1: 頭突き(catv?)@\(^o^)/ 2015/02/28(土) 19:20:08.54 ID:10KBa2rp0.net BE:748032719-2BP(6777)
 2ちゃんねるを発祥とするネット怪談の中でも屈指の人気を誇る「師匠シリーズ」が、2016年に映像化されることがわかった。
実写映画・テレビドラマ・テレビアニメ化を含む一大プロジェクトとなり、特撮ドラマ「仮面ライダー鎧武/ガイム」で知られる若手俳優・高杉真宙をイメージキャラクターに起用。
霊感を持つ大学の先輩「師匠」に導かれ、さまざまな心霊現象に遭遇することになる主人公を演じる。
 「師匠シリーズ」は、2003年に2ちゃんねるで発表され、現在までに100話以上がネット上に投稿され続けている実話系短編オカルトホラー小説。田舎から出てきた大学1年生の主人公「ウニ」を語り部に、彼がサークルで出会った霊感を持つ先輩「師匠」に導かれながら都市伝説や心霊現象を体験していく姿をつづる。
単なる怪談にとどまらない謎に満ちた物語や個性あふれる登場人物が人気を呼び、2013年10月からヤングキングアワーズ(少年画報社)でコミカライズされ、2014年1月には双葉社で書籍化もされた。
 そんな人気作の映像化プロジェクト第1弾として、まずは2016年に実写映画を劇場公開。テレビドラマとテレビアニメも同年に放送される。
劇中では、実写とアニメのコラボレーションも試みられるといい、高杉は、「僕はアニメが好きなので、実写とアニメがコラボするこのプロジェクトのイメージキャラクターとして参加できた事をとても嬉しく思っています」と歓喜。
 一方、原作者のウニは「10年以上前、孤独にネットの海の底で怖い話のようなものをブクブクと呟いていたとき、それがだれかの耳に届いているのか、わからないままでした」と振り返りながら、「映画化のお話をいただいたのは書籍にも漫画にもなる前のことでした。そのときにはまったく現実感がありませんでした。それがいま、現実になろうとしていることに驚いています。その驚きとともに、言葉という泡の力を感じているところです。まだこれから多くの方のお力添えが必要だと思います。なにとぞよろしくお願いいたします」
と喜びを語っている。
 監督は『ねらわれた学園 THE MESSIAH FROM THE FUTURE』『ナナとカオル』の清水厚。「学校の怪談」「ウルトラマンティガ」などの小中千昭が脚本を手掛ける。

ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150228-00000018-flix-ent
師匠シリーズ
師匠シリーズとは、2chの洒落怖スレにおける人気シリーズである。創作物。
主人公兼語り部の「ウニ」と、彼が大学で出会ったオカルト道の「師匠」を中心に、様々な怪事件を描くシリーズ。個性的かつ魅力あふれる登場人物達や、単に怖い話だけに留まらない物語自体のクオリティの高さなどが読者にウケて人気を博している。
2003年頃から投稿され始め話数は百を超えており、読み応え抜群。
各話は断片的に語られており、時系列に沿って投稿されることは少ない。そのため、 意外なところで話がつながっている作品も多く、「あの時のこの話が、後のこの話の布石になっている」という場面も多い。だが、重要な部分は未だ不鮮明であり謎は尽きない。
シリーズ開始当初は洒落怖スレに投稿されていたが、近年ではpixiv限定の投稿も多い。また作者自身による同人誌も発刊されており、ウェブ未投稿の話も掲載されている。
2013年には少年画報社発行のヤングキングアワーズ12月号からコミカライズがスタート。作画は片山愁。タイトルは「師匠シリーズ~師事~」となっている。そして2014年1月、双葉社より満を持してソフトカバーで書籍化された。


http://dic.nicovideo.jp/a/師匠シリーズ