過去記事再掲載について
サイト移転時にお蔵入りになってしまった過去記事の復活を行っていましたが、ようやくほぼ全ての記事のサルベージが終わりました。
復活掲載に関しては完了しましたが、しばらく古い記事に修正や手直しを加えたものを深夜帯、時事性の無い記事のみに限り引き続き掲載させていただきます。ご了承ください。
モス男、金子たちが居ない時期の古ーい記事もありますので、懐かしむ気分で楽しんでいただければ幸いです。
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:39:19.18 ID:WtjTi/rI0.net
匈奴
no title

匈奴
匈奴(きょうど)は、紀元前4世紀頃から5世紀にかけて中央ユーラシアに存在した遊牧民族および、それが中核になって興した遊牧国家(紀元前209年 - 93年)。モンゴル高原を中心とした中央ユーラシア東部に一大勢力を築いた。
匈奴は文字を持たないため、自身の記録を残していない。よって、遺物等の直接的な史料を除けば中国文明の文字記録を参考にするしかない。『史記』に「騎射を善くする」とあるように、匈奴民族には馬はかかせない。遊牧民族であるため、戦になれば男は皆従軍するほか、女も軍事行動と共に移動する。特徴的なこととして「若くて強い者が重んじられ、老人は軽んぜられる」、「一家の長が亡くなると、その跡を継いだ子は自分の生母以外の父の妃達を受け継ぐ」という『史記』の記述があるが、前代単于の年老いた閼氏(単于の妻)が尊重されていた事や、後代の突厥・モンゴルでは老人が尊重されていた事から判断して、儒教の倫理観と相反する事例を強調して匈奴を非難しているにすぎないという意見もある。


https://ja.wikipedia.org/wiki/匈奴

8: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:40:51.52 ID:s3/3cWqZ0.net
匈奴=フン族説すき
どんだけ迷惑かけるねん
「フン」=「匈奴」説
「フン族は紀元前3世紀頃に中国の北方に勢力があった匈奴の子孫であり、テュルク系民族がユーラシア大陸に広がった最初の端緒である。」とする説がある。
初めフン=匈奴説は、17~18世紀の中国に渡来したフランスイエズス会宣教師のクロード、ヴィスデルー、アントワヌ、ゴービル等が唱えたものである。つづいて、フランスのコレージュ・ド・フランス教授ジョゼフ・ド・ギーニュが『フン・トルコ・モーコ通史』(1756年)において、紀元前3世紀にはフン族と匈奴が中国北部で接していた、と主張した。
さらに、ミュンヘン大学のF・ヒルト博士は『ヴォルガフンネンと匈奴について』(1899年)において、『魏書』西域伝に見える「粟特国」を、アッティラの死後フンが退居したクリミア半島の「スグダク」に比定し、西史に見える「フンのアラン族征服」を、『魏書』西域伝の「匈奴の奄蔡(阿蘭)征服」に比定し、「フルナス(アッティラの末子)」を「忽倪」に比定した。
しかし、大半の学者はフン族と匈奴の関連性について断定的な態度はとっていない。遊牧民の集団は血統を重視するため首長家の婚姻や政治的連合によっても主要な中枢集団の構成要素は容易に変動しないが、フン族集団全体としては匈奴の西走集団と系譜的に繋がるとしても、これを中国北方から西走した匈奴国家の部民が元の体制を維持したまま西方にフン族として登場した可能性には疑問がある。


https://ja.wikipedia.org/wiki/フン族
7: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:40:51.09 ID:hcjOwLU3a.net
世界史で一番嫌いやったわ

11: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:41:22.69 ID:0cZsyd4A0.net
騎馬遊牧民とかいう最強民族
no title

14: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:41:47.73 ID:DOrYh8tl0.net
突厥って今のどこだよ

60: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:49:37.19 ID:cvN8+J/s0.net
>>14
モンゴル説有力なんちゃうか?
朝青龍みたいなのが集団で馬乗って襲ってくるんやぞ

63: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:50:38.17 ID:bmQzoaqZ0.net
>>60
軽くホラーだな

184: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:01:02.86 ID:qPjTC7wn0.net
>>60
恐ろC

601: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:30:04.30 ID:uwW0TOQia.net
>>60
馬が牛でも驚かんわ

16: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:42:33.41 ID:jhPxV8hh0.net
万里の長城ってこういうのを防ぐために立てたんやろ?
no title

