1f622f44
661: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 20:14:56.55 ID:hHq0qghM0.net
石じじいの話です。 

これも朝鮮時代の話です。じじいは、海岸(日本海の;朝鮮では東海=トンヘと呼ぶ人間もいたそうですが)の近くの山を歩いていたときに、幽霊船をみたそうです。じじいは、山を歩いていて開けた場所から海が見えたそうです。 
快晴でした。日本海をみていると、遠くに船が。彼は日本光学の双眼鏡を持ち歩いていたのですが、それでみると古風な帆船でした。「ほう!あがいなふねもまだあるんかのう?」と思い、山を歩き続けたそうですが、夕方になって再び海が見えるところに出たら、その船がさらに近づいていました。よく見ると船体が真っ黒で、二本ある帆は、真っ赤でした。それがどうも陸地に向かって動いているらしい。近くの港に入港するのか?と思って、その港町に宿をもとめて下山しました。町におりて地元にひとに、そのような船が入港するのではないか?と言ったところ、その人々は顔色を変えて大騒ぎになったそうです。 
その慌て方が尋常でなかった。海岸で、朝鮮人たちは松明を燃やし始めました。 
町の駐在(日本人でした)に、その騒ぎについて尋ねると「うん、よくわからない。彼らの言うことには、なにか、恐ろしい船がたまにやってくるらしい。まあ、ちょうせんじんの迷信でしょう。」海岸には、祈祷師のような女性がやってきて「拝みながら踊っていた」そうです。ご苦労さんなことよのう、と思って、じじいは宿屋でぐっすりと眠りましたが、翌朝、さらに騒ぎは大きくなっていました。地元の、もと両班の娘がその夜にいなくなったと。 
いちおう行方不明事件なので駐在さん(日本人)も捜査を始めました。 
どこにもいません。近くの村・町に電信で通知したそうです。それらしき人物はいない。村人は海岸に集まって怯えたように海を見ていました。そこには、沖合に黒々と停泊する例の船がありました。赤い帆を青い空に照らして。 
帆をあげているのに船は動かず錨を下ろして停泊しているようでした。 
ふたたび双眼鏡で見てみましたが船上に人影は無かったそうです。 
(つづく)


662: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 20:17:21.76 ID:hHq0qghM0.net
>>661
(つづき)
じじいは、駐在と話をして、あれは無人の難破船ではないか?と思って村人に尋ねたそうですが、アレが怖い船(朝鮮語では「アンマエ」と言っていたそうです)だと村人は口々に言いました。村人は、もっと人がいなくなるのではと恐慌していたそうです。駐在とじじいが尋ねたところ、アノ船がくると必ず村の人がいなくなる、と。「よっしゃ、あの船まで行ってみようや!」
とじじいが言っても、村人は腰が引けてだれも舟を出そうとしませんでした。
重苦しい空気に包まれて夜になりました。
夜になっても、黒い船は明かりもつけずにいたそうです。村の若いものが数人、勇気をだして警戒するために浜に残ったそうです。松明を焚いて。
じじいは翌朝、大騒ぎで目を覚ましました。例の若いものがいなくなっていました。一人もいない。松明は倒れて消えていました。砂浜(それほど広くなかったそうですが)には大勢の人が走り回った足跡が残っていました。村人や呪術師は、「あれだ、アノ船が人を喰らうんだ」といって、青くなっていたそうです。じじいも、そう何日も滞在しておられなかったので、車に同乗させてもらい村を後にしました。
駐在の住所を聞いておいたそうです。彼は家に帰ってからちょっとしてから駐在に手紙を書いたのですが、その返信がすぐに来たそうです。
「あの船は、その後二日停泊し、その後、朝見てみるといなくなっていた。
その間に村人の8人がいなくなった。」その後、第二信が彼から来て、それには「その後、いなくなった人々の着物の一部が海岸に打ち上げられた。」と。駐在は心中ではないか?とも書いて
いました。

「ふしぎなこともあるもんよ。ひとがあがいにたくさんいっぺんにおらんなるとはのう。日本もええ船があるんやけん、あのおかしな船をしらべたらよかったやけど。」
日本の行政府は、迷信を取り除こうと努力していましたが、そのような事件を伴う(根拠のある?)迷信は、根絶やしにはできなかったそうです。

669: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/29(月) 09:56:20.66 ID:FQ1KKwzy0.net
>>662
おいおい、人喰い船かよw山に逃げ込んだらどうなるんだ?

