2: ミラノ作 どどんスズスロウン(宮崎県)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 17:25:38.83 ID:sIRiIa8U0.net
日本の安全神話


11: エメラルドフロウジョン(四国地方)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 17:30:12.07 ID:Mc60eVEk0.net
他の神話の登場人物や係累が一堂に会するアルゴー号とかトロイ戦争とかの話
no title

トロイア戦争
トロイア戦争とは、小アジアのトロイアに対して、ミュケーナイを中心とするアカイア人の遠征軍が行ったギリシア神話上の戦争である。トロイア、あるいはトローアスという呼称は、後の時代にイーリオス一帯の地域につけられたものである。
この戦役は、古代ギリシアにおいて、ホメーロスの英雄叙事詩『イーリアス』、『オデュッセイア』のほか、『キュプリア』、『アイティオピス』、『イーリオスの陥落』などから成る一大叙事詩環を構成した。またウェルギリウスはトロイア滅亡後のアイネイアースの遍歴を『アエネーイス』にて描いている。

この戦の起因は、『キュプリア』に詳しい。大神ゼウスは、増え過ぎた人口を調節するためにテミス(秩序の女神)と試案を重ね、遂に大戦を起こして人類の大半を死に至らしめる決意を固めた。
オリンポスでは人間の子ペーレウスとティーターン族の娘テティスの婚儀が行われていたが、エリス(争いの女神)のみはこの饗宴に招待されず、怒った彼女は、最も美しい女神へ捧げると叫んで、ヘスペリデス(不死の庭園)の黄金の林檎を神々の座へ投げ入れた。この供物をめぐって、殊にヘーラー、アテーナー、アプロディーテーの三女神による激しい対立が起り、ゼウスはこの林檎が誰にふさわしいかをトロイアの王子パリスにゆだねた(パリスの審判)。
三女神はそれぞれが最も美しい装いを凝らしてパリスの前に立ったが、なおかつ、ヘーラーは世界を支配する力を、アテーナーはいかなる戦争にも勝利を得る力を、アプロディーテーは最も美しい美女を、それぞれ与える約束を行った。パリスはその若さによって富と権力を措いて愛を選び、アプロディーテーの誘いによってスパルタ王メネラーオスの妃ヘレネーを奪い去った。パリスの妹でトロイアの王女カッサンドラーのみはこの事件が国を滅ぼすことになると予言したが、アポローンの呪いによって聞き入れられなかった。メネラーオスは、兄でミュケーナイの王であるアガメムノーンにその事件を告げ、かつオデュッセウスとともにトロイアに赴いてヘレネーの引き渡しを求めた。しかし、パリスはこれを断固拒否したため、アガメムノーン、メネラーオス、オデュッセウスはヘレネー奪還とトロイア懲罰の遠征軍を組織した。
この戦争では神々も両派に分かれ、ヘーラー、アテーナー、ポセイドーンがギリシア側に、アポローン、アルテミス、アレース、アプロディーテーがトロイア側に味方した。


https://ja.wikipedia.org/wiki/トロイア戦争
19: フェイスクラッシャー(熊本県)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 17:35:54.60 ID:+nSuwnyh0.net
キリスト教神話もギリシャ神話も日本神話もインド神話も一時期すごい調べたなあ
今は、シュメール神話とイラン辺りの神話に興味持ってる・・・神話や説話の原型だろうね
なんせ最も古い文明だから

68: 河津掛け(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 18:19:31.04 ID:a0OfrtjE0.net
>>19
結局神話の正体ってなんだと思う?
私見でいいから

71: ブラディサンデー(禿)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 18:22:04.57 ID:Hoarf7Z50.net
>>68
神話の正体なんざ、

権力者の統治
理解できない自然、科学現象の理由付け
死への恐怖への対抗
生の理由付け
倫理教育

コレ

74: 毒霧(埼玉県)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 18:23:18.73 ID:KAzkNkQH0.net
>>68
有史以降の人類の共通体験

76: ブラディサンデー(庭)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 18:24:44.35 ID:V+7OE1iL0.net
>>68
ユングによれば人類の集合無意識

80: フェイスクラッシャー(熊本県)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 18:31:14.26 ID:+nSuwnyh0.net
>>68
まあ、よくある説だけど
元々の神話は、昔の体験や経験、事象が伝えられていくうちに変容、デフォルメされた話じゃないかなあと思う
そして謎や不可解なこと、理解不能なことを神という抽象的な装置で説明付けし納得させてきたのだろう