万里の長城
万里の長城(ばんりのちょうじょう)は、中華人民共和国に存在する城壁の遺跡である。ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されており、新・世界七不思議にも選ばれている。
よく「農耕民族と遊牧民族の境界線」と言われるが、実際は草原の中に建っている。これは元の時代に北方の草原と南方の農耕を一体とした社会・経済が成立し、明も自国内でそれを実現すべく、北方への勢力拡大を行なっていたからである。そのため北方民族も南方の農耕民族の物産を必要としており、長城沿いに交易所がいくつも設けられた。交易はいつもうまくいっていたわけではなく、北方民族側の思うとおりにいかない場合もあった。その交易を有利にするための威嚇として、明の力が弱い時期に北方民族は長城を越えて侵入を繰り返していた。


https://ja.wikipedia.org/wiki/万里の長城
17: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:42:41.45 ID:wDafC1kq0.net
ウイグルとかクッソオラついてた癖に今じゃ完全に植民地で草生える

23: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:43:10.68 ID:ohl1Ykow0.net
今だに謎民族だらけだろ。あの大陸は

28: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:44:12.01 ID:Dw/wrccz0.net
兀突骨
no title

兀突骨
兀突骨 (ごつとつこつ)は、中国の通俗歴史小説『三国志演義』に登場する架空の人物。
南蛮にある烏戈国(烏滸族)の王という設定である。身の丈十二尺(後漢の尺で276cm、魏・晋の尺で289.2cm)の大男で、体が鱗で覆われている。また穀物の類は一切食べず、生きた獣や蛇を食べている。
油を藤の蔓に染み込ませて鎧状に編んで乾かした藤甲を着た、刀や矢も通用せず川などでは浮いて移動する最強の兵、藤甲軍を率い、自らは象に乗っていた。


https://ja.wikipedia.org/wiki/兀突骨
33: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:45:31.91 ID:CgOo9B8D0.net
西方と東方の土人はなんかロマンある

34: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:45:40.20 ID:ZQHLY6Fi0.net
ロシアのめっちゃ北側にも異民族いたりするよな
めっちゃ寒そう

44: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:46:54.50 ID:tYGBZyJna.net
東西南北全員野蛮人!
わいらが中心!
この発想すこ

55: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:48:58.03 ID:RtFUtxwJa.net
>>44
実際18世紀まで世界の経済活動の半分は中国とインドで行われてたらしいね

87: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:53:10.85 ID:WtjTi/rI0.net
>>55
昔の中国人「インドか…身毒でええやろ」

49: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:47:56.68 ID:F+573Enna.net
春秋あたりの犬戎みたいなわけのわからない民族すき
no title

西戎
西戎(せいじゅう)あるいは戎(じゅう)および犬戎(けんじゅう)は、四夷の一つ。中国西部に住んでいた遊牧民族で、たびたび中国の歴代王朝に侵入して略奪を行ったことから、西戎という言葉に蔑んだ意味合いを込めている。
何度か秦と衝突し、最後には秦に吸収され、一部は匈奴に吸収された。民族や種族としては、南北で分かれる傾向があるもの北はテュルク系、南はチベット族やチベット人の祖とされる彝族とみられている。


https://ja.wikipedia.org/wiki/西戎
57: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:49:23.63 ID:J2AwHxWa0.net
>>49
漢字がかっこええしな

66: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:50:58.11 ID:/9G+Ul5c0.net
おは冒頓単于
no title


81: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:52:38.79 ID:H6AsoJW20.net
冒頓単于すき

88: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:53:10.96 ID:4QHh191+0.net
匈奴ってフン族とは無関係なん?

109: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:55:18.10 ID:RtFUtxwJa.net
>>88
分裂した匈土の子孫って言われてるね
でもヨーロッパの記録には角が生えてたとか言われてるし謎すぎる

113: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:55:52.75 ID:VacFFv0H0.net
>>109
バイキングみたいな兜かぶってたとかやないんか

112: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:55:45.13 ID:F+573Enna.net
>>88
フン族=匈奴かはさておいて中国で武帝が匈奴を討伐して匈奴が西へ行ってそれにフン族も押されて西へ行ってゲルマン人もそれに押されてヨーロッパに行ったらしい


72: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:51:41.65 ID:LVyezCRa0.net
単于は韓信切り捨ててなければもうちょい戦えたと思うわ

93: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:53:26.43 ID:uZ8lZ0/x0.net
なんか野蛮人みたいな扱われ方やけど普通に文化持っとる民族やろ?

