1: リサとギャスパール ★@\(^o^)/ 2016/06/22(水) 19:47:33.60 ID:CAP_USER9.net
no title

[映画.com ニュース]
ジェームズ・ワン製作で、YouTubeなど動画サイトで合計1億5000万回再生された短編を映画化したホラー
「Lights Out」が、「ライト オフ」の邦題で8月27日に劇場公開されることが決定した。

原案は、電気が消えると出現する不気味な生き物の恐怖を描いた約3分の同名短編映像。
同映像を制作したスウェーデンの新鋭デビッド・F・サンドバーグ監督自ら、長編映画化に挑んだ。
サンドバーグ監督は、「若き日のオレ」とワンお墨付きの注目株で、大ヒットホラー「アナベル 死霊館の人形」の続編でメガホンをとることが決定している。

暗闇に現れる「それ」に怯える弟を守るため、実家に戻ったレベッカ。ふたりはいくつものライトを準備し夜を迎えるが、次々と明かりが消え、それの気配が増していく。
正体は何者なのか、なぜふたりは狙われるのか。やがて、レベッカたち家族に隠された恐ろしい秘密が明らかになる。


リメイク版「エルム街の悪夢」をはじめ、「ファイナル・デッドブリッジ」「遊星からの物体X ファーストコンタクト」のエリック・ハイセラーが脚本を担当。
「ウォーム・ボディーズ」「X-ミッション」のテリーサ・パーマー、子役のガブリエル・ベイトマンくん(「アナベル 死霊館の人形」)が出演している。

「ライト オフ」は、8月27日から東京・シネマート新宿、大阪・シネマート心斎橋ほかで公開。

http://eiga.com/news/20160622/18/
(2016年6月22日 18:00)