1: ニカワ ★ 2016/09/09(金) 02:54:18.89 ID:CAP_USER9.net
B・M・マクシーモフ画「農民の婚礼にやって来た呪術師」1875年。招かれざる呪術師が突然、結婚式の場に姿を現した場面。不幸の予感におびえる人々の様子が描かれている。
no title

「ユーラシア文化サロン 現代ロシアの呪術とキリスト教」と題した講演が7月23日、大阪府中央区の日本ユーラシア協会大阪府連で行われた。日本ユーラシア協会は、1957年に日ソ親善協会として設立され、1992年に改称してロシアとの民間交流を行っている。

講師は、神戸市外国語大学准教授でロシア文化研究者の藤原潤子さん。藤原さんは、文化人類学的な手法でロシア研究を行い、これまでロシア北西部や東シベリアの調査を行ってきた。『呪われたナターシャ:現代ロシアにおける呪術の民族誌』(人文書院、2010年)、『水雪氷のフォークロア:北の人々の伝承世界』(勉誠出版、2014年、共編著)、『シベリア:温暖化する極北の水環境と社会』(京都大学学術出版会、2015年、共編著)などの著作がある。

藤原さんは、ロシアの文化研究の一環としてロシアの民間信仰や呪術についての研究を行い、2002年から06年にかけて、北ロシアでフィールドワークを行ってきた。現地で研究交流をする中でロシアアカデミーの研究者も呪術を信じていることを感じ、そこから強い興味を持ったという。

ソ連時代、共産党の無神論プロパガンダ政策にも携わっていたロシアアカデミーの研究者から「呪術調査にはモラルが大切だ。集めた資料を活字にすると悪用する人が出てくる。よく考えるべきだ」と多くの「呪い」の事例を説明され、呪術が今でも生きていることを痛感したという。そしてなぜ呪術のような「迷信」がリアリティーを持つのか、どのように受け止められているのかについて調査を行ってきた。


■ロシアにおける呪術の歴史と現代のブーム

歴史的には、中世から17世紀までは、ロシアでは社会のどの階層でも呪術のリアリティーが信じられており、宗教的・刑事的な罪として死刑になることもあった。18世紀になると呪術の「迷信」化が始まったが、刑事罰としては規定されているというパラドシキカルな状態だったという。

19世紀から20世紀初頭になると、社会の上層部では迷信、貴重な民族的な文化遺産と見なされるようになったが、社会の下層部ではリアリティーを持って信じられていた。

ソ連時代には社会主義建設の障害として迫害の対象となり、無神論政策の下、呪術も宗教も「リアリティーがない」「呪術や祈りは効かないのにそれで金もうけをしている」とモラルの観点からも批判され、代わりに科学的世界観が打ち立てられ、教育、農業、医療などあらゆる分野で呪術を排して科学的な手法が推進された。

大きな影響力があった正教会は、教会の破壊、司祭の逮捕などの迫害が行われた。呪術も神の力を用いて行っていると考えられ、同様の迫害を受けた。しかし、社会の片隅では呪術を信じている人々が常にいたという。そしてソ連崩壊後に生じた精神的空隙や経済的困窮の中で、宗教の復権にリンクしてオカルトブームが広まり、近年は特にメディアを通じて影響力を非常に増しているという。

■呪術の特徴とキリスト教(正教)との融合

文化人類学では「何らかの目的のために、超自然的・神秘的な存在、あるいは霊力の力を借りてさまざまな現象を起こさせようとする行為、および信仰・観念の体系」と定義される。ジェームズ・フレイザー(1854~1941、『金枝篇』などで知られる民俗学者)は、呪術の特徴として藁(わら)人形・雨乞いなど同じ行為をすれば同じ結果がもたらされるという「類似の法則」と、「髪・爪・衣服などを使い一度離れても神秘的な影響を及ぼし続ける」というような「接触の法則」を挙げた。ロシアの呪術の目的としては恋愛や、病気の治療、農作物の収穫を願うものなどさまざまなものがあるという。

ロシアの呪術はキリスト教(正教)との混合物という特徴があるという。ロシアでキリスト教が導入されたのは10世紀だが、それ以前からあった自然崇拝が混合しているといい、呪術研究は民間キリスト教研究ということもできるという。

教会の公式見解では、いかなる呪術も悪魔の力として禁止されているが、一般の人々の間では、呪術には2種類あり、いい目的のための「白呪術」は神の力であり、「黒呪術」は悪魔の力を借りた呪いや罪であると信じられているといい、呪術による治療を多くの人々は、「神様の力を借りて治療するのだ」と信じているという。

以下ソース
http://www.christiantoday.co.jp/articles/21983/20160908/magic-russia-fujiwara-junko-1.htm

