c000118_17ng
677: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/30(火) 21:42:14.99 ID:yQrUAPBO0.net
石じじいの話です。 

じじいの住む村は、かなり山奥で空気が驚くほどよく静かでした。 
今でもそうです。そこに、戦後すぐに、母親とその娘の親子がやってきたそうです。噂で聞くに、その娘は素行が悪くいわゆる不良で、それを更生させるために都会から田舎にやってきたのだ、ということでした。
父親は戦死しており、いないので、うまくしつけができないで困っているとも。1ヶ月後くらいに、その母親は近くの集落の人に(他人だったそうですが)その娘を預けて、そこを去りました。娘は、そこで生活を始めました。その母親の態度から、じじいは、あの母親は自分の娘を捨てたな!と気がついたそうです。
じじいは、田舎者でしたがバカではなかったので、それはおそらく確かだったのでしょう。ある日、じじいが
山に行く準備をしていると、その娘が(中学生だったのですが)見ていたそうです。じじいをじっと睨んでいたそうです。痩せた背のちょっと高い女の子だったのですが眼光がするどかった、と言っていました。じじいは、いやな気分になって山にいきましたが、次の日もその娘はいたそうです。それが数日つづいたので
すが、ある日、じじいは思いきって娘に声をかけました。 
(づつく)

 
678: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/30(火) 21:42:48.69 ID:yQrUAPBO0.net
>>677
(つづき)
「わしといっしょに山へいくかな?」当時は、大人が子供に声をかけても、通報されるような社会ではなったので(それを見ている人もいないし、それを気にかけるような風潮でもない:ある意味、子供はほったらかしだったのです。それに、その娘は、預かっている家庭にとっては金をもらって世話をしているにすぎ
ませんから)。女の子は、笑いもせずじじいについて来たそうです。山を一緒に登って石探しと石拾いをしました。じじいは、弁当を彼女に分けてやったそうです。
次の日も彼女は来ました(夏休みだったのです)。じじいは、小さな子供に欲情するペドフィリアの性癖を持っているわけではありませんでしたが、まるで自分の子供のように、その子に接しました。じじいは結婚
しておらず子供もなかったので、なおさらだったということです。
じじいは、山の歩き方、石の探し方、どんな石が貴重か、などのノウハウをその子に伝授しました。じじいは、まあ、子供だからこんなことを言っても、しょうがないか、と思っていました。
しかし、事態は思わぬ方向に進みます。彼女は、とても石探しの才能があったそうなのです。軽々と山を登るし、道を覚えて帰り道も平気で歩ける。そして教えられたとおりに、またはそれ以上に上手に石を探して、いくつも貴重な石を見つけたそうです。
(づつく)

679: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/30(火) 21:44:28.79 ID:yQrUAPBO0.net
>>677
(つづき)
「えらいことよ。そのこはのう、がまんづようてのう、よう、やまをあるけえたんよ。あがいな元気な子は、わしらの村にもおらなんだい」
その子は、面白い貴重な石をたくさん見つけて、じじいに提供しました。そして、その見つけた石の中から、ちいさな綺麗なものを1つじじいから分けてもらって大事そうに持ち帰ったと。
ある日、じじいと女の子は、山をかなり歩いたあと、おそい昼食をとりました。女の子が持ってくるようになったお弁当は、粗末なものだったそうです。食後、彼女は疲れたのか、ウトウトと眠りこけたそうです。「ありゃりゃ、ねてしもうたい」とじじいは思ってタバコをふかしていましたが、急に「おとうさん!」と彼女が叫んだそうです。
じじいはびっくりして彼女を方をみましたが、彼女はまだ眠っていたそうです。
彼女の寝言だったのです。じじいは、自分がしていた手ぬぐいを折りたたんで彼女の頭の下に敷いて、目がさめるまで待っていたそうです。その日は、それで石探しをやめて帰りました。じじいは、彼女の卓越した石探しの能力に驚いて、ちょと怪しんでいました。そうして一ヶ月ほど日曜日ごとに彼女はいっしょに石探しに出かけました。じじいは、彼女に、友達といっしょに遊ばないのか?と尋ねましたが、彼女は、ともだちはいない。と苦しそうにいったそうです。無口な少女でした。
(づつく)