108: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:55:04.83 ID:kTWuSPnD0.net
夏が実在したとかはわくわくする
no title


夏(か、紀元前1900年頃 - 紀元前1600年頃 [紀元前2000年頃からとする説もある])は、中国の史書に記された最古の王朝。夏后ともいう。夏・殷・周を三代という。『史記』『竹書紀年』などの史書には初代の禹から末代の桀まで14世17代、471年間続いたと記録されている。殷に滅ぼされた。従来、伝説とされてきたが、近年、考古学資料の発掘により実在の可能性もある。
従来、史書に記された夏の実在性を確実に示す考古学上の発見が無く、伝説上の王朝とされてきた。しかし、宮殿を持つ都市文化である河南省偃師の二里頭村の二里頭遺跡が、炭素14年代測定法により、殷の建国(二里岡文化)に先行していることが確定しており、また後から力を伸ばした殷はこの二里頭文化を征服して建国し、文化を継承した形跡が見られる。
したがってこの二里頭文化が、史書のいう夏の時代に相当することになる。
しかし二里頭の都市文化は、文字の出土資料もなく、後世の概念である王朝・国家の性格を持っていたのかも不明である。考古学的に『「夏」と後世に呼ばれた政権が実在した事』を証明された事と、史書のいう『「夏王朝」が実在した事』を混同してはならない。
現代の中国歴史・考古学学界では夏王朝が実在したものと見なされている。


https://ja.wikipedia.org/wiki/夏 (三代)
115: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:55:57.28 ID:rlIXrpnD0.net
>>108
中国側の研究では実在はほぼ確定してるらしいな

141: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:58:25.36 ID:RtFUtxwJa.net
>>115
文献にはたくさん書かれてるのに夏時代の発掘品はまだ出てないからね
それが発掘されれば決定撃になる

142: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:58:26.23 ID:F+573Enna.net
>>115
夏王朝と思われる遺跡はあってその遺跡が国家規模の大きさかどうかが論点らしいな
2000年前の人間が書いた歴史書が結構当たってるとか凄いわ

313: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:10:43.15 ID:2hubpCHS0.net
>>142
いうてもこれ以上の研究精度はもうキツそう
殷は甲骨文字持ってたから文字情報解読で歴史がわかったけど
夏は文字無いから遺物が延々と出てくるだけや

114: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:55:56.71 ID:PXcKWUWH0.net
西夏文字かっこいいだいすき

no title

127: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:57:16.43 ID:SNRV6W9R0.net
>>114
原型無いやん

686: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:34:32.43 ID:vE7oEtb1d.net
>>114
分かってるな

118: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:56:24.67 ID:QWwFi2Bi0.net
何で遊牧民族って戦闘力あるんや?

121: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:57:00.66 ID:+YkHnrlP0.net
>>118
馬に乗れるからすごいって時代に
ガキの頃から馬と一緒の環境やからな

124: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:57:07.18 ID:+iFHq3Z20.net
>>118
馬の機動力やろ

131: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:57:33.13 ID:4sI3Xgok0.net
>>118
馬で高速で走り回りながら
遠距離から合成弓で簡単に鉄の鎧撃ち抜く矢を連射してくるから

176: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:00:21.47 ID:F+573Enna.net
>>118
農耕民族は基本人口の30分の1くらいが徴兵の限界なところを遊牧騎馬民族は男衆が丸ごと襲ってくるし
馬の扱いもクッソ上手いし討伐しようにも常に移動してるし

190: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:01:20.65 ID:Gg4qHBC40.net
>>118
別に常に強いわけじゃないぞ
普段は戦いの理由が略奪だからやっかいなだけで

140: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:58:11.31 ID:9TpRcdbi0.net
世界史の授業で中国史の時に大秦王安敦とかでてきて
ローマ帝国のマルクスアウレリウスアントニヌスと知ったときの感動
世界って繋がってるんやなって

160: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:59:28.75 ID:4QHh191+0.net
>>140
なお貢物はローマ産ではない模様

181: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:00:33.29 ID:4xbN2/for.net
>>140
ローマで暮らしてた中国人もいたんやろか?