時代が下り、権力者や為政者がでてくると統治や支配のために神話を利用してまた新たな意味づけがされ変容したのだと思う

120: エルボードロップ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 21:02:03.66 ID:z6mjjuxS0.net
>>68
最初期のモノは、自分達の血族の歴史認識を語ったものだと思う
社会が発展して異なる血族と合流、対立なんかしていくと、出展の違う話が結合されていって、
後の時代からはいまいち意味や意図が理解出来ない物語に変型していくんじゃないかな

本来は別人のエピソードが、一人の物語だったことにされたりとか
時代が異なるものだと寿命が延ばされたり、場所が離れるなら空が飛べるとか後付けされたり

21: 男色ドライバー(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 17:37:50.27 ID:6N4K6x240.net
舜天伝説
no title

舜天
舜天(しゅんてん、1166年 - 1237年)は、舜天王統の開祖とされる琉球国王。在位1187年 - 1237年。神号は尊敦。実在を証明する同時代史料は存在しないが、その名は16世紀頃から見られ、『中山世鑑』(1655年)や『中山世譜』(1701年)といった正史では、初代琉球国王と位置づけられている。
沖縄本島には天帝の遣いとして下界に下った神・アマミキヨの子に始まる天孫氏と呼ばれる王統が25代続いた。この後、臣下によって天孫氏が滅ぼされ、国が乱れていたときに善政を敷き、天下を統一したのが浦添の按司であった舜天とされている。


https://ja.wikipedia.org/wiki/舜天
24: バックドロップホールド(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 17:41:00.00 ID:WW3JE09X0.net
クトゥルフ神話の禍々しい神々で、ゴッドオブウォーを作って欲しい
DESTINYの土星レイドのゴルゴロスはクトゥルフからだよね

25: フランケンシュタイナー(東京都)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 17:41:28.45 ID:VF+i2nEI0.net
神話に詳しい奴、教えて
アラーとキリストとゼウスとブッダがガチでノールールで戦いあったら誰が生き残るの?

37: フェイスクラッシャー(熊本県)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 17:48:14.82 ID:+nSuwnyh0.net
>>25
キリストは神ではない・・・神の子
キリスト教のゴッドとイスラム教のアラーとユダヤ教のヤハウェは、同じ神
そして全知全能
だから、そのなかではアラーが最強だろう・・・なんせ全知全能なんでもありなのだから

ゼウスは全知全能じゃない、雷の神
仏陀も全知全能ではない、悟りを開いた人

まあ、一神教の神様が強いよ、なんでもありですから


48: フランケンシュタイナー(東京都)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 17:56:38.83 ID:VF+i2nEI0.net
>>37
んん?????
同じ神なのに宗教が違うのなんで????
なんか変なこと言って煙に巻こうとしてない???

55: 垂直落下式DDT(青森県)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 18:02:53.15 ID:3B8yESEp0.net
>>48
聖書に新約聖書と旧約聖書があるだろ?
旧約聖書はキリスト教もイスラム教もユダヤ教も一緒なんだよ
キリスト教は新約聖書でキリスト教になり、イスラム教はコーランでイスラム教になったってだけ

67: 河津掛け(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 18:18:31.98 ID:a0OfrtjE0.net
>>48
基本はユダヤ教のヤハウェが神

ユダヤ教改善したよー
→キリスト教

キリスト教でもまだ不足多いから改善したよー
→イスラム教


それぞれがそれぞれの正しさを主張するから、元が同じ故に、聖地も一緒で奪い合うからパレスチナ問題になってる。

26: 逆落とし(庭)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 17:41:54.18 ID:AZDsq2U20.net
インカ帝国の逸話。
現地に行ったら埋もれた話が沢山あるぜ
no title

インカ神話
インカ神話(インカしんわ)はインカ民族(ケチュア族)に伝わる神話である。

ペルー南部高地の伝統的な創造神ビラコチャは、インカ民族に伝わる神であり、多くの記録者による異伝がある。 海岸地域では、太陽と兄弟であるとされる創造神パチャカマックが活躍する。
インカ帝国の国教は太陽神信仰であったとされるが、創世神話において太陽は他の神に作られることはあっても太陽自体が主神の役割をすることはなかった。 パチャクテクを皇帝とするインカ帝国が諸民族を征服、支配した後で、帝国の支配の正当性を示すべく、昔からの神話を解釈し直して新たな神話を作り出した。ユパンキ(パチャクテクの初名)の物語は、太陽を父とするパチャクテクによる征服を正当化するものである。

