1: ストレッチプラム(東京都)@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 17:17:59.56 ID:QToRivFQ0.net BE:416336462-PLT(12000) ポイント特典
普段何気なく生活をしていても、突如死に至るかもしれない。そんな恐怖を抱えて生きているのが、“アジソン病”を患った少女、ジェニファー・ロイドだ。
アジソン病とは、副腎皮質ステロイドの産生が低下する症候群のことをいう。

簡単に言うと、副腎から分泌されるアドレナリンを作ることができず、少しのショックやストレスを受けただけでも臓器の機能が停止してしまう病気のこと。彼女はショック状態に陥ると、迅速な治療を受けなければ嘔吐をもよおし、意識を失い、最悪死に至ってしまう。
極端な話をすれば、ホラー映画を観ただけでも命を落とす危険があるのだ。
ジェニファーが抱えるアジソン病は学校生活にも支障をきたす。試験期間中は非常にストレスが溜まるため、1時間机に向かったら、2時間の休憩が必要になる。そのため、他の生徒より数週間前から試験の準備を始めなければならない。
彼女には児童心理学者になりたいという夢があるのだが、「この病気のために試験勉強をするのがとても難しい」と語っている。
アジソン病には先天性と後天性のものがあるが、その症例のほとんどは後天性のもの。しかしジェニファーは、これまでにたった数十件しか報告されていない先天性によるものだ。ジェニファーがアジソン病を患っていると判明したのは7歳のころ。それ以来、彼女の母親は常にジェニファーから目を離さずに過ごしてきた。
ジェニファーが大好きな映画「ハリーポッター」に大きなクモが出てくるシーンがあれば、そのクモが本物ではないことを言い聞かせて彼女を安心させてきた。母親はジェニファーについて、「彼女はアジソン病との付き合い方について、多くのことを学んできたの。そんな娘を本当に誇りに思うわ」と語っている。

以下そー
http://tocana.jp/2016/09/post_10959_entry.html
no title

no title

no title

no title
慢性原発性副腎皮質機能低下症
慢性原発性副腎皮質機能低下症(まんせいげんぱつせいふくじんひしつきのうていかしょう)とは、副腎における副腎皮質ステロイドの産生低下を示す症候群。アジソン病(アジソンびょう、英: Addison's disease)とも呼ばれる。
後天性の原因としては結核、自己免疫による副腎萎縮、悪性腫瘍の副腎転移、出血、感染症などによる病変がある。 先天性副腎低形成(先天性アジソン病)は極めて稀で、これまでに数十例の報告があるにすぎない。
副腎皮質ステロイドはコレステロールを主な原料とし、下垂体からの副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)により分泌・調節されている。調節の経路は、視床下部から副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRH)が分泌され、下垂体から副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)が分泌され、副腎で副腎皮質ホルモンが分泌されるといった順序である。副腎皮質ステロイドの低下によって多彩な症状が引き起こされてくる。副腎皮質の90%以上が破壊されると、慢性的な脱力、易疲労、全身倦怠感、筋肉の脆弱化、吐き気、嘔吐、便秘、下痢、体重減少、低血糖、高カリウム血症、低ナトリウム血症、腹痛などの症状が出る。皮膚の色素沈着。特に日光の当たる部位や摩擦が加わる部位に多く見られる。副腎皮質におけるアンドロゲンの生成も行われなくなり、特に女性で腋毛、陰毛の消失がみられる(男性は精巣でアンドロゲンが生成されるため、起こることはまれである)。体内のナトリウムイオンとカリウムイオンのバランスが崩れるので重症の場合、心停止を起こして死ぬこともある。
アジソン病の初期では副腎皮質の障害が軽度なので、ホルモンの分泌も生活に支障を来さない程度に保たれています。自覚症状もはっきりしたものではなく、気がつかないことがほとんどです。しかし、この状態の時に、けが、発熱などで強いストレスがかかった場合、急性副腎不全を来して危険な状態になることがあります。


https://ja.wikipedia.org/wiki/慢性原発性副腎皮質機能低下症
アジソン病(慢性副腎皮質機能低下症)とはどんな病気か|gooヘルスケア