445: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:19:23.88 ID:2cYMpFFva.net
>>181
奈良だか平安?時代にペルシャ人だかが日本にいたとかなんとか

483: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:22:37.70 ID:DX8W8eN50.net
>>445
シルクロードの終点が正倉院やしそらね

523: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:25:16.26 ID:qPsAFsnG0.net
>>483
日本にたまにいる顔の濃い奴はシルクロードからの超隔世遺伝の可能性が微レ存...?

157: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:59:22.52 ID:t5ZYwxvl0.net
東西問わず遊牧民族が脅威で支配してた期間長いね

161: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 20:59:41.12 ID:xfAOsbPB0.net
諸々闇深そう

172: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:00:04.86 ID:Vb38ey2ua.net
封神演義と史記から中国史に入るやつwww
ワイや

195: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:01:57.79 ID:CUbpGBhT0.net
>>172
方針演技ってストーリー面白かった?
ワイは中国やからってってがんばって読んでた
キャラは好きやったが

207: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:03:01.49 ID:gAIrir+U0.net
>>195
ジャンプの方なら面白かったけどどっちかと言えばSFやったな

227: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:04:34.04 ID:e2F9Vzver.net
>>207
本人がワイはSF漫画屋や言うてるしな

286: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:08:05.50 ID:Vb38ey2ua.net
>>195
入りとしてはよかったんちゃうかと思うで
あれで殷周伝説とか知ったやつも多いやろ

198: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:02:08.63 ID:t5ZYwxvl0.net
世界史好きやったけど中国史は訳わからん
理解出来たら楽しそうだけど内容が入ってこない

208: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:03:06.05 ID:mD6GTsTH0.net
ワイは渤海にロマンを感じるわ
あのへんに今でも国があれば面白かったのに
no title

渤海
渤海(ぼっかい、698年[1] - 926年)は、満洲から朝鮮半島北部、現ロシアの沿海地方にかけて、かつて存在した国家。大祚栄により建国され、周囲との交易で栄え、唐からも「海東の盛国」(『新唐書』)と呼ばれたが、最後は契丹(遼)によって滅ぼされた。
渤海と日本の関係は当初は新羅を牽制するための軍事的性格が強く、唐に対抗するため奈良時代から日本に接触した。唐から独立した政権を確立した渤海であるが、大武芸の時代には唐と対立していた。その当時の周辺情勢は黒水部は唐と極めて親密な関係にあり、新羅もまた唐に急速に接近しており渤海は国際的な孤立を深めていた。この状況下、大武芸は新羅と対立していた日本の存在に注目した。727年、渤海は高仁義らを日本に派遣し日本との通好を企画する。この初めての渤海使は、日本に到着した時、当時の日本で蝦夷と呼ばれていた人々によって殺害され、生き残った高斉徳他8名が出羽国海岸に漂流し、翌年聖武天皇に拝謁した。この年引田虫麻呂ら62名を送渤海客使として派遣するなど軍事同盟的な交流が形成された。しかし渤海と唐の関係改善が実現すると、日本との関係は軍事的な性格から文化交流的、商業的な性格を帯びるようになり、その交流は926年渤海滅亡時までの200年間継続した。 日本海側の、金沢、敦賀、秋田城などからは渤海との交流を示す遺物が発掘されている。


https://ja.wikipedia.org/wiki/渤海
229: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:04:38.61 ID:SkdhqToc0.net

>>208

十三湊あたりとの関係やら面白そうだよな

271: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:07:21.80 ID:F+573Enna.net
>>208
渤海って白頭山が噴火したせいで滅亡したってマジなんかな
なんか特に問題もなかったのにいきなり滅んだらしいけど

346: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:13:05.23 ID:MSqZRb24d.net
>>271
白頭山の規模的に遠因にはなったやろうな
栄えていた国が急に没落するとか不自然過ぎるわ

222: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:04:12.56 ID:VgRVWhe60.net
考えたら卑弥呼の倭も周辺謎民族やな
no title

卑弥呼
卑弥呼(ひみこ、175年 - 247年あるいは248年頃)は、『魏志倭人伝』等の中国の史書に記されている倭国の王(女王)。邪馬台国に都をおいていたとされる。封号は親魏倭王。後継には宗女の壹與が女王に即位したとされる。
「魏志倭人伝」によると卑弥呼は邪馬台国に居住し(女王之所都)、鬼道で衆を惑わしていたという(事鬼道、能惑衆)。この鬼道や惑の意味には諸説あり正確な内容は不明。ただし中国の史書には、黎明期の中国道教のことを鬼道と記している例もある。


https://ja.wikipedia.org/wiki/卑弥呼
233: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:05:01.58 ID:gAIrir+U0.net
>>222
本拠地も確定しとらんもんなあ

