e1c79c5e-s-480x478-1-480x478
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/15(木) 00:33:47.102 ID:SFgXuxda0.net
訪ねてきました
がなんだかんだ一番印象に残ってる
no title

ほんとにあった怖い話
『ほんとにあった怖い話』(ほんとにあったこわいはなし)は、学校の怪談など、本当に起こった(とされている)怖い話を集めた朝日新聞出版刊のホラーコミック。および、それを基にしたフジテレビのテレビドラマ。通称「ほん怖」。
この番組は『真夏の恐怖ミステリー ほんとにあった怖い話』として『金曜エンタテイメント』枠で1999年夏に放送されたのが最初だった。これはフジテレビ後藤博幸プロデューサーがオリジナルビデオ版『ほんとにあった怖い話』(下記参照)を高く評価して企画・監督・脚本の鶴田法男に連絡を取ったことが発端だった。二人は当初、深夜の低予算番組として企画していたが、フジテレビ・ドラマ部の当時の部長だった亀山千広がゴールデンタイムの企画にするよう英断をくだしたことで『金曜エンタテイメント』枠での放映となった。(出典:鶴田法男WEBSITE/『ほん怖』10周年・回想録)
その後2004年1月に3 - 5話程度のオムニバスショートドラマを放送、小学生中心の6名「ほん怖クラブ」らが館で話の内容を分析するという内容になり、毎週のレギュラー放送(1月 - 3月のみ)となった。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ほんとにあった怖い話