1: 河津掛け(宮城県)@\(^o^)/ [US] 2016/11/06(日) 17:55:41.75 ID:b50JsJee0●.net BE:601381941-PLT(13121) ポイント特典
仏教の教えアイドルが伝える! 京都、女子学生らデビューへ修業

歌や踊りで仏教の教えを伝える5人組女性アイドル「てら*ぱるむす」が6日、京都市下京区の龍岸寺で
お披露目の「デビュー法要」を行う。メンバーは菩薩(ぼさつ)という設定で「煩悩多き衆生とともに修行する」をテーマに、日夜、練習に励んでいる。

てら*ぱるむすは京都市内の寺院5カ所で開かれる催し「十夜フェス」の一環で結成された。グループ名は「寺」と1兆を意味する単位「テラ」を掛けた言葉と、合掌をイメージし手のひらを意味する英語「パルムス」を組み合わせた。「地球上の何兆もの生命体と暮らしよい世界をつくる」という願いを込めた。

メンバーは京滋の芸術系大学の1、2年生。それぞれ勢至、文殊、観音、普賢(ふげん)、弥勒の各菩薩にちなんだ名前を持ち、仏教の五色から紫、白、赤、黄、緑をテーマ色にしている。

十夜フェスは、仏教行事「十夜法要」をもとにしたイベントで、若者に寺へ足を運んでもらおうと、昨年から
僧侶と学生らが開催している。今年のフェスの企画立案に携わった橋本千裕さん(19)=京都市立芸術大1年=がアイドル結成を提案。自身がプロデューサーとなり、友人らを通じてメンバーを募集した。今年10月から、練習を始めた。

6日午後6時からのデビュー法要では、アニメ「一休さん」のテーマ曲や、龍岸寺の池口龍法住職(36)作詞のオリジナル曲など3曲を披露する。その後、池口住職と念仏を唱える。翌7日は同寺で、西迎院(奈良県下市町)の中村祐華副住職が扮(ふん)する「愛$(あいどる)菩薩」の公演後、てら*ぱるむすのライブを行う。

十夜フェスでは、13日午後3時から正法寺(東山区清閑寺)で僧侶と学者による宇宙をテーマにした対談などもある。催しは有料。

no title

「デビュー法要」に向け練習に励む「てら*ぱるむす」のメンバー(京都市下京区塩小路通大宮東入ル・龍岸寺)

http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20161105000113