235: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:05:10.20 ID:mJsSboG3d.net
>>222
異民族の地やけど憧れの扶桑の地でもある

259: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:06:43.54 ID:mJsSboG3d.net
聖徳太子とかいう無礼な蛮族wwwwwww

405: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:16:49.26 ID:Hg5z3Z/10.net
略奪ピンポンダッシュのせいで漢の辺境はもうボロボロや…

408: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:17:07.50 ID:/g+W1A2D0.net
蜀の下の方って孟獲以外になんか三国志に出てくる?
あと呉の下の方も気になる
no title

孟獲
孟 獲(もう かく、生没年不詳)は、中国三国時代の人物。南中の豪族。蜀漢の南征を受け、帰順した。
建寧郡(雲南省晋寧県付近。福建省建寧県とは別)出身。雍闓が蜀漢に対して反乱を起こした際に、孟獲も反乱に加担し、雍闓の命を受けて南中(現在の雲南省周辺、または南方のミャンマー北部)の者達に蜀漢に対して反乱を起こすように説得して回った。225年、諸葛亮が南征して来ると周りの人間は雍闓を殺し、孟獲を擁立した。孟獲は諸葛亮の前に何度にも亘り捕まるが、その度に放された。諸葛亮は仮に武力でこの地を征服しても、蜀漢軍が撤退すれば、いずれ反乱が再発する事を予見していたので、現地の人達を心服させるために、このような処置を採ったといわれている。孟獲は七度目に放された時、ついに諸葛亮に心服し蜀漢への帰順を誓ったという(七縱七禽)。


https://ja.wikipedia.org/wiki/孟獲
460: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:20:54.02 ID:/gQ8cnHFp.net
>>408
蜀のほうは全部南蛮や
呉の下には山越ってのがおったけどクソザコナメクジ

486: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:22:47.67 ID:1okTeh5Nd.net
>>460
なおクソザコナメクジへの対応でずっと頭悩ませてた模様

504: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:24:32.61 ID:WyK2pabg0.net
>>460
ていうか
蜀自体が蛮族臭い

413: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:17:31.05 ID:WtjTi/rI0.net
ユウ婁
部屋の中央に置いた尿を溜めた容器を囲んで暮らし、その人尿で手や顔を洗ったという。
これについて『三国志』や『後漢書』では「その人々不潔」、「その人々臭穢不潔」とあらわしている。

勿吉
ユウ婁人と同様、最大の特徴である「人尿で手や顔を洗う」という風習も受け継いでおり、中国の史書では「諸夷で最も不潔」と評される。

靺鞨
ユウ婁人と同様、最大の特徴である「人尿で手や顔を洗う」という風習も受け継いでおり、中国の史書では「諸夷で最も不潔」と評される。



すこ

444: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:19:20.17 ID:5aUHQ3reM.net
>>413
残当

480: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:22:16.58 ID:MSqZRb24d.net
>>413
春秋時代の秦とかもそうやけど、以外とそういう文化に抵抗の無い、世間のモラルの無い民族が強いんだよなぁ

今の中国もそうやけど

503: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:24:23.89 ID:6lIw1gX90.net
>>413
水が少ないからなんだろうな
雑菌とか怖い気がするが寒いから菌の繁殖も少ないだろうし

448: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:19:41.43 ID:ZBINcmHn0.net
謎民族多過ぎ

no title

467: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:21:17.42 ID:qPsAFsnG0.net
>>448
中央アジアあたりはマジで謎多すぎやね
ここら辺世界史でも普通にスルーされる

473: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:21:36.43 ID:Sp5GXIyY0.net
>>448
こういうの見ると興奮する

481: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:22:20.92 ID:9cLcyf+z0.net
>>448
ホータンとかは民族じゃなくてオアシス都市やからその上の方の奴らは聞いたことあるやろ

531: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:26:00.62 ID:5zxsr0ht0.net
>>448
厳国ってのが気になる

