f55abcc5-s

過去記事再掲載について
サイト移転時にお蔵入りになってしまった過去記事の復活を行っていましたが、ようやくほぼ全ての記事のサルベージが終わりました。
復活掲載に関しては完了しましたが、しばらく古い記事に修正や手直しを加えたものを深夜帯、時事性の無い記事のみに限り引き続き掲載させていただきます。ご了承ください。
モス男、金子たちが居ない時期の古ーい記事もありますので、懐かしむ気分で楽しんでいただければ幸いです。
1: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)23:22:30 ID:8Bh
雛型までは作り上げるも遺族に破棄された模様
現代の科学者も本気出してこの分野に挑んでくれないかな
トーマス・アルバ・エジソン
トーマス・アルバ・エジソン(1847年2月11日 - 1931年10月18日)は、アメリカ合衆国の発明家、起業家。電力系統を寡占した。
エジソンには超自然的、オカルト的なものに魅せられていたという一面もあった。ブラヴァツキー夫人やバート・リーズの降霊術を信じていて、ブラヴァツキー夫人の開く神智学会に出席したこともある。また、来世を信じ、後半生は死者と交信する電信装置 (Spirit Phone) を研究していた。ただし、あくまでエジソンは合理主義者を自負しており、1920年代を通じて常に自由思想家協会を支持していた。
エジソンは、「人間の魂もエネルギーである」と考え、「宇宙のエネルギーの一部である」と考えていた。「エネルギーは不変なので、魂というエネルギーは人間の死後も存在し、このエネルギーの蓄積こそが記憶なのだ」と考えていた。エジソンの言によれば、自分の頭で発明をしたのではなく、自分自身は自然界のメッセージの受信機で、「宇宙という大きな存在からメッセージを受け取ってそれを記録することで発明としていたに過ぎない」のだという。


https://ja.wikipedia.org/wiki/トーマス・アルバ・エジソン

5: げろしゃぶ神 2016/11/13(日)23:25:10 ID:vcV
死ぬのこわかったんやろなきっと

6: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)23:25:18 ID:Y31
功績を残した科学者や発明家でも晩年はオカルトに傾倒したって話多いよね

23: 名無しさん@おーぷん 2016/11/14(月)00:17:04 ID:JEH
>>6
オカルトが隆盛した時代と近代科学が隆盛した時期が重なるからね
しかも20世紀前後はオカルトのムーブメントが特にピークを迎えていた

テスラやコナン・ドイルも片足つっこんでた

24: 名無しさん@おーぷん 2016/11/14(月)00:18:36 ID:y7U
>>23
集まって降霊界とかして楽しんでたらしいな

7: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)23:26:27 ID:8Bh
極めた先はオカルトに行き着くのだ

8: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)23:34:11 ID:yaa
エジソンの発明はそれぐらい手探りだったってことだろ
昔は心霊現象も今でいう一般的な科学も同等のものだったってこと

9: 名無しさん@おーぷん 2016/11/13(日)23:35:59 ID:8Bh
現代の天才もそこの境地にたどり着く奴が居てもいいと思うんだ

10: 名無しさん@おーぷん 2016/11/14(月)00:00:30 ID:5qH
二コラテスラも似たような事してなかったっけ?
ニコラ・テスラ
ニコラ・テスラ(1856年7月10日 - 1943年1月7日)は、19世紀中期から20世紀中期の電気技師、発明家。交流電流、ラジオやラジコン(無線トランスミッター)、蛍光灯、空中放電実験で有名なテスラコイルなどの多数の発明、また無線送電システム(世界システム)を提唱したことでも知られる。磁束密度の単位「テスラ」にその名を残す。
その奇抜とも取れる研究内容や、数々の伝説、冷遇された人生なども相まって、彼や彼の発明であるテスラコイルはカルト団体や疑似科学方面から熱い注目を集めることが多々ある。特に、晩年は霊界との通信装置の開発に乗り出すなど研究にオカルト色が強まった(奇しくも晩年の研究において霊界との通信装置の開発に乗り出すなどを行ったのはエジソンも同様)。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ニコラ・テスラ
11: 名無しさん@おーぷん 2016/11/14(月)00:02:13 ID:Sck
>>10
だよな?天才はそこに行き着くんだろうな