インカ帝国が崩壊した後、国家的祭祀と神話はじきに消滅してしまったが、アンデス各地に根強く伝わっていた神話、信仰、儀礼は残った。 ワマニをはじめとする山上の神、地母神パチャママへの信仰は強固に残存した。 

https://ja.wikipedia.org/wiki/インカ神話
32: バックドロップホールド(福岡県)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 17:46:10.40 ID:xvvSc/wx0.net
竹取物語も神話だよな
色んな日本神話の同人小説みたいな感じ
あんなのゼロから書けるわけがない

42: ブラディサンデー(庭)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 17:52:41.85 ID:V+7OE1iL0.net
イラン神話

善人が死ぬと立派な石橋を匂やかな美少女に導かれてあの世へ渡る
悪人が死ぬと汚臭漂うババアに手を取られて業火の上の吊り橋を越える

45: グロリア(静岡県)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 17:55:15.55 ID:t40bufnS0.net
義務教育でちゃんと
古事記日本書紀はやったほうが良いと思う

自分の国の神話も知らないとかこっ恥ずかし過ぎるぞ

46: 垂直落下式DDT(青森県)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 17:56:02.23 ID:3B8yESEp0.net
>>45
やってるだろ
因幡の白兎も知らない日本人なんていないよ

53: 目潰し(庭)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 17:59:51.80 ID:2QMHYjjy0.net
>>46
大きな袋を肩にかけ~♪
って歌は習ったけどあとは良く知らない

63: 河津掛け(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 18:15:04.47 ID:a0OfrtjE0.net
>>46
俺塾講師やってるが結構いるぜ
偏差値高い高校の子とかでも。


こういうのってドラえもんとか古い漫画でオマージュされてて自然と入ってくるんだなって。

ちなみに
除夜の鐘の回数知らない子も多いぞ

もう慣れたが、初期の頃はにほんオワタって思ったことか。

61: フランケンシュタイナー(東京都)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 18:13:26.98 ID:VF+i2nEI0.net
昔々にトウモロコシババアみたいなインディアンの絵本読んでさ
日本にもなんか似た感じの神話があった気がする
なんか、ババアが脛をボリボリ引っ掻くとトウモロコシがパラパラ落ちて、それを食べて飢えを凌いでたんだけど、ババアの秘密を知った青年はキモいからトウモロコシが食えなくなった
そんで腹立つからババアをぶっ殺して髪の毛掴んでひき回したらそこからトウモロコシが生えてきてみんな喜んだみたいな、精神異常者の夢見たいな絵本

65: ニーリフト(中国地方)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 18:17:59.22 ID:4fau0G250.net
>>61
多分ハイヌウェレ型神話
日本だと大宜都比売神
ハイヌウェレ型神話
ハイヌウェレ型神話(ハイヌウェレがたしんわ、ハイヌヴェレとも)とは、世界各地に見られる食物起源神話の型式の一つで、殺された神の死体から作物が生まれたとするものである。その名前は、ドイツの民俗学者であるアードルフ・イェンゼンが、その典型例としたインドネシア・セラム島のヴェマーレ族(英語版)の神話に登場する女神の名前から命名したものである。
ヴェマーレ族のハイヌウェレの神話は次のようなものである。ココヤシの花から生まれたハイヌウェレという少女は、様々な宝物を大便として排出することができた。あるとき、踊りを舞いながらその宝物を村人に配ったところ、村人たちは気味悪がって彼女を生き埋めにして殺してしまった。ハイヌウェレの父親は、掘り出した死体を切り刻んであちこちに埋めた。すると、彼女の死体からは様々な種類の芋が発生し、人々の主食となった。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ハイヌウェレ型神話
69: 毒霧(埼玉県)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 18:20:05.47 ID:KAzkNkQH0.net
>>61
スサノオがぶっころしてたな

84: ブラディサンデー(庭)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 18:35:16.22 ID:V+7OE1iL0.net
よく知らんけど古代アルメニア神話