534: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:26:06.08 ID:MSqZRb24d.net
>>448
食指が動くわ
どっかのオアシス国家の「賢」っていう王が一時期武力統一目論んでいた覚えが

559: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:27:54.19 ID:S/E20TsTd.net
>>534
莎車かな

548: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:27:02.42 ID:kQXV/W1w0.net
>>448
精絶とか、ドリンク剤みたいやな

482: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:22:22.52 ID:dW1XHDUA0.net
no title

蒙古の最大領土wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

507: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:24:34.06 ID:jq7+5lTTa.net
>>482
この頃のアフリカとか原人ばっかりなイメージあるわ
奴隷時代の前ってどんなんなんやろな

528: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:25:48.61 ID:sxEC5xiP0.net
>>482
こんときの対馬って一時的にヤられてたんか?

564: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:28:06.93 ID:Hg5z3Z/10.net
>>528
対馬すてて第一戦は様子見て相手の戦術研究とかやなかったか
なお人質を盾にされて容赦なく矢を射かけて同じように人質を盾にする学習をした模様

524: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:25:24.98 ID:8/aDvo3Xx.net
洗衣院とかいうロマンの塊
洗衣院
洗衣院(せんいいん、またの名を浣衣院)は、金王朝における官設の妓院である。
『靖康稗史証』の記載によると、靖康の変(1126年)の後、宋の皇太后、皇后、妃嬪、皇女(公主)、宗女、女官、宮女、さらに官吏や平民に至るまでの多数の女性が、遠く金に連行された。一部は現地で洗衣院に入れられて、性的奉仕を強要された。複数の幼い皇女たちも洗衣院で育てられ、成長後に金国人の妻妾、あるいは洗衣院の娼婦となった。
『宋史』によると、女真人将校たちは北宋の宮廷にあった財宝のほとんど全てを略奪した。徽宗の第9子の康王趙構(南宋の初代皇帝高宗)と、庶人に落とされていた哲宗の皇后孟氏(元祐皇后)らの数人のみが、運よく難を免れている。
靖康の変の結果、金の捕虜となって北方へ拉致された女性の数は、『開封府状』によると、宋の妃嬪83名、王妃24名、皇女22名、嬪御98名、王妾28名、宗姫52名、御女78名、宗室に近い姫195名、族姫1241名、女官479名、宫女479名、采女604名、宗婦2091名、族婦2007名、歌女1314名、貴戚、官民の女性3319名の計11635名で、それぞれが金額を課された上で、洗衣院に入れられた。


https://ja.wikipedia.org/wiki/洗衣院
549: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:27:10.85 ID:9cLcyf+z0.net
>>524
めっちゃ興奮するンゴ

569: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:28:31.62 ID:/OPWwOzya.net
加藤清正「女真族とかいう最強民族と戦いたいンゴ」

no title

585: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:29:23.10 ID:n+Fv56Ip0.net
>>569
こんなんやっといて補給が届かねーわ三成死ねやから草生えるわ

612: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:30:41.02 ID:JG3pmLR60.net
>>569
もののついでに虎退治は草

614: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:30:59.71 ID:Ods3qqX0p.net
シベリアの民族はあんま語られないな
ネネツ族とかユカギール族が住んでる所ほぼ北極やんけ

624: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:31:33.43 ID:MSqZRb240.net
アイバク「うおおおおお奴隷王朝爆誕や!」←かっこいい

なお1世紀も持たず滅亡の理由も内乱な模様
no title

奴隷王朝
奴隷王朝(どれいおうちょう)またはマムルーク・スルターン朝は、北インドを支配したデリー・スルターン朝最初のトルコ系イスラーム王朝(1206年 - 1290年)。首都はデリー。
クトゥブッディーン・アイバク、シャムスッディーン・イルトゥトゥミシュ、ギヤースッディーン・バルバンという3人の君主(スルターン)の子孫たちが相次いで支配した。いずれもマムルークの出身であり、これを英語では Slave Dynasty と訳し、さらに日本語において奴隷王朝と訳した。
ただし、マムルークを奴隷とするのは適切な訳ではない。マムルークは奴隷ではなく解放奴隷である。イスラーム世界では奴隷を解放する事は善行とされて盛んに行われ、解放された奴隷は元主人の忠実な家来となったため、逆説的に忠実な家来を得るために奴隷を買い求める事が行われた。マムルークもそのひとつであり、騎馬民族がむしろ栄達のために子弟を奴隷商人に売り渡した経歴を持つ。そのため真性の奴隷とは全く異なる存在である。


https://ja.wikipedia.org/wiki/奴隷王朝
640: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:32:16.37 ID:HCWDzAmZ0.net
世界史の先生「マムルークってのは奴隷なんやで」
ワイ「ほーん」
先生「で、そいつらが作ったのがマムルーク朝や」
ワイ「ファッ!? 奴隷が国作ったんか…」
当時のワイはクッソ驚いたンゴねぇ

