9897eaf5

407: 本当にあった怖い名無し 2015/02/28(土) 20:14:55.35 ID:XQLlYFVF+
何かほんのりに書き込んだけどこっちな気がするから再投下

30年近く前に、庭師のバイトをしたときに親方さんから聞いた話。

九州の南の方のK町の出身の人だったんだけど、その人の通学路に使ってた道は獣道みたいな感じで、いつも山の中を通って学校に行ってたらしいんだ。
(実際にその道を通って実家にお邪魔したけど、本当にコンクリ鋪装とかもなくまさに山だった)
んで、ある日、小学生だった親方が一人で帰ってたら、大人位の大きさのでっぷり太ったネズミが二本足で立ってて、その周りを普通~子猫サイズのネズミみたいなのがクルクル廻って遊んでた?らしいのよ。

んで親方も、まだ小学生だしネズミの妖怪だ!ってなってそっときた道を戻って武器になりそうな小石やら棒やらを拾ってまたネズミ妖怪のいた当たりに戻ったら、もう居なくなってたんだと。