彼は、長いあいだ風呂にもはいっておらず、着物も洗っていないと見えて、臭かったと。じじいもたいがいだと思うのですが、じじいは衛生観念のかなり高い人だったので、まめに体を拭いて洗濯していました。
その男曰く、「この山には宝がある!」「それを私は探しているのだ!」
じじいは当惑しました。熱心にこちらに話してくるその内容が「荒唐無稽」に思えたからです。
「昔は、ここが世界の中心だった」

「私が宝を見つけたら、世界中の信心(宗教?信仰?)がひっくり返る」
「昔、ここらにやってきた平家の落人たちが、宝を見つけて、それを守護することにしたが、世代を経るにしたがって、その目的が忘れさられて、歴史のなかに埋もれてしまった」
などなど。

(つづく)

484: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/08(月) 10:55:40.91 ID:4V9gatNi0.net
>>483
(つづき)
じじい曰く「難しい、信じれん話で、よう覚えておらんわい」「わしは、それより、気が気やなかったで。頭のおかしい人に夕方、山のなかで会うてみなや。こわいで。」
じじいは、その人物を警戒しました。彼は、今日一晩いっしょにいたい、と言ったそうです。彼は、重いツルハシのような道具や折りたたみ式のシャベルなどを携帯していましたが、食べ物をもっていなかったそうです。じじいは、彼に食物を分けてやりました。
夜、眠る時に、「夜中に襲われて金品を奪われるのではないか?」
と気になって、オチオチ眠れなかったそうです。
翌朝早く目をさますと、すでにその人物は姿を消していたそうです。
じじい曰く。「そがいなとこに宝なんぞあるかい!とりつかれた
おかしなもんよ。」
しかし、今、この話を考えると、「ソロモンの秘宝伝説」だったのかもしれません。
じじいは、その後、少しの石を得て、土佐ば(高知県)の方に山を下るのですが。そこで、さらに怖いことに遭遇することになります。
ソロモンの秘宝が眠る四国の聖峰・剣山
阿波の国、徳島県の最高峰である剣山。遠目でも点在する奇岩が目を引くが、山頂付近には〝平家の馬場”が広がり、明媚な風光を成す。
剣山といえば、ここに古代イスラエルの秘宝、すなわちユダヤ民族が2000年かけて捜し求める聖櫃(アーク)や、ソロモン王とその一族が持ち込んだ大量の金貨が眠っているという伝説が有名だ。
聖書研究家の高根正教氏は、戦前から日本と古代イスラエルの結びつきを発見し、剣山の発掘調査を重ねてきた。それだけではない、戦後すぐに進駐軍が、次いで自衛隊が剣山内部の綿密な調査を繰り返している。確かに、山腹には内部への入り口のような岩戸もあり、空洞説もささやかれているのだ。
剣山の発掘を行った高根正教(写真左)。1936年にソロモンの秘宝を求めて剣山に入った。


月刊ムー

no title

489: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/09(火) 10:58:53.21 ID:fze/YzBY0.net
石じじいの話です。

石を探して山の沢をかなり上流まで登った時に、沢からちょっと登ったところの山の斜面に崖崩れの跡がありました。
そこに、遠目に見ると整然と積み上げられ
レンガのような岩盤が露出していたそうです。
火山岩が風化すると規則的な割れ目
ができることがあるそうで、その火山岩には、火山ガスが抜けた丸い穴にメノウ(石英の成分)ができて、きれいなメノウ玉がたくさんとれることがある、ということで、彼は、それを期待して崖に近づいたのですが、近くに寄った時に、全身が凍りついたそうです。崖の露頭は、8畳くらいの広さでしたが、その全体が、びっしりとつみあげられた墓石でできていたのです。
自然石ではないかとよく調べましたが、それはまぎれもない墓石。
各墓石の、ある面には文字が書かれていましたが、それは読めない梵字のようなものだったそうです。中には、漢字のようなものがあったそうですが、複雑で読み取れなかった(知識がなかった)と。
(つづく)

490: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/09(火) 11:00:19.13 ID:fze/YzBY0.net
>>489
(つづき)
その露出の横の土壌を剥いだところ、その積みあげられた墓石群は続いていました。崖の上には、厚い土壌ができていて樹木もはえていました。
樹木の大きさから、20年くらいはたっていたのではないか、ということでした。
もしかしたら、かなり広い範囲、山全体がこのような墓石が積みあがったものではないかと考えたら、じじいのX玉がちぢみあがったそうです。

私は、それは実際は自然石で、やっぱり火山岩の風化現象だったのでは?
と尋ねたのですが、じじいは言いました。
「いや、やっぱ墓石よ、あれは。どうしてかゆうたらのう、積みあげられとった墓石の中にのう、何個かお地蔵さまみたいなのが混じっとったんよ」

1001: うしみつ 2032/3/2(火) 04:044:44.44 ID:usi32.com

【朗報】中国の二次美少女画像、日本より可愛い

【悲報】「女子高生1人のための駅」に来る鉄ヲタが迷惑行為wwwwwwwwwww

【悲報】結婚するから創価学会抜けるって言ったら親父がwwwwヤバイwwwwww

【閲覧注意】裏サンデー新連載『辱(にく)』がグロすぎてヤバいと話題に…

うしみつ四コマ漫画更新中!
【急募】以下のオカルト情報の提供をお待ちしています!

元スレ:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1456036738/
02




石じいちゃん、もっと話をきかせてくれー!






●「うしみつ」ではみなさんからのネタ提供をお待ちしています●
ブログを見ていただいたみなさんからのネタ提供を募集します。
以下のようなネタがあれば、「うしみつ」にどしどしお送りください。
ネタはブログに掲載させていただきます。

・恐怖体験談、不思議体験談(実体験・創作問わず)
・「うしみつ」でやってもらいたい話題、ネタ(どんなものでも構いません)
・「うしみつ」で調べてもらいたい話題、ネタ(オカルト関連の未確認情報や噂など)
・イラスト投稿
・その他、速報や上記に該当しない様々なネタ


ネタ投稿は usi32@kjd.biglobe.ne.jp へお願いします。
尚、ネタ投稿以外の連絡先は別ですのでご注意ください。

追記①:たくさんのネタ投稿をいただいております。ネタはなるべく一か月以内に掲載させていただきますが、調査依頼など、掲載に時間がかかる物もあります。気長にお考えいただければ幸いです。
追記② :いただいたメールには掲載日までにお返事を送っております。PCからURL込みの返送となるため、設定によってはお手元に届いていない可能性があります。ご了承ください。