1f622f44
521: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/13(土) 07:36:45.91 ID:5QEvM7A50.net
石じじいの話です。 

海岸線には、岩が連続してよく露出しているので、石をさがすには良い場所だそうです。ただ、波によって壊れたり、海に流されていくので、機会を得なければ良い石は手に入らないとのことでした。 
終戦直後に海際の山をあるいていたとき、ある軍事施設を訪れたそうです。まだ、その施設はそれほど荒れてないませんでしたが、軍隊によって(?)かなり破壊されていたということです。建物だけと思われましたが、床にある収納スペースに鉄製の大きな箱があって中に書類が入っていました。極秘の文書のようでしたが、そのままにしておいたそうです。持っていてもしかたがないし、日本の秘密を持ち出すこともはばかれるし、GHQの目も強かったと。その箱を、じじいは、いつも持ち歩いている鉄バールでこじ開けたのです。 

#終戦間際になると、日本の領海の制海権は、すでに米国によって完全に掌握されていました。米国の潜水艦が我がもの顔に豊後水道の奥深くまで入ってきて、軍港呉を脅かしていました。それを掃討するために帝国海軍の駆逐艦が警戒していたそうです。また、その海域に面したリアス式海岸である四国南西部の岬の突端には、潜水艦のスクリュー音を探知するための日本軍の施設があったとのこと。そこで敵潜水艦の存在を探知して味方の駆逐艦に知らせていました。 
(つづく)