2d0a376a

消えた過去記事復活掲載について
最近「過去記事が大量に消えていますが、どこにいったのですか?もう読むことはできないのですか?」といった内容のお問い合わせをいただいています。
かつてサイト移転をした際、 新たなレイティングに合わせて幾つかの記事をお蔵入りにしました。皆さんからいただいたコメントも一緒に消えてしまっている為、非常に申し訳ない気持ちで居たのですが…この際、幾つかの記事はちょこっと手を加えて当時のコメントをそのままに復活させることにしました。
本来の記事の邪魔をしないよう平日の深夜帯、時事性の無い記事のみに絞って少しずつ復活掲載させていただきますので、ご了承ください。
モス男、金子たちが居ない時期の古ーい記事もありますので、懐かしむ気分で楽しんでいただければ幸いです。
145: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 08:36:43.40 ID:UiE56NoV0.net
父子家庭で父が忙しく、休日も一人でお留守番が多かった私。 

低学年の頃、体がすごくダルいから昼寝しようとおもって横になった。 
すっごく眠くて、深く息を吸ったときに胸がふわー?だかスーっとだか、とにかくすごく気持ちいい感覚になった。 
それが楽しくて、しばらく深呼吸して遊んでたと思う。 
そしたら、足の指の先から太ももの付け根にかけて誰かの手で触られる感覚がしてびっくりしたんだけど、深呼吸してた気持ちいいふわふわ?スー?の感覚から抜け出せない。 
触られるっていうのも、指でさわられるんじゃなくて空気で触られる?感じ。 
息吹き掛けられてるみたいな。 
怖くなくて、逆にぞわぞわしてなんだか気持ちよくて身を任せて触られるのを楽しんでた。 
足を這いずってた感覚が段々と移動してきて、股間を触られたとき、恐怖感が一気に襲ってきた。 
怖いってそこではじめて思った。 
ズボンはいてたと思うんだけど、割りとダイレクトにそわそわ~って触られる。 
これは絶対にだめなやつだ!って本当に怖かった。焦った。 
どうにか起きなくちゃと思って一生懸命起きようとするけど、体がビキビキ固まってて動かない。目だけは動く。 
こりゃ気合いだ!と自分に渇を入れて、大きく息を吸った。で、そのまま心のなかでうおおおおおおおって叫びながら思いっきり起き上がった。 

まわりには当然誰もいなくて、私ひとりだけ。 
怖くて仕事中の父に電話した。 
忙しくて電話に出なかったけど。 
とりあえずテレビをつけて、なるべく面白そうな番組を選び、カルピス作ってお菓子持ってきて食べた。 
しばらくしてから父から電話がかかってきたけど、その頃には恐怖心も薄れててなんでもないって言って電話切った。 

どこかでエロい事考えると幽霊が寄り付かないって見たけど、絶対に嘘だと思ってる。 
幽霊にもエロいやつは必ずいると思う。