12: 名無しさん@おーぷん 2016/11/14(月)00:03:33 ID:y7U
探求を続けると科学者は神の存在を信じるようになるらしい

14: 名無しさん@おーぷん 2016/11/14(月)00:09:45 ID:3Ou
死後の世界はあるのか

こういう話になると、多くの日本人は、特有のニヤニヤ顔になる
そのニヤニヤ顔が知識人であるアピール
松尾貴史っていうタレントが、そのニヤニヤ顔が得意だ
「私は知的です」というポーズ

15: 名無しさん@おーぷん 2016/11/14(月)00:10:37 ID:Sck
どこかで見たコピペ

25: 名無しさん@おーぷん 2016/11/14(月)00:18:43 ID:Sck
なんたら婦人とかってのが当時のオカルトブームの火付け役だったらしくてエジソンはそいつの死後そいつと交信してみたくて霊界通信機の開発を思い立ったらしい

27: 名無しさん@おーぷん 2016/11/14(月)00:19:08 ID:86i
>>25
なんたら姉妹じゃなかったか

29: 名無しさん@おーぷん 2016/11/14(月)00:19:57 ID:Sck
>>27
それフォックス姉妹だろ?エジソンとは繋り無いと思う

28: 名無しさん@おーぷん 2016/11/14(月)00:19:14 ID:3Ou
>>25
ブラバツキー
ヘレナ・ペトロヴナ・ブラヴァツキー
ヘレナ・ペトロヴナ・ブラヴァツキー (1831年8月12日 – 1891年5月8日) は、近代神智学を創唱した人物で、神智学協会の設立者のひとりである。
彼女の生涯は多くの謎があり、特に1874年にアメリカで活動を始めるまでの前半生はまったくヴェールにつつまれ、多くの神話に彩られている。ブラヴァツキー自身が残したメモや日記、周囲の人びとに語ったことがら、親族など近しい人びとの証言などが再構成され一般にも流布しているが、相互に矛盾が多く、一見荒唐無稽とも思われる事件の連続であり、真偽については議論を呼んできた。神智学協会や支持者は正しさを証明しようとし、批判者は虚偽であることを暴こうとし、現在も毀誉褒貶が激しい人物である。杉本良男は、ことの真偽を問わず、現在も非常に大きな存在感をもっていることだけは事実であると述べている。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ヘレナ・ペトロヴナ・ブラヴァツキー


30: 名無しさん@おーぷん 2016/11/14(月)00:20:14 ID:Sck
>>28
そうそうその人

31: 名無しさん@おーぷん 2016/11/14(月)00:20:42 ID:3Ou
文豪のユゴーも交霊術にはまってた

19: 名無しさん@おーぷん 2016/11/14(月)00:14:37 ID:dan
エドガーケイシと相談してたらしいよ

32: 名無しさん@おーぷん 2016/11/14(月)00:21:02 ID:dan
あの時代はケイシーがいたんだから羨ましいよな
なんかわからんことあったら聞きゃいいんだから

33: 名無しさん@おーぷん 2016/11/14(月)00:21:18 ID:rjN
エジソンは科学者じゃないからなぁ…
今の科学者にそれやれってのはなんか違う気がする