680: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/30(火) 21:45:52.58 ID:yQrUAPBO0.net
>>679
(つづき)
そうしているうちに、彼女は、その村を去りました。
聞くところによると「どこか他の町の家に養子としてもらわれていった」ということでした。じじいは、彼女を
自分の娘のように思い、情が移っていたので、かなり落胆しました。
ただ、じじいは、娘がことづけたという手紙を渡されました。
封筒に入っていてきちんと糊付けで閉じられて封緘されていました。じじいは開けてみましたが、そこには、じじいと一緒に山歩きをしたことがとても楽しかったこと、自分は、母親とあまりうまくいかなかっとこと、その村での生活はひとりぼっちで寂しかったこと、そして、無愛想な態度をじじいにとったことを謝罪することばなどが書き連ねてあったそうです。
その手紙は、じじいのことを「おじいちゃん」と表記していました。
じじいは、その手紙を大事に持っていて、私にも見せてくれました。
それは鉛筆で書かれていて、子供にしてはきれいな文字でした。

「のう、ぼく(わたしのこと)よ、かわいそうやったのう。
自分のこどもがにくい親がどこにおらい?しかしのう、あのころはおなご一つの手でこどもをそだてるんは、えらいたいへんやったんで。もうええおとなになっとるやろうけど、どこにおるんかのう?」 
じじは、いとおしむように、その手紙をもとどおり座机の引き出しにしまって、そう言いました。

684: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 00:41:54.12 ID:3f1DpA/40.net
>>680
ちょっとグッときました

682: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/30(火) 23:03:01.01 ID:CYee9V1/O.net
>>680
全オレが泣いた
イヤ泣いてないけどね…

しかも全然不思議な話でもなんでもないな…
でも面白かったよ

690: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 19:14:57.97 ID:Oy4qDAQ40.net
>>680
娘さん、その後の人生幸せだったらいいな


689: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 12:04:29.59 ID:Ijn72ttD0.net
石じじいの話です。

朝鮮からの引き上げは地獄だったそうです。じじいは、本を読むのが好きでH. G. ウエルズの「世界戦争」という小説を読んだことがあり、そこでは、火星人の歩行兵器に追い詰められて多くの人々が逃げまどうという描写があるのですが(人々は火星人の熱戦砲に焼き殺されるのですが)、まさにそれを思いだしたそうです。大混乱に陥る前、日本軍や総督府では、空き地に大量の書類を積み上げて、ガソリンや軽油をぶっかけて焼却していたそうです。
その煙が立ちぼって、あたりに充満し、それがまた混乱の雰囲気に拍車をかけたそうです。ソ連軍がやってきて書類を押収されたら困るのでそれらを焼却したそうです。じじいも必死で手伝ったそうです。
(じじいが、それを手伝ったこと;彼が武装して山野を歩いていたこと;から、じじいの朝鮮における仕事は想像できますねw)

「そのときに軍人やえらいやつらは、さっさとにげよったい。まえは、あがいにいせいのええことをいいよったやつらが。にげあしははやかったい」

朝鮮人の児童に辛く当たっていた学校の校長は、朝鮮人たちにリンチにあったそうです。

「うえにむこうてツバはいてみいや。じぶんの顔におちてくるやろう?」

693: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 20:29:47.87 ID:ClYOVr/k0.net
>>689
世界戦争じゃなくて宇宙戦争だよね?
そんな昔に日本語訳が出てたと知ってびっくり

694: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 21:34:32.15 ID:Ijn72ttD0.net
>>693
「宇宙戦争」ですね。間違えました。
「世界戦争」といえば、サンキューゴッド、ですねw

