f0075075_15473948

445: 雷鳥一号 ◆jgxp0RiZOM @\(^o^)/ 2015/03/14(土) 22:02:02.18 ID:+HEk25wv0.net
友人の話。 

親戚の持山で作業を手伝っていた折、休憩して煙草でも吸うことにした。 
何口か吸ったところで、後ろの藪から唸り声が聞こえてきた。 
何かいるのかと振り返ると、いきなり「バシャッ!」と水を掛けられた。 
これが結構な水量で、全身がズブ濡れになる。 

「誰だっ!?」 
あまりのことに怒鳴り声を上げたが、藪中には誰もいない。 
おかしい、振り向いてからこっち、藪から目を離してはいないのだが。 
動く者があれば、即座に気がつく筈なのに。 

結局、悪戯の犯人は見つからなかった。 
後で合流した親戚に愚痴ると、こんなことを言う。 
「あぁ、あそこでモク(煙草)吸っちゃ駄目だよぅ。 
 御免御免、注意しとくの忘れとった」 

詳しく聞いても、ただ「あそこには煙草ヤニを嫌う何かが居る」とだけしか 
教えてくれなかった。 
というか、その親戚自身もそれについて詳細は知らない様子だ。 

「うちの男共は皆、少なくとも一回はあそこで水をぶっ掛けられてるんよ。 
 相手は目に見えんから、追っ掛けることも出来やぁせん。 
 あそこ以外なら別に何ということもないから。 
 変なモンに喧嘩売ることもないでしょ、少し下りてから吸いんさい」 

以来彼は、親戚の山仕事を手伝う際には、作業場から離れて一服している。 
「納得いかないけどな」憮然とした顔でそう言っていた。