57f1f145

1: ミドルキック(庭)@\(^o^)/ 2015/02/18(水) 16:10:18.56 ID:oCuTI5lO0.net BE:595621929-PLT(15000) ポイント特典
ジブリのアニメーション映画『となりのトトロ』は、老若男女が楽しめる国民的作品になっています。
誰が見ても心がなごむ、素晴らしい作品といえるでしょう。

・内容があまりにも意味深
そんな『となりのトトロ』のワンシーンに、『三匹のやぎ』という絵本が登場します。どこに登場するかは、
実際に作品を見て確かめてみてください。しかしこの絵本、内容があまりにも意味深すぎて、
「トラウマになった(笑)」や「ひでえ!」という声が出ているのです。

正式名称は『三びきのやぎのがらがらどん』といい、もともとはノルウェーの昔話として言い伝えられていた作品です。「がらがらどん」という名のやぎが3匹登場し、身体の大きさが大、中、小と違います。名前だけ同じです。

・やぎの前にトロールが現れた!
がらがらどんたちは、太るために山の上の草を目指して移動します。その道中、トロールという巨大なモンスターに出くわし、小と中のやぎは「あとからもっと大きいやぎがくる」と言って見逃してもらいます。トロール、けっこう優しい!

・トロールがバラバラに砕け散る!!
しかし最終的に、大やぎのハリケーンミキサーばりの攻撃により、トロールはバラバラに砕け散って死んでしまいます。
「欲張ると悪いことになるよ」という教訓かもしれませんが、あんまりです。読者からは「小さいやぎも食ってしまえばよかったのに」という声もありますが……。

・トトロを見たときに「トトロ!」と言った理由!?
『となりのトトロ』の熱狂的なファンの推測では、めいちゃんがトロールの存在を絵本を読んで知っており、
トトロを見たときに「トトロ!」(トロール!)と言ったのではないかという説があります。
それにしても、トロールの最後は凄まじいですね……。『三びきのやぎのがらがらどん』は、いま現在も根強い人気で読まれ続けています。名作ですので、ためしに読んでみてはいかがでしょうか?

http://buzz-plus.com/article/2015/02/18/totoro/

61SG4ZF0HPL

7garagaradon1

20130912_553188