657: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:33:02.30 ID:8/aDvo3Xx.net
>>640
奴隷って言われたら黒人奴隷的なの連想してまうししゃーない

663: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:33:27.11 ID:DJspYyOE0.net
>>640
「わからない、文化が違う」ってなった

664: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:33:30.55 ID:736w5GrO0.net
>>640
奴隷王朝(直球)ってのもあるわね

688: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:34:41.35 ID:MSqZRb240.net
>>640
奴隷と解放奴隷は紛らわしいわな

696: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:35:05.60 ID:il/Fu/wdK.net
北宋末期のgdgd感よ
金に攻められて落ち目の遼にも負けるって

843: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:43:34.93 ID:KjHPLmSP0.net
日本にも熊襲 隼人 黒脛 土蜘蛛 粛慎 蝦夷 国栖とたくさんの異民族がおったんやで

ワイは隼人が好きや、南方系で和人とは言語が違い、敏捷で力が強く大声を上げて敵を威嚇する儀式があって身体に刺青を入れてたとかポリネシア系の感じがしてロマンがあるわ。

868: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:44:38.48 ID:3dMcOcsD0.net
>>843
鹿児島行くとポリネシア人みたいな人多いから隼人はポリネシア系やと思うで

870: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:44:44.23 ID:q+TaVJdQ0.net
>>843
熊襲のドワーフ感

873: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:44:49.41 ID:Ods3qqX0p.net
>>843
ええな
南アルプス深南部とかに未知の民族おらんかな

989: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:51:32.97 ID:KuzBri6a0.net
中央アジアとかもいい
シルクロード沿いにイスラムや土着の宗教が混ざり合った文化が点在してるとか凄い好き

今じゃ資源成金になっちゃって悲しくなりますよー

999: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/18(金) 21:51:51.96 ID:MSqZRb24d.net
やっぱり世界史スレは完走するんやな

や世N1

1001: うしみつ 2032/3/2(火) 04:044:44.44 ID:usi32.com

【画像】短パンソックス男子が急増中 お前ら乗り遅れるなよ

おっさんになるまで生きてきたが初めて見ちゃいけない人間を見た

FIFA公式映像がちょくちょく映してた日本人美女ωωωωω

池田エライザとかいうえっちな役ばっかりやってる女wwwwww

【画像】ワンピース、ワノ国にて新キャラ4人登場

【神】米津玄師の偉業一覧がすごすぎる

元スレ:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1479469159/
06




この辺、世界史でも特に苦手なんだよな~…
勉強しなおせば面白いんだろうけど




05



神代から周辺民族と戦い続けていていますから…
蚩尤や四罪の末裔が南方の様々な民族となって
時代が移っても権力者を悩ませ続けるのだとか…







●「うしみつ」ではみなさんからのネタ提供をお待ちしています●
ブログを見ていただいたみなさんからのネタ提供を募集します。
以下のようなネタがあれば、「うしみつ」にどしどしお送りください。
ネタはブログに掲載させていただきます。

・恐怖体験談、不思議体験談(実体験・創作問わず)
・「うしみつ」でやってもらいたい話題、ネタ(どんなものでも構いません)
・「うしみつ」で調べてもらいたい話題、ネタ(オカルト関連の未確認情報や噂など)
・イラスト投稿
・その他、速報や上記に該当しない様々なネタ


ネタ投稿は usi32@kjd.biglobe.ne.jp へお願いします。
尚、ネタ投稿以外の連絡先は別ですのでご注意ください。

追記①:たくさんのネタ投稿をいただいております。ネタはなるべく一か月以内に掲載させていただきますが、調査依頼など、掲載に時間がかかる物もあります。気長にお考えいただければ幸いです。
追記② :いただいたメールには掲載日までにお返事を送っております。PCからURL込みの返送となるため、設定によってはお手元に届いていない可能性があります。ご了承ください。