695: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/31(水) 21:40:53.51 ID:Ijn72ttD0.net
>>693
ひとつだけ言い訳をw
「宇宙戦争」の原題は、
「The War of the Worlds」です。
ただし、この場合の、the Worldsというのは、地球と火星の異なった世界(惑星文明)の間の戦い:という意味です。
昔のラジオドラマの「宇宙戦争」をご存知ですか?
Youtubeで視聴(といっても音だけですが)可能です。
お楽しみください。

696: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/09/01(木) 16:54:33.10 ID:Q3Yp+R1D0.net
石じじいの話です。

みなさんは、「抜刀隊」という歌を知っていますか?これは、戊辰戦争をモチーフにした軍歌行進曲で、1885年にフランス軍楽隊からきた雇い外国人シャルル・ルルーによって作曲されました。のちに「陸軍分列行進曲」の元となって帝国陸軍によって公式に採用されました。
昭和18年の、雨の神宮外苑で行われた出陣学徒壮行会で出征していく学生たちの行進曲として使われたので、歌詞はご存じなくてもメロディーは知っていらっしゃる方が多いかもしれません。
「吾は官軍我が敵は、天地容れざる朝敵ぞ 」で始まるノリの良い曲です。(途中で転調しますがw)
これは、戊辰戦争の頃の話です。「オイオイ、じじいは、その頃生まれてないだろう?」と思われた方がほとんどでしょう。
これは、じじいが、彼の祖父から子供の頃に聞いた話です。題して、「戊辰戦争と首切り池」

じじいの家のある部落から、さらに奥地(10キロほど山に入ったところ)の村にかなり大きなため池がありました。その村には、当時、士族と言われた階級の人々が住んでいました。彼らは、農業にたずさわっていましたが、戊辰戦争が勃発したということを聞き及んで、
「我々も西郷南洲のもとにはせ参じよう!ここでも決起しよう!」という話をし始めたそうです。
しかし、このことは、すぐに官憲の知るところとなり、捕縛隊がやってきたそうです。捕縛隊は、警察官からなっていて日本刀や銃で武装していました。その士族たちは次々に捕まりました。村人なかには、彼らを山に逃がそうとする者もいましたが、その元武士たちは自分だけが逃げるのを良しとせず、粛々と縛に就いたそうです。彼らは、ひったてられ、村人たちとともに村の奥のため池の堤まで連れてこられました。そこで、捕縛隊の隊長は「この者たちを斬首する」と言いました。
村人たちは激しく動揺しましたが命令に背くとどうなるかわかりません。
(つづく)

697: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/09/01(木) 16:57:40.82 ID:Q3Yp+R1D0.net
>>696
(つづき)
警察官は、縛り上げた元武士たちの口を開かせて、そこに大きな石を無理やりいれたそうです。こうなると、自分ではその石を吐き出すことはできません。
大きな石を突っ込まれて、彼らは、歯をむき出して苦しんだそうです。警察官たちは、村人たちに、むりやり、それぞれの処刑対象者を押さえつけさせて首をはねたそうです。すでに、切腹という名誉ある死に方はゆるされなかったのです。そして、その隊長は、恐れおののいている村人たちに、切り落とした首を、このため池に投げ捨てるように命令しました。村人は驚きましたが抵抗はできません。村人の誰かが、「いけには、水神さまがおんさるけん、そがいなことしたら・・」と漏らしたのですが、隊長は、それを聞き咎めて
「ばかもの!まだそんな迷信を信じとるか!」と。
村人たちは、「こらえてくださいよ、こらえてくださいよ」と念じながら頭部を池に投げ入れました。彼らは、それを池の岸のすぐ近くに投げ入れていました。あとで、拾い上げて埋葬しようと考えたからです。
(つづく)

