z0311
709: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/09/02(金) 11:44:37.63 ID:9KrifYIz0.net
石じじいの話です。 

みなさんは、浦島太郎の物語を知っていますか?とうぜんでしょう。日本人によく親しまれている伝承の物語ですね。それに似た話です。 
この物語の原型は古く、『日本書紀』に、雄略天皇二十二年(478)の七月に「丹波国の余社郡管川の人瑞江の浦島の子」が海に出たときに大亀を釣り上げたが、それが女に変身して、契りを交わして二人で海に入って蓬莱山(とこよのくに)に入ったと記されています。また、『日本後紀』(これも勅撰正史です)にも、その事件から347年後の淳和天皇天長二年(825)に浦島子(うらしまこ)が帰ってきた、と記されています。そこには、乙姫さまや竜宮城は出てきません。 
これらは、あとから付け加えられたのですね。 

石じじいは、石を求めて海岸部も広く歩き回りました。海岸は波に洗われて岩石がよく露出していたからです。その日も、石探しをしていましたが、きつい岩場を乗り越えて小さな砂浜に降り立ったときに、じじいは自分の犯した誤りに気づきました。
潮が満ちている。帰れない。この砂浜から出られない。
砂浜は、両方を
大きくそびえ立った岩場に囲まれていて(その一方をじじいが渡ってきたのですが) 
後背には、急峻な山が迫っていました。しかし、砂浜の奥行きはあり奥の方に木が生い茂っていたので、そこで一泊することにしました。
夕日が海に落ち始めて
これから山を登ると危険だったからです。その茂み(林)に入っていくと、そこには庵があって人がいました。みすぼらしい着物をきた老人でした。 
老人は、じじいを見ると喜んで手を取って涙を流したそうです。老人は、いろいろと話しかけてきましたが、しゃべっていることがまったく理解できません。 
こちらが言うことは理解するようです。じじいは、得意な朝鮮語、かたことのロシア語
酒のみ友達に教えてもらった琉球語、大阪弁、賄いのおばさんがしゃべっていた東北弁の知識を総動員して理解しようとしましたが、一言も理解できなかったそうです。 
老人は、はっ!と気がついたような反応をして、急に理解できる日本語を喋りはじめました。じじいは、安心して庵の外で老人と話し始めました。 
(つづく)