「永遠時間の神ズルヴァン・アカラナ」とか、紀元前のくせに厨二病炸裂してる
no title

アルメニア神話
アルメニア神話は、キリスト教が入る以前の古代アルメニアで信仰されていた神話であるが、情報はあまり残されていない。
アルメニアの神話は、アラマズド・アナヒット・ミフルがゾロアスター教、バルシャミンがアッシリアの影響を受ける一方、土着の美麗王アラ、ハイク・ナハペト、ヴァハグンのようにエウヘメリズム的に人から神になった神々も存在する。

ズルワーン・アカラナ
ズルワーン (Zurvān) は、後期ゾロアスター教の一派ズルワーン教に於ける創造神。その名は時間を意味する。
中世ゾロアスター教文献の神話によれば、世界の始まりの時にはズルワーンのみが存在していた。彼は長い時間をかけて、全善なる存在を生み出して世界を治めさせようとしたが、ある時それが可能なのかと疑念を抱いた。この心の迷いによって、ズルワーンの子は善なる存在と悪しき存在とに分裂してしまった。それが全善の神オフルマズド(アフラ・マズダー)と全悪の神アフリマン(アンラ・マンユ)である。
かくして世界はこの双子の神々によって創造され、善と悪とが戦う戦場となったという。


https://ja.wikipedia.org/wiki/アルメニア神話
86: ニールキック(茸)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 18:36:40.56 ID:9B0RxrKv0.net
沖縄や伊豆諸島にはノアの大洪水みたいな神話が残ってるんだっけ

92: ニーリフト(catv?)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 18:52:28.39 ID:RNNvMyHa0.net
男の子なら誰でも布団の中でオリジナル神話を考えていたはず
遠慮せずに発表していいんだぞ

111: サソリ固め(チベット自治区)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 20:06:25.03 ID:RKnnFUFb0.net
マニ教の救済神話一択だろこんなもん
no title

マニ教
マニ教は、サーサーン朝ペルシャのマニ(216年 - 276年または277年)を開祖とする二元論的な宗教である。
ゾロアスター教の影響を受けたマニ教は、徹底した二元論的教義を有しており、宇宙は光と闇、善と悪、精神と物質のそれぞれ2つの原理の対立に基づいており、光・善・精神と闇・悪・肉体の2項がそれぞれ明確に分けられていた始原の宇宙への回帰と、マニ教独自の救済とを教義の核心としている。
原初の世界では、「光明の父」もしくは「偉大なる父(ズルワーン)」と呼ばれる存在が「光の王国」に所在し、「闇の王子(アフリマン)」と称される存在が「闇の王国」に所在し、共存していた。「光の王国」は光、風、火、水、エーテルをその実体とし、また、「光明の父」は理性、心、知識、思考、理解とでも翻訳される5つの精神作用を持っており、それを手足とし、また住まいとしていた。しかし、「闇の王子」はそれを手に入れたいと考え、闇が光を侵したため、闇に囚われた光を回復する戦いが開始された。「光明の父」は「光明の母」を呼び出した。


https://ja.wikipedia.org/wiki/マニ教
118: ニーリフト(関東地方)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 20:42:19.94 ID:lrpZyj01O.net
インド神話
愉快なインドラ編もといリグヴェーダおぬぬめ
インド神話
インド神話(インドしんわ)とはインドに伝わる神話である。特にバラモン教、ヒンドゥー教、仏教に伝わるものを指す。成立時期や伝承者の層などによって様々な神話がある。
ヒンドゥー教の神話のうち代表的な文献は、二大叙事詩『マハーバーラタ』と『ラーマーヤナ』である。『マハーバーラタ』は、18編約10万詩節よりなる大作である。この時代の神話で最も重視されている神々は、創造神ブラフマー、維持神ヴィシュヌ、破壊神シヴァで、三神一体の最高神とされる。ブラフマーは、ブラーフマナ・ウパニシャッドでは宇宙の最高原理であったが、その抽象的な性格のせいか、庶民の間では広く信仰の対象とはならなかった。ヴィシュヌは『リグ・ヴェーダ』にも登場し、元来太陽の光照作用を神格化したものと考えられる。しかしこの時代の神話では世界の維持を司る神であり、また10の姿(ダシャーヴァターラ)に変身して世界を救う英雄神でもある。シヴァは『リグ・ヴェーダ』の暴風神ルドラを前身とする破壊神である。性器崇拝や黒魔術など非正統派の民間信仰と習合し、ヨーガの達人、舞踏神、魔物の王などの複雑な性格を持つに至った。


https://ja.wikipedia.org/wiki/インド神話
51: マシンガンチョップ(茸)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 17:57:46.80 ID:qeZFYySC0.net
インドの神話はバカっぽくて好き
カーリーに踏まれるシヴァとか

