ufo

1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2015/01/22(木) 09:10:04.59 ID:???0.net
米空軍のUFO調査記録「プロジェクト・ブルーブック」が情報開示され、ウェブ上で誰でも閲覧できるようになりました。
同調査は、1947~1969年に行なわれたもので、1万2618件に上るUFO遭遇事例が対象となっています。

このうち、全体の5.5%にあたる701件の事例は、現在も未解決の謎として残っているといいます。
プロジェクト・ブルーブック関連の調査ファイルはこちらのサイトで年代別にまとめられており、PDFで閲覧できます。
http://projectbluebook.theblackvault.com/

PBB01

▲ラボックライト事件。1951年8月30日、テキサス州で目撃された群れをなして飛ぶ発光体。
米空軍の見解では、チドリの群れだった可能性が高いとのこと。
鳥の白い胸の部分に地上の都市の光が反射したと説明されている。


PBB02

▲1951年の冬、ニュージーランドで撮影された写真。
撮影者はUFOであると考えたが、米空軍はレンズ雲だったと結論。


PBB03
 
▲ケネス・アーノルド事件。
1947年6月24日に自家用飛行機でレーニア山の上空を飛行中だったケネス・アーノルド氏が9機のUFOを目撃。米国調査機関がこの事例に関心を示した。
写真は1947年7月12日にオクラホマ州タルサ上空に出現した類似のUFO。


PBB04

▲1965年4月15日、ネブラスカ州オマハで撮影されたUFO。
詳細不明。


PBB05

▲1954年12月27日、ニューヨーク州ブロンクスで撮影された潜水艦型UFO。
詳細不明。


PBB06

▲1949年、ロズウェルで撮影された写真。
同様の写真が多数あるが詳細不明。


PBB07

▲1957年7月、オハイオ州で発見され、異星人文明由来ではないかと考えられた謎の石。
専門家は当初、100年前の隕石であるとしたが、後に見解を改め、氷河中の堆積物の破片であると主張した。


PBB08

▲1965年8月3日、カリフォルニア州サンタアナ、交通調査員レックス・ヘフリン氏がポラロイドカメラで撮影。
米海兵隊エルトロ空港上空を真昼間に飛行していたとされるが、他に目撃者はいない。


PBB09

▲プロジェクト・ブルーブックのメンバー。
中央に座っているのが同プロジェクトの最後の長官ヘクター・キンタニラ氏。

http://amenama.on.arena.ne.jp/?p=2056
MJ-12
MJ-12(マジェスティック・トゥウェルヴ、英: Majestic 12)とは宇宙人に関する調査や、宇宙人との接触や交渉を、過去60年に渡って秘密裏に行ってきたとされるアメリカ合衆国政府内の委員会の名称である。
アメリカ合衆国の政府高官や科学者など12人の専門家で構成されており、「世界を陰で操っている」とされる。1984年にアマチュアのUFO専門家が「MJ-12 の活動についての秘密文書」や、ハリー・トルーマン大統領の署名が入った手紙などを「発見」し、その後アメリカ国内で盛んに流布され、マスコミでも取り上げられブームとなった。日本でも当時のオカルト番組や雑誌で特集された。この「秘密文章」の信憑性については、一時期FBIも調査を行ったが、ほどなく悪戯であるという結論に終わった。その後、「MJ-12 に関する極秘文章」と称する書類がアメリカ各地で次々に「発見」され、現在までに数千ページも収集されているが、偽物であることが明確なほど稚拙なものが多い。
ブルーブックリポートNo13が、アメリカ空軍の一介の情報部員に渡された。そこでは、米国政府と宇宙人の接触について述べられており、グレイのやや大型サイズであるラージノーズグレイや、やや小型サイズであるリトルグレイ、その他、MJ-12が接触したものとして、背が高くブロンドの人間そっくりの宇宙人(ノルディック)や人間そっくりでオレンジ色の髪の宇宙人その他いろいろな宇宙人がいたと記されていた。また、宇宙人の解剖写真、生きている宇宙人の写真、UFO内部の写真などもあったという。


http://ja.wikipedia.org/wiki/MJ-12