pic_07

852: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/02/16(月) 15:22:41.87 ID:Sq9BogpH0.net
オカ板的ではないけど。 

小学生の頃、クラスの友達数人が「今日はおじさんの日」と話していた。 
その数人は同じ団地に住んでいて、その団地の子だけに月に一度 
お菓子を好きなだけ買ってくれるおじさんが現れるという。 
「一緒に来いよ」と言われるが、知らない人に何か買ってもらうのは 
良くないし、同じ団地じゃないから…と断った。 
結局「黙ってれば大丈夫だから!」と強引に連れて行かれた。 

団地内の公園に着くと子供が20人ぐらい集まっていて、その中心に 
日本人離れした長身に、口ひげをはやした「紳士」という感じのおじさん。 
「そろそろ行きましょうか…」と歩きかけたところで、俺に気付いた。 
「君はここの子じゃないね。○丁目の○田さんだね。」と言い、父親の 
勤め先まで知っていた。 
「君はダメだね。…悪いね。」と言って他の子たちを連れて行った。 
なんとなく内心ホッとしていた。 

そのしばらく後の「おじさんの日」、団地の子だけが放課後残された。 
「おじさん寂しがるから、今日は行けないと伝えてほしい」と言われ 
なんとなく気がすすまなかったが、団地へ行った。 
団地の入り口にパトカーが数台停まっていて、俺はそこで警察に 
「ちょっと今入れないから」と止められた。 
少し待っていたら、例のおじさんが腕に上着をかけられて 
パトカーに乗せられて行った。