42: 名無しさん@1周年 2016/09/09(金) 14:39:53.05 ID:xVVvJh370.net
ロシアの悪魔払いには引いたわ
まさに集団妄想


5: 名無しさん@1周年 2016/09/09(金) 03:03:02.71 ID:j6p2ePam0.net
精神的に弱ってると宗教にハマるよなぁ
それか逆に宗教を目の敵にするか

7: 名無しさん@1周年 2016/09/09(金) 03:23:18.33 ID:YrTVvaXR0.net
自分ではどうしようもない窮地に立たされ続けられた場合、危ないのよね。
逃れたい一心で嵌まる。

10: 名無しさん@1周年 2016/09/09(金) 03:59:51.09 ID:NDOCW46M0.net
まあ、呪術は日本にもあるしな。
昔も今も。

15: 名無しさん@1周年 2016/09/09(金) 04:19:27.03 ID:Fm1NtmtX0.net
明治政府は霊感商法など江原啓之みたいなの禁止したんだけどな
警察の取り締まりの対象だった。

千里眼の御船 千鶴子など、同時日本で流行し熱中し過ぎて収拾つかなくなったのが原因なんだけど
no title

千里眼事件
千里眼事件(せんりがんじけん)とは、明治末の社会状況、学術状況を背景として起きた、千里眼・念写の能力を持つと称する御船千鶴子や長尾郁子らが、東京帝国大学の福来友吉や京都帝国大学の今村新吉らの一部の学者と共に巻き起こした、公開実験や真偽論争などの一連の騒動のことである。
熊本生まれの御船千鶴子が「千里眼」能力の持ち主として注目されるようになったのは、明治42年(1909年)、23歳の時のことである。その能力を見出したとされるのは、自身が催眠術による心霊療法を行なっていた、義兄の清原猛雄であり、千鶴子は実家を出て清原家で千里眼による体内透視の「治療」を、前年より行なうようになっていた。
最初に千鶴子を取り上げたのは、明治42年8月14日付の『東京朝日新聞』である。「不思議なる透視法」として、千鶴子が、京都帝国大学の前総長であった木下広次の治療を行なったことを報じている。実際に千鶴子の透視能力を直接に実験したのは、今村新吉である。
明治43年(1910年)2月19日、熊本を訪れた今村が、カードを用いた透視実験を行い、高い的中率を得た。同年4月9日には、福来友吉と今村の二人で熊本を訪れ、より厳重に封印されたカードを用いて実験が行なわれたが、この時は失敗した。しかしその後、方法を変えて実験を行なうと、的中した。4月25日には、東京に戻った福来が、東京帝大内で実験報告を行い、一躍脚光を浴びるようになった。
同年9月14日には、上京した千鶴子たちと福来らによって、当代の諸科学者たち、ジャーナリストらを集めた公開実験が行なわれた。が、その結果は、試験物のスリ替え事件によって、問題の「千里眼」能力の真偽に対する答えを出せないままに、話題性だけが一人歩きする形で幕を引くこととなった。
翌9月15日、9月17日に少数の関係者を集めて、千鶴子の得意な方法で行なわれた再実験では、好結果が出たが、集まった学者たちの反応も、一歩下がった立場からの冷めた論調に終始した。その一因として、千鶴子の場合、「千里眼」による透視実験を行う際に、余人の同室を固辞し、また、ふすま越しに隣室からの同伴を認めた場合でも、終始、千鶴子は背を向けた形で座り、壁や障子などに向かって実験を行なったため、問題の千鶴子の手元が臨席者の目に触れることがなかったため、福来らの能力を信奉する立場の者たちにしても、その疑惑を払拭(ふっしょく)することができなかったことが挙げられる。
結局、千鶴子は熊本に帰った後、明治44年(1911年)1月19日に自らの命を絶ってしまう。その死の前後に、長尾郁子の事件が報道されたことから、死後の千鶴子に関しても世間からの非難が集まることとなってしまった。
この結果、超能力者達の研究に携わった科学者達もマスメディアの攻撃対象になったため、ついに研究者達は「千里眼は科学に非(あら)ず」という見解を公表した。この一方的な終結宣言によって事件は、幕引きを迎えることとなった。


https://ja.wikipedia.org/wiki/千里眼事件
19: 名無しさん@1周年 2016/09/09(金) 05:24:51.04 ID:sR45LOkv0.net
>現地で研究交流をする中でロシアアカデミーの研究者も呪術を信じていることを感じ、そこから強い興味を持ったという。
妖怪も普通に信じられているからな。
うちの婆ちゃんも理系の研究者なのに地元の伝承の河童や山の神の実在を信じていたけど。

