B8mtQdFWb5vLzK8_18525

1: 彼氏いない歴774年@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 20:25:22.54 ID:m/Cukjk0.net
世の中に幸せ恐怖症の人がいる。幸せになることが恐い人だ。

「そんな馬鹿な」と思うだろうが、 幸せな時にふと不安になったり 「この幸せがなくなったら」とか思うことは、誰しもあるのではないか? それが酷くなると「幸せ恐怖症」になるのだ。

それはだいたいその人に不幸な生い立ちが関係あってたとえば子供の頃に良いことをしても親が褒めてくれないで 「上には上がある」みたいなことを 言っていたり、すぐ欠点の話になったりして「十分に喜ぶ」ということを経験していないことが原因らしい。

幸せ恐怖症の人は、幸せが素直に喜べない。 なぜなら、それを失った時のショックが恐いからだ。
また、幸せが恐い(だから「幸せ恐怖症」だ)。 幸せになればなるほど、不安になる。 なので、時々わざと不幸になったりして安心する。

だから、幸せ恐怖症の人は幸せにしてはいけない。 だんだん引かれてしまう。
幸せ恐怖症の人は、幸せにすることよりも、不幸を減らしてあげる方が 良いのだ。 不幸が減れば、だんだん幸せが怖くなくなって来る。
幸せ恐怖症の人は不幸が気になるので いくら幸せにしたところで、不幸があると安心できない。