698: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/09/01(木) 16:59:50.76 ID:Q3Yp+R1D0.net
>>697
(つづき)
隊長は、さらに叱責しました。「ばかもの!もっと遠くに投げろ!」村人たちはしかたなく、それらを遠くへ投げ入れたそうです。「南無大師遍照金剛」と心のなかで唱えながら。その頭は、石を噛んでいたため重く、すぐに池に沈んだそうです。
捕縛隊は、満足して上機嫌でかえっていきました。
怖い事件は、およそ十年後におきます。その事件の記憶が薄れてしまった時、そのため池の堤の改修工事をすることになり池の水を抜きました。
村人たちは、わくわくしたそうです。水を抜いたら、池にいる魚やカメがとれて、それは村人たちのものになるのです。当日、水が抜かれた池に村人たちは集まると、魚が露出した池の底ではねていました。村人たちは、それらの魚やカメをとり始めました。しかし、ちょっとおかしいのは、池の大きさにしては獲物がすくなかったのです。それでも魚はいます。
夢中でとっていたところ、一人の村人が、とても大きな真鯉を捕まえました。それは大きく1メートル近くもありました。その村人は上機嫌で、それを抱えて池から出ようと、ぬかるんだ池の底を歩いて行きました。もう少しで岸だというところで、彼は、「ぎゃー!」と叫んで、その鯉を投げ捨てて泥のなかを這いずりながら逃げるのです。
(つづく

699: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/09/01(木) 17:01:15.24 ID:Q3Yp+R1D0.net
>>698
(つづき)
他の村人たちは、「なにしよんぞ?」と思い、そこに集まりました。「われ(その地方で、おまえ、の意味)はなにしよんぞ、獲物すてて、もろうてええんか?」
その村人は耳をかさず這いずってどんどん逃げていきます。一人の村人がその鯉を抱えて持って行こうとしたところ、その人も、「うあわっ!」を叫んでその場にへたりこみました。村人たちは、一斉に、その鯉を見ましたが、皆震えあがりました。
その鯉には大きな歯がありました。
それは、まさしく人間の歯だったそうです。
その大きな人の歯が上下顎にびっしりと生えていて、鯉は苦しそうに口をパクパクさせていたので、それで歯がかみ合って、カチ、カチ、カチ、カチ、カチ、カチ、カチ、カチ、カチ、カチ、と音を立てていました。村人たちは恐れて、その場から逃げ出しましたが、今度は堤で獲物を選り分けていた女子供たちが叫び始めました。
村人たちが別に捕えた魚にも皆、その歯があったのです。小さい魚には小さい歯がついていました。人の歯が。村人たちはパニックになって、その池から逃げ帰ったそうです。昔の記憶がよみがえりました。あれは、前に殺された武士たちの怨念にちがいない。恐れた村人たちは、その村の寺の住職に供養してくれるように依頼したそうです。住職は快くそれを受けて、村人の先頭にたって堤に行って熱心にお経
をあげて弔ったそうです。
村人たちは、怖かったのですが、それで少し安心して、堤の改修工事を終えたそうです。魚など一匹もとりませんでした。その時から、その池では毎年お盆に供養をおこない、そこで釣りをすることはなかったということです。
(つづく)

700: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/09/01(木) 17:03:54.94 ID:Q3Yp+R1D0.net

>>699

(つづき)
じじいが言うには、そのときの寺の住職は、じじいの部落にある寺の住職(前の話で、じじいから依頼をうけて山奥にお経をあげに行って死にかけた)の父上であり、その人は、地元の習俗、風習、祭り、言い伝えなどを詳細に記録していたそうです。
毛筆で書かれたそれらの資料は現在でも保存されていて郷土史の民俗資料として重宝されています。(一部が印刷されたものを私も読んだことがあります)

+-----------------------+
註釈:「抜刀隊」とは、反乱軍(西郷軍)に対抗するために特別編成された警官隊の名称です。彼らは、ほとんどが武士の出身で、日本刀での戦闘術に長けていました。当時の官軍は、初めて「徴兵制度」で作られた兵士たちの集団であり、近接戦闘において(白兵戦で)、日本刀を操る西郷軍兵士に対抗できなかったのです。
そのための対抗部隊が抜刀隊でした。すでに地位と権力が低下し不満が鬱積していた士族たちは(警官職に甘んじていた)、この戦役を名誉回復(新たな獲得)のための絶好の機会であると捉えて獅子奮迅の働きをしました。
##軍歌「抜刀隊」はYoutubeで視聴可能です。

