flickr_Ashley-Morrison

1: 海江田三郎 ★ 2015/03/29(日) 17:29:56.87 ID:???*.net
http://tocana.jp/2015/03/post_6065_entry.html

 日本で販売されるタバコには、パッケージの30%以上の面積を使った警告表示が義務づけられているが、現在8種類が存在する警告文の一つに
『妊娠中の喫煙は、胎児の発育障害や早産の原因の一つとなります。疫学的な推計によると、たばこを吸う妊婦は、吸わない妊婦に比べ、低出生体重の危険性が約2倍、早産の危険性が約3倍高くなります。』
というものがある。
妊婦の喫煙は、自身のみならず赤ちゃんの命をも危険に晒す行為であるというわけだ。

 そして今回、この事実を如実に示す驚くべき研究結果が、学術誌「Acta Paediatrica」上で発表された。
なんと、喫煙者の胎児は、非喫煙者の胎児よりも、頻繁に顔や口元に手を据えていることが確認されたというのだ。今月23日の英紙『テレグラフ』は、「胎児が苦しがっている様子だ」などとショッキングな表現で報じている。
 さらにライスランド博士は、「母体へのストレスと喫煙の相互作用を含め、影響を精査して確証を得るためには、もっとサンプル数を増やした大規模な調査が必要です」と前置きした上で、喫煙によって胎児の発育に差が生じるという事実だけでも、妊婦に禁煙の重要性を理解させる上で有効だという。
そして、妊婦の喫煙をただ非難するのではなく、禁煙するための支援が求められていると訴えた。
また、研究に参加したランカスター大学のブライアン・フランシス博士は、「喫煙が胎児の発育にどのような影響を及ぼすのか、テクノロジーによって、今まで気づかなかった事実が明らかになってきました」「妊娠中の喫煙が危険であることの新しい証拠です」と述べている。

 幸運にも、被験者の妊婦たちは、全員が無事に健康な新生児を出産したようだが、今回の研究結果に鑑み、妊娠中の喫煙は特に強く戒められるべきと言えそうだ。妊婦の命は自分1人のものではない上、赤ちゃんは自らタバコの害を避けることができないのだから……。

Amazing scans reveal what smoking does to an unborn baby
https://www.youtube.com/watch?v=mUjZlx3x8cU