21: 名無しさん@1周年 2016/09/09(金) 05:26:16.22 ID:ro+W5d0c0.net

怪僧ラスプーチンとか写真すごいよね、見るからにオーラの半端なさを感じる
ロシア語の先生が留学中冬にアルコール飲み過ぎて行き倒れたおっさんの死体がそのまま道に放置されたままであるときいたことがある
まあ寒くないから腐りにくいしね
no title

グリゴリー・エフィモヴィチ・ラスプーチン
グリゴリー・エフィモヴィチ・ラスプーチン(1869年1月9日 - 1916年12月30日(ユリウス暦12月17日))は、帝政ロシア末期の祈祷僧。シベリア、トボリスク県ポクロフスコエ村出身。奇怪な逸話に彩られた生涯、怪異な容貌から怪僧・怪物などと形容される。
ロシア帝国崩壊の一因をつくり、歴史的な人物評はきわめて低い反面、その特異なキャラクターから映画や小説など大衆向けフィクションの悪役として非常に人気が高く、彼を題材にした多くの通俗小説や映画が製作されている。
ラスプーチンは皇后はじめ宮中の貴婦人や、宮廷貴族の子女から熱烈な信仰を集めるようになる。彼が女性たちの盲目的支持を得たのは、彼の巨根と超人的な精力によるという噂が当時から流布しており、実際に彼の生活を内偵した秘密警察の捜査員が呆れ果て、上司への報告書に「醜態の限りをきわめた、淫乱な生活」と記載するほどであった。しかし、貴族たちは次第にラスプーチンが皇帝夫妻に容易に謁見できることに対して嫉妬心を抱くようになった。


https://ja.wikipedia.org/wiki/グリゴリー・ラスプーチン
23: 名無しさん@1周年 2016/09/09(金) 05:30:29.15 ID:aok/kOcvO.net
ふーむ
色々変化があったのはソ連時代なのか
旧ソが超能力研究に国費を注ぎ込んでた理由がなんとなく解った
でも宗教と同じで神秘主義に変わりは無いようなw

31: 名無しさん@1周年 2016/09/09(金) 07:39:57.72 ID:Vy6wzX9k0.net
わからんでもない

うちの嫁も、悪いことが続くと、「厄年だからだよ、厄払いしなきゃ」って神社に行く

32: 名無しさん@1周年 2016/09/09(金) 07:57:33.64 ID:VLQ36wga0.net
うそつけ
ロシア人は幸福でも酒に走るだろ

35: 名無しさん@1周年 2016/09/09(金) 09:46:35.65 ID:Lb/myQKe0.net
ロシア人は、何もなくても酒に走る

41: 名無しさん@1周年 2016/09/09(金) 11:23:10.00 ID:7MhOSo1f0.net
宗教の場合もあるが、男や占い師にはまる場合やアイドルにはまる場合もある。
もうそれが心の隙間を埋める別のよりどころであり信仰みたいなもんだ。
男も二次元を信仰する奴もいるな。皆が酒を飲めるわけじゃないし

1001: うしみつ 2032/3/2(火) 04:044:44.44 ID:usi32.com

たまには死後の世界を真剣に考えてみようぜ

【ラスボス】メリー喜多川さん(89)の御尊顔wwwwwwwwww

【衝撃】闇が深い未解決事件ランキングwwwwww

「描写が残酷」…裏サンデーのWEB漫画「辱(にく)」が公開中止に

うしみつ四コマ漫画更新中!
【急募】以下のオカルト情報の提供をお待ちしています!

元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1473357258/
07




ロシア人がオカルト好きってのは
「ロシアの声(現スプートニク)」見てたらわかるよなぁ…





●「うしみつ」ではみなさんからのネタ提供をお待ちしています●
ブログを見ていただいたみなさんからのネタ提供を募集します。
以下のようなネタがあれば、「うしみつ」にどしどしお送りください。
ネタはブログに掲載させていただきます。

・恐怖体験談、不思議体験談(実体験・創作問わず)
・「うしみつ」でやってもらいたい話題、ネタ(どんなものでも構いません)
・「うしみつ」で調べてもらいたい話題、ネタ(オカルト関連の未確認情報や噂など)
・イラスト投稿
・その他、速報や上記に該当しない様々なネタ


ネタ投稿は usi32@kjd.biglobe.ne.jp へお願いします。
尚、ネタ投稿以外の連絡先は別ですのでご注意ください。

追記①:たくさんのネタ投稿をいただいております。ネタはなるべく一か月以内に掲載させていただきますが、調査依頼など、掲載に時間がかかる物もあります。気長にお考えいただければ幸いです。
追記② :いただいたメールには掲載日までにお返事を送っております。PCからURL込みの返送となるため、設定によってはお手元に届いていない可能性があります。ご了承ください。