707: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/09/02(金) 07:19:15.06 ID:9KrifYIz0.net
じじいの話です。

皆さんは、UFOを見たことがありますか?じじいは、それらしきものを見た、といっていました。
じじいが、高知の足摺岬を石を求めて歩いていた時、岬で野営したそうです。当時あの辺りにはほとんど人家がありませんでした。足摺岬には巨大な石が幾つも露出していて、それらは、古代巨石文明の遺跡ではないか?と騒がれたことがあります。えらい学者先生がやってきて調査して報告書を刊行したりもしました。その巨石を遺跡ではないか?とする考えは昔からあったそうです。
しかし、じじいによると「あがいな石は、御影石にヒビが入ったらようできるんよ。遺跡じゃあるかい!あほうはなんぎなことよのう」
余談ですが、足摺岬には、わたし、中学生のころに
自転車で行ったことがあります。親に死ぬ思いで頼み込んで買ってもらったサイクリング車(むかしはこう呼んでいました)に乗って、友達と二人で。友達が乗ってきた自転車は、超弩級業務用自転車(ロッドブレーキ仕様)の鬼のように重いものでした。実家が
魚屋さんだったのですね。

+---------------+
ちなみに、「超弩級」という言葉は、大型戦艦ドレッドノート号の「ど」から採られています。
+---------------+
(つづく)

702: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/09/01(木) 21:56:33.96 ID:Q3Yp+R1D0.net
>>701
つづき)
その晩は、春の心地の良い夜だったそうです。じじいは、木の幹に天蓋(いまのタープシートのようなもの)をはって寝ていました。月が出ていたそうです。夜中にじじいは、目をさましました。とても明るい光が空に輝いていたそうです。月にして明るいな、と思って、この機会にしょんべんをしようと起き上がると、そらに光り物が浮いていました。
それは、楕円体でしたがその物体の厚さはわからなかったそうです。じじいは文学的な才能は皆無でしたが、数学はよくできたようです。少なくとも、中学生の私の数学を教えてくれるほどには。
その物体は、青みがかった朱色(想像できない色です)で、北から南にゆっくりと移動していったそうです。「ちょうどのう、おチヨさんの歩きよる速さやったい」その部落の最高齢記録保持者であるチヨばあちゃんを私も知っていたので、その例えはよくわかりました。
その物体は、無音で飛行しました。なんだろう?とおもって、古い折りたたみ式の望遠鏡で見てみると、その楕円形をしたものには、なにか「顔」のような物が付いていたそうです。
それは無表情で、その楕円形の中を動き回っているように見えました。

+---------------+
ちょっとした模様や自然物にたいして、それが顔だと認識するのは人間の本能で、シミュラクラと呼ばれます。
+---------------+

それはゆっくりと飛行し、太平洋の彼方に消えていったそうです。かなり長いだ見えていたそうです。
じじいは、目撃したその飛翔体のスケッチを描いたそうです。次の日、近くの集落に着いた時にそのような飛行物を見なかったか?とそのスケッチを見せて尋ねましたが、皆いちように「しらんわい」ということでした。
「いや!あれはみまちがいやないで。ようてもおらんかったし。ほんとうにとんどったで」
その時は、「この嘘つき!」と思いますた。
+---------------+
(つづく)

703: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/09/01(木) 22:02:04.25 ID:Q3Yp+R1D0.net
>>702
(つづき)
そのような光り物が飛行したという記録は昔からあるようです。
一番古い記録では、『日本書紀』舒明天皇9年2月(637年)
「大イナル星、東ヨリ西に流ル。スナハチ音有リテ雷ニ似タリ。」古くは飛鳥時代から江戸時代まで、多くの報告が残されています。
+---------------+