128: キングコングニードロップ(大阪府)@\(^o^)/ 2016/09/01(木) 06:44:14.76 ID:OsLj7WCH0.net
久米の仙人の話
 空を飛んでる時に、地上の娘の脚に見とれて墜落
  その娘と結婚し、一般人になる
   一般人として東大寺大仏殿工事の労役に駆り出される
    残ってた(再会得した?)仙人力を使って難工事でも大活躍
     褒美に土地を貰いお寺(久米寺)を建立

125: デンジャラスバックドロップ(茸)@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 22:36:44.40 ID:svw56vvc0.net
マウイの一連の物語はアレさが凄い
no title

マウイ
マウイ (Māui) とは、ポリネシア神話において太平洋に浮かぶ数々の島とそこに住む人々を創造したとされる神。彼に関する神話はニュージーランドのマオリ族、ハワイ、タヒチ、サモアなどポリネシアの広範囲に渡って残っている。
黄泉の国の女神ヒネ・ヌイ・テ・ポ (en) の孫として生まれたとされる。

年がら年中闇夜ばかり続くのにうんざりして、空を海から持ち上げてそこに星々を貼り付けて星空を造った。その結果、風が吹くようになったが、彼は風を中身をくりぬいたココヤシの中に閉じ込めて必要に応じて出すことにしたが、西風だけが最後まで逃げていた。マウイは次に太陽を管理し、それまでは駆け足で空を渡るため昼の時間が非常に短かったが、マウイは太陽に空をゆっくりと駆けることを了承させた。その後、海中から陸を引き揚げ、先祖にあたるマフイカ の手足の指である火を盗み出した後に、島々に住む全ての生物を創りだした。
ニュージーランドの神話ではマウイの最期が次のように語られている。マウイは永遠の命を得るため、祖母であるヒネ(ヒネ・ヌイ・テ・ポ)の体内に入り込む決心をした。父は、彼女の口には鋭い歯、膣には石の歯が着いているから危険だと話したが、マウイは意志を翻さず、光るイモムシに変身した。そしてヒネの膣へ入ろうとしたところ、それを見たマウイの友人でもある鳥たちが笑い出したため、事態に気付いたヒネに膣の歯で砕かれてしまった。


https://ja.wikipedia.org/wiki/マウイ
1001: うしみつ 2032/3/2(火) 04:044:44.44 ID:usi32.com

【朗報】中国の二次美少女画像、日本より可愛い

【悲報】「女子高生1人のための駅」に来る鉄ヲタが迷惑行為wwwwwwwwwww

【悲報】結婚するから創価学会抜けるって言ったら親父がwwwwヤバイwwwwww

【閲覧注意】裏サンデー新連載『辱(にく)』がグロすぎてヤバいと話題に…

うしみつ四コマ漫画更新中!
【急募】以下のオカルト情報の提供をお待ちしています!

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1472631901/
07




マウイの神話の謎にテンション高そうな荒唐無稽さがスゲーな
そういや前記事にしたときに知った
ハワイの神話も面白かったぞ





うしみつ関連記事:
このハワイの神話アニメ化でもしたら売れると思うんだけど


●「うしみつ」ではみなさんからのネタ提供をお待ちしています●
ブログを見ていただいたみなさんからのネタ提供を募集します。
以下のようなネタがあれば、「うしみつ」にどしどしお送りください。
ネタはブログに掲載させていただきます。

・恐怖体験談、不思議体験談(実体験・創作問わず)
・「うしみつ」でやってもらいたい話題、ネタ(どんなものでも構いません)
・「うしみつ」で調べてもらいたい話題、ネタ(オカルト関連の未確認情報や噂など)
・イラスト投稿
・その他、速報や上記に該当しない様々なネタ


ネタ投稿は usi32@kjd.biglobe.ne.jp へお願いします。
尚、ネタ投稿以外の連絡先は別ですのでご注意ください。

追記①:たくさんのネタ投稿をいただいております。ネタはなるべく一か月以内に掲載させていただきますが、調査依頼など、掲載に時間がかかる物もあります。気長にお考えいただければ幸いです。
追記② :いただいたメールには掲載日までにお返事を送っております。PCからURL込みの返送となるため、設定によってはお手元に届いていない可能性があります。ご了承ください。