a72210b5

550: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/04/09(木) 00:56:33.17 ID:4ZMoJBLm0.net
昨日の夜だけど、仕事から帰って焼酎のお湯割り飲んだら眠くなってきたんで 
床暖になってるカーペットの上でうつぶせで寝てたんだよ 
したら耳元で声が聞こえてきた 
「竣工が遅れるとマズいですね」「いっちょう景気づけに発破使いましょう」 
こんな内容だったんで、テレビをつけっぱなしにして 
工事関係の番組をやってるんだと思った 
起きてテレビを消そうとしたんだが、体が動かなかった 
金縛りってやつじゃないかと思ったが、初めての経験なんでよくわからんかった 
で、とにかく目を開けようと思って頑張ったら 
大量の涙とともにうっすら目が開いたんだよ 

したら目の前のカーペットの上に、ブルドーザーやクレーン車があった 
ミニカーよりだいぶ大きいくらいのやつだが 
どっちも20cmないくらいだった 
それとよ、その工事車両に釣り合うような大きさの人間が2人いたんだよ 
5cmくらいかなあ どっちも作業服を着てヘルメットをかぶってた 
そいつらの話してる声が聞こえてたんだと思った 
相変わらず体はピクリとも動かなくて息も苦しかった 
そいつらは「発破ですかー 危険があるんじゃないですか」 
「いや、こういうことは初めが肝心だから」こんな会話をしてたが 
やがて背中のほうからガガガガという機械音が聞こえてきたんだ 
俺の尻のあたりに何かが乗ってて動いてる感じがした