1: ニライカナイφ ★ 2016/07/08(金) 17:53:45.30 ID:CAP_USER9.net
◆テーマパーク“方舟との遭遇”が完成 ケンタッキー

ケンタッキー州ウイリアムズタウンで建設中だったノアの方舟を題材にしたテーマパーク「アーク・エンカウンター(方舟との遭遇)」が完成、7月5日に報道関係者に公開された。
同テーマパークはキリスト教の団体によって運営され、聖書に記載された事柄はすべて真実であるとのコンセプトの元、ノアが方舟に招いたとされる動物などが再現されている。
実際にオープンするのは7月7日。

写真:完成した”方舟との遭遇”全長は510フィート(約155.5m)
no title

no title


その他写真:
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title


産経フォト 2016.7.8 06:00
http://www.sankei.com/photo/story/news/160706/sty1607060013-n1.html
ノアの方舟
ノアの方舟(ノアのはこぶね、英語: Noah's Ark)は、旧約聖書の『創世記』(6章-9章)に登場する、大洪水にまつわる、ノアの方舟物語の事。または、その物語中の主人公ノアとその家族、多種の動物を乗せた方舟自体を指す。神は地上に増えた人々の堕落(墜落)を見て、これを洪水で滅ぼすと「神と共に歩んだ正しい人」であったノア(当時500~600歳)に告げ、ノアに箱舟の建設を命じた。
箱舟はゴフェルの木でつくられ、三階建てで内部に小部屋が多く設けられていた。箱舟の内と外は木のタールで塗られた。ノアは箱舟を完成させると、妻と、三人の息子とそれぞれの妻、そしてすべての動物のつがいを箱舟に乗せた。洪水は40日40夜続き、地上に生きていたものを滅ぼしつくした。水は150日の間、地上で勢いを失わなかった。その後、箱舟はアララト山の上にとまった。
40日のあと、ノアは鴉を放ったが、とまるところがなく帰ってきた。さらに鳩を放したが、同じように戻ってきた。7日後、もう一度鳩を放すと、鳩はオリーブの葉をくわえて船に戻ってきた。さらに7日たって鳩を放すと、鳩はもう戻ってこなかった。
ノアは水が引いたことを知り、家族と動物たちと共に箱舟を出た。そこに祭壇を築いて、焼き尽くす献げ物を神に捧げた。神はこれに対して、ノアとその息子たちを祝福し、ノアとその息子たちと後の子孫たち、そして地上の全ての肉なるものに対し、全ての生きとし生ける物を絶滅させてしまうような大洪水は、決して起こさない事を契約した。神はその契約の証として、空に虹をかけた。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ノアの方舟

no title