35: 名無しさん@おーぷん 2016/11/14(月)00:22:15 ID:3Ou
在野の人だから自由にやれたんじゃないかと

37: 名無しさん@おーぷん 2016/11/14(月)00:25:40 ID:3Ou
19世紀末、クルックスという英国科学界の重鎮「心霊などインチキに決まっている 私が暴いてやる」
                ↓
             「事実でした」
ウィリアム・クルックス
サー・ウィリアム・クルックス(Sir William Crookes, 1832年6月17日 - 1919年4月4日(満86歳没))は、イギリスの化学者、物理学者である。タリウムの発見、陰極線の研究に業績を残している。
1871年、信奉者の間で「霊媒の王者」と呼ばれていたダニエル・ダングラス・ホーム(ヒューム)という霊媒について研究し、「ホーム(ヒューム)の心霊現象にはトリックの片鱗すら見出せなかった」との結果を発表した。 また、1872年からその真偽をめぐり論争が起っていたロンドンのフローレンス・クックという17歳の女性霊媒についても研究を始めた。クックが自身のエクトプラズムを使って物質化させたというケイティ・キングと名乗る霊の脈拍を測ったり、何十枚もの写真撮影を行なった。そして、クルックスはクックの起こす現象は本物であると発表した。多くの科学者はクルックスは騙されたか、発狂したのだと考えた。それらに対し、クルックスは「私はそれが可能だと言ったのではなく、事実だと言ったのだ」と反論した。クルックスは妻と共にクックが1904年に他界するまで面倒を見続けた。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ウィリアム・クルックス
38: 名無しさん@おーぷん 2016/11/14(月)00:26:19 ID:y7U
>>37
たぶん試験方法間違えたんじゃね?

40: 名無しさん@おーぷん 2016/11/14(月)00:27:49 ID:Sck
死後の世界とは少し違うけどギロチンで体からサヨナラした首にアイコンタクトして意識を確かめる実験とかもロマンだよな

43: 名無しさん@おーぷん 2016/11/14(月)00:28:38 ID:y7U
>>40
ただの反射っていう話しもあるけどね

44: 名無しさん@おーぷん 2016/11/14(月)00:29:46 ID:rjN
>>40
ISに無駄に高学歴人材がいるから実験してるかもしれない

46: 名無しさん@おーぷん 2016/11/14(月)00:31:26 ID:Sck
>>44
奴らだとただの鬼畜にしかならんからなあ

45: 名無しさん@おーぷん 2016/11/14(月)00:30:14 ID:D4R
真面目な基礎科学ですらお金足りないとか言ってるし
ゲイツとか桁違う金持ちが目覚めて基金みたいなの作る方が先かな

48: 名無しさん@おーぷん 2016/11/14(月)00:33:04 ID:rjN
スティーブ・ジョブズが死ぬ前にあの世からアイディアを送るために私財を投げ打って霊界交信を研究していた!とかならムーあたりに出そう(小並感)

49: 名無しさん@おーぷん 2016/11/14(月)00:33:47 ID:TmJ
ぬーべーでエジソンの最後の発明品、霊界通信機の話があったね

50: 名無しさん@おーぷん 2016/11/14(月)00:37:21 ID:Sck
子供の頃ぬーべーでその話知った時の衝撃は忘れられない
no title

no title

no title

no title


1001: うしみつ 2032/3/2(火) 04:044:44.44 ID:usi32.com

【朗報】中国の二次美少女画像、日本より可愛い

【悲報】「女子高生1人のための駅」に来る鉄ヲタが迷惑行為wwwwwwwwwww

【悲報】結婚するから創価学会抜けるって言ったら親父がwwwwヤバイwwwwww

【閲覧注意】裏サンデー新連載『辱(にく)』がグロすぎてヤバいと話題に…

元スレ:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1479046950/

●「うしみつ」ではみなさんからのネタ提供をお待ちしています●
ブログを見ていただいたみなさんからのネタ提供を募集します。
以下のようなネタがあれば、「うしみつ」にどしどしお送りください。
ネタはブログに掲載させていただきます。

・恐怖体験談、不思議体験談(実体験・創作問わず)
・「うしみつ」でやってもらいたい話題、ネタ(どんなものでも構いません)
・「うしみつ」で調べてもらいたい話題、ネタ(オカルト関連の未確認情報や噂など)
・イラスト投稿
・その他、速報や上記に該当しない様々なネタ


ネタ投稿は usi32@kjd.biglobe.ne.jp へお願いします。
尚、ネタ投稿以外の連絡先は別ですのでご注意ください。

追記①:たくさんのネタ投稿をいただいております。ネタはなるべく一か月以内に掲載させていただきますが、調査依頼など、掲載に時間がかかる物もあります。気長にお考えいただければ幸いです。
追記② :いただいたメールには掲載日までにお返事を送っております。PCからURL込みの返送となるため、設定によってはお手元に届いていない可能性があります。ご了承ください。