註釈:1947年に米国人ケネス=アーノルドは、飛行物体を目撃しましたが、かれは、その「飛び方」について、「フライングソーサー」のようだったと述べました。
フラングソーサーとは、皿を池などの水面に水平ちかくの向きで勢いよく投げて水面をぱんぱんと跳ねながら進ませるあれです。よく平たい石でやったでしょう?
その証言が、「目撃した物体の形もそのようなものだ」と勘違いされて、一般に広がりその後目撃されるUFO(日本語変換するとウホです)は、ほとんど、空飛ぶ円盤として報告されるようになりました。思い込みが先にあって、あとからそれに形状の説明を付け加えていたのですね。そういう意味では、円盤の目撃証言は眉唾ということでしょう。しかし、その目撃事件以前にも、そのような円盤状の乗り物の目撃例があります。しかも、その搭乗員まで目撃され報告されています。しかも、日本で。「うつろ舟」で検索してみてください。
さあ!google検索を必死でやる時がきましたよ。

705: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/09/02(金) 04:15:00.83 ID:QToJ1tua0.net
石爺さんいつも楽しく読ませて頂いています
今後もよろしくお願いします

1001: うしみつ 2032/3/2(火) 04:044:44.44 ID:usi32.com

【朗報】中国の二次美少女画像、日本より可愛い

【悲報】「女子高生1人のための駅」に来る鉄ヲタが迷惑行為wwwwwwwwwww

【悲報】結婚するから創価学会抜けるって言ったら親父がwwwwヤバイwwwwww

【閲覧注意】裏サンデー新連載『辱(にく)』がグロすぎてヤバいと話題に…

うしみつ四コマ漫画更新中!
【急募】以下のオカルト情報の提供をお待ちしています!

元スレ:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1456036738/
01



過去の「石じじい」怪談は以下をご覧ください
そして長らくまとめさせていただいていた石じじい怪異譚
次回で最終回となります





うしみつ関連記事:
【不思議体験】石じじいの語る怪異譚3篇 
【不思議体験】石じじいの語る怪異譚3篇(オヤジ狩り、朝鮮の山奥にて、仙人)

【不思議体験】石じじいの語る怪異譚3篇(海際の軍事施設、鎧武者の屍体、全裸殺人事件)
【不思議体験】石じじいの語る怪異譚3篇(青白い砂、神様をよぶ石、謎の行列) 
【不思議体験】石じじいの語る怪異譚4篇(恐竜の呪い、お化けカマキリ、人面土器、天皇の末裔)
【不思議体験】石じじいの語る怪異譚4篇(米軍のグラマン、巨人、ロシア軍の会話帳、軍の秘密施設)
【不思議体験】石じじいの語る怪異譚2篇(悪魔の船、長白山脈の怪事件)



●「うしみつ」ではみなさんからのネタ提供をお待ちしています●
ブログを見ていただいたみなさんからのネタ提供を募集します。
以下のようなネタがあれば、「うしみつ」にどしどしお送りください。
ネタはブログに掲載させていただきます。

・恐怖体験談、不思議体験談(実体験・創作問わず)
・「うしみつ」でやってもらいたい話題、ネタ(どんなものでも構いません)
・「うしみつ」で調べてもらいたい話題、ネタ(オカルト関連の未確認情報や噂など)
・イラスト投稿
・その他、速報や上記に該当しない様々なネタ


ネタ投稿は usi32@kjd.biglobe.ne.jp へお願いします。
尚、ネタ投稿以外の連絡先は別ですのでご注意ください。

追記①:たくさんのネタ投稿をいただいております。ネタはなるべく一か月以内に掲載させていただきますが、調査依頼など、掲載に時間がかかる物もあります。気長にお考えいただければ幸いです。
追記② :いただいたメールには掲載日までにお返事を送っております。PCからURL込みの返送となるため、設定によってはお手元に届いていない可能性があります。ご了承ください。