665: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/29(月) 02:22:23.24 ID:Rz62pGoY0.net
>>662
アンマで悪魔みたいですね
「悪魔(あくま)」は、韓国語で악마(アンマ)という。

663: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/29(月) 00:46:40.17 ID:4d29fEQq0.net
パイレーツオブカリビアンやんけ


670: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/29(月) 20:13:18.89 ID:Cw66vTRG0.net
石じじいの話です。

これも朝鮮での話です。皆さんは、「ディアトロフ事件」というのを知っていますか?これは、その話に似た話です。じじいが、長白山脈を踏査していた時に、宿屋のある街の地元の若者たちが登山に行くと言って準備をしていたそうです。朝鮮人が3人、日本人が4人の合計7人。
夏でしたが天候が不順で、山に行くのはどうか?とじじいは思ったそうです。若者たちは意気揚々と出かけてきましたが、下山予定の日になっても帰ってきませんでした。親達は心配して捜索隊を出しました。
野生動物に襲われたか、遭難した可能性があったからです。しかも、山では雨が降ったであろうと思われました。じじいも、山歩きに詳しく慣れているということで、街の当局の依頼と許可を得て捜索隊に参加しました。山を分け入って、途中、山で一晩野営をして次の日、じじいたちは、テントを一張り発見しました。若者達のテントだと思われました。しかし、その中には人はおらず、荷物や食べ物もそのままそこにありました。じじいたちは周辺を探しましたが、わりと簡単に、若者達は見つかったそうです。死体として。テントの周りの地面がどろどろに乱れていたそうです。田んぼの中みたいに。雨でじるくなったところを歩きまわったのでしょう。そこから、森に向かってその地面の乱れが続いていました。
(つづく)

671: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/29(月) 20:15:20.01 ID:Cw66vTRG0.net
>>670
(つづき)
それを追っていくと森の中に、つぎつぎに死体があったそうです。
彼らの死体には、「他殺」の証拠となるような傷はありませんでしたが、上半身裸の者、靴を履いておらず素足の者、ズボンを前後逆にはいていた者、近くの小川の中に頭を突っ込んでいた者など、状態がちょっと変だったそうです。
地元の人間が、殺害したのではないか?とも疑ったそうですが(のちに、官憲が捜査したそうです)、だれもその期間に入山した者はいませんでした。死体を回収しましたが釈然としなかったと。
ただ、不思議なことがありました。若者達が山に出発して二日後の夜、あたりにものすごい音が響き渡ったのです。「ドッガーーーン」と一回。
そして、近くの山(彼らが登って行った山)の付近が満月のように光ったそうです(夜警の話)。その爆音で、じじいも宿屋で飛び起きたそうです。
その山の光は、ぼーっと続いて、朝方まで残っていました。街の人ほぼ全員が目を覚まして外に飛び出したので、その奇妙な光の目撃者は多かったそうです。山が赤く光ったということで、山火事ではないか?なにか軍事的なことが起きたのではないか?ということで、調査隊がでたのですが、何も見つかりませんでした。樹木一本も新しくは倒れていなかったそうです。

「がいな音やったい。床がひびいてのう、窓ガラスもわれたんで。おっとろしや飛び起きたい。大砲(の弾)がおちてきたんかとおもうたで。」

若者達の死体は、検視されたのですが、死因はわからなかったと、のちに再度じじいがその土地を訪れた際に、街の警察官が教えてくれたそうです。

1001: うしみつ 2032/3/2(火) 04:044:44.44 ID:usi32.com

【画像あり】感染症マニアの俺が世界の危険な感染症を紹介していく

俺主任(26)、部下(48)を怒鳴りつけてしまう失態をやらかす

インド神話のガネーシャの頭が象さんな理由wwwwwwww

思わぬ方法で霊を払う「除霊漫画」3選を紹介!

