no title

1: 頭突き(東京都)@\(^o^)/ 2016/10/01(土) 01:12:52.66 ID:EBrOezXl0.net BE:416336462-PLT(12000) ポイント特典
ホピ族には先祖から口述で伝えられている「ホピの予言」がある。
伝承によれば、現在の我々の文明は第4の時代(Fourth World)であり、先の3つの文明は“火”と“氷”、それに“水”によって滅ぼされたということだ。一説によると“火”とは火山の同時噴火による大災害であり、“氷”とは氷河期、“水”は大洪水であるといわれている。そして現在の第4の時代も、終わりに近づいているということである。
1958年、アメリカ人聖職者のデイビッド・ヤング氏がホピ族の長老である「ホワイト・フェザー(白い羽)」から、ホピ族に伝わる9つの予言を聞かされた。前述の通り、そのうち8つはすでに現実のものとなっており、問題は9番目の予言である。ちなみに的中した8つの予言とは下記の通りだ。

1.白い肌の人間の到来
   ヨーロッパ人によるアメリカ大陸の発見と進出のこと。
2.満ち溢れる回転する車輪の声(音)
   最初は馬車、後に自動車が走り回る様子のこと。
3.バッファローに似た角が生えた獣の流入
   牧畜のために持ち込まれたヨーロッパ産の牛のこと。
4.鉄のヘビが大地を横切る
   鉄道のこと。
5.巨大なクモの巣が大地に張りめぐらされる
   電線や電話線のこと。
6.“石の川”が大地に交錯する
   舗装道路のこと。特に高速道路。
7.海が黒く変色し多くの生物が死滅する
   2010年のメキシコ湾原油流出事故のことであるといわれている。あるいはタンカーによる原油の海洋流失事故全般。
8.長髪の若者がやってきて部族の生活と知恵を学ぶ
   1960年代~70年代の“ヒッピー・ムーブメント”のことであるといわれている。

8つの予言はすでに過去のものとなったが、9番目の予言が実現する日が近づいているという。では、その予言とはいったいどんなものなのか。

いかそー
http://tocana.jp/2016/09/post_11046_entry.html

9. 天上にある天国の居住施設が地球に落下し衝突する。

その時には青い星が現れて、その後ホピ族の儀式は幕引きとなる。
“ホピ族の儀式”が終わるということは、この世が終わるということだろうか。
そして“天国の居住施設”と聞いて不気味に思えるのは、先日発表された中国の宇宙ステーション「天宮一号」が現在制御不能な状態にあり、2017年の後半に地球に落下すると見込まれていることだ。