1f622f44
661: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 20:14:56.55 ID:hHq0qghM0.net
石じじいの話です。 

これも朝鮮時代の話です。じじいは、海岸(日本海の;朝鮮では東海=トンヘと呼ぶ人間もいたそうですが)の近くの山を歩いていたときに、幽霊船をみたそうです。じじいは、山を歩いていて開けた場所から海が見えたそうです。 
快晴でした。日本海をみていると、遠くに船が。彼は日本光学の双眼鏡を持ち歩いていたのですが、それでみると古風な帆船でした。「ほう!あがいなふねもまだあるんかのう?」と思い、山を歩き続けたそうですが、夕方になって再び海が見えるところに出たら、その船がさらに近づいていました。よく見ると船体が真っ黒で、二本ある帆は、真っ赤でした。それがどうも陸地に向かって動いているらしい。近くの港に入港するのか?と思って、その港町に宿をもとめて下山しました。町におりて地元にひとに、そのような船が入港するのではないか?と言ったところ、その人々は顔色を変えて大騒ぎになったそうです。 
その慌て方が尋常でなかった。海岸で、朝鮮人たちは松明を燃やし始めました。 
町の駐在(日本人でした)に、その騒ぎについて尋ねると「うん、よくわからない。彼らの言うことには、なにか、恐ろしい船がたまにやってくるらしい。まあ、ちょうせんじんの迷信でしょう。」海岸には、祈祷師のような女性がやってきて「拝みながら踊っていた」そうです。ご苦労さんなことよのう、と思って、じじいは宿屋でぐっすりと眠りましたが、翌朝、さらに騒ぎは大きくなっていました。地元の、もと両班の娘がその夜にいなくなったと。 
いちおう行方不明事件なので駐在さん(日本人)も捜査を始めました。 
どこにもいません。近くの村・町に電信で通知したそうです。それらしき人物はいない。村人は海岸に集まって怯えたように海を見ていました。そこには、沖合に黒々と停泊する例の船がありました。赤い帆を青い空に照らして。 
帆をあげているのに船は動かず錨を下ろして停泊しているようでした。 
ふたたび双眼鏡で見てみましたが船上に人影は無かったそうです。 
(つづく)