うしみつ四コマ漫画更新中!
【急募】以下のオカルト情報の提供をお待ちしています!

元スレ:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1456036738/
02




今回は犠牲者バンバン出るおっかない話が多かったな…
ディアトロフ事件ってのはロシアで起きた謎の多い怪事件だ





ディアトロフ峠事件
ディアトロフ峠事件とは、1959年2月2日の夜、当時のソ連領ウラル山脈北部でスノートレッキングをしていた男女9人が不可解な死を遂げたことで知られる事件である。事件は、ホラート・シャフイル山(マンシ語で「死の山」の意)の東斜面で起こった。事件があった峠は一行のリーダーであったイーゴリ・ディアトロフ(ディヤトロフ、ジャートロフ、ジャトロフ)の名前から、ディアトロフ峠(ジャートロフ峠、ジャトロフ峠)と呼ばれるようになった。
当時の調査では、一行はマイナス30度の極寒の中、テントを内側から引き裂いて裸足で外に飛び出したとされた。遺体には争った形跡はなかったが、2体に頭蓋骨骨折が見られ、別の2体は肋骨を損傷、1体は舌を失っていた。さらに何人かの犠牲者の衣服から、高い線量の放射能が検出された。
事件は人里から隔絶した山奥で発生し、生還者も存在しないため未だに事件の全容について不明な点が残されている。当時のソ連の捜査当局は“抗いがたい自然の力”によって9人が死に至ったとし、事件後3年間にわたって、スキー客や探検家などが事件の発生した地域へ立ち入ることを禁じた。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ディアトロフ峠事件

01



過去の「石じじい」怪談はこちら







うしみつ関連記事:
【不思議体験】石じじいの語る怪異譚3篇 
【不思議体験】石じじいの語る怪異譚3篇(オヤジ狩り、朝鮮の山奥にて、仙人)

【不思議体験】石じじいの語る怪異譚3篇(海際の軍事施設、鎧武者の屍体、全裸殺人事件)
【不思議体験】石じじいの語る怪異譚3篇(青白い砂、神様をよぶ石、謎の行列) 
【不思議体験】石じじいの語る怪異譚4篇(恐竜の呪い、お化けカマキリ、人面土器、天皇の末裔)
【不思議体験】石じじいの語る怪異譚4篇(米軍のグラマン、巨人、ロシア軍の会話帳、軍の秘密施設)


●「うしみつ」ではみなさんからのネタ提供をお待ちしています●
ブログを見ていただいたみなさんからのネタ提供を募集します。
以下のようなネタがあれば、「うしみつ」にどしどしお送りください。
ネタはブログに掲載させていただきます。

・恐怖体験談、不思議体験談(実体験・創作問わず)
・「うしみつ」でやってもらいたい話題、ネタ(どんなものでも構いません)
・「うしみつ」で調べてもらいたい話題、ネタ(オカルト関連の未確認情報や噂など)
・イラスト投稿
・その他、速報や上記に該当しない様々なネタ


ネタ投稿は usi32@kjd.biglobe.ne.jp へお願いします。
尚、ネタ投稿以外の連絡先は別ですのでご注意ください。

追記①:たくさんのネタ投稿をいただいております。ネタはなるべく一か月以内に掲載させていただきますが、調査依頼など、掲載に時間がかかる物もあります。気長にお考えいただければ幸いです。
追記② :いただいたメールには掲載日までにお返事を送っております。PCからURL込みの返送となるため、設定によってはお手元に届いていない可能性があります。ご了承ください。