消えた過去記事復活掲載について
最近「過去記事が大量に消えていますが、どこにいったのですか?もう読むことはできないのですか?」といった内容のお問い合わせをいただいています。
かつてサイト移転をした際、 新たなレイティングに合わせて幾つかの記事をお蔵入りにしました。皆さんからいただいたコメントも一緒に消えてしまっている為、非常に申し訳ない気持ちで居たのですが…この際、幾つかの記事はちょこっと手を加えて当時のコメントをそのままに復活させることにしました。
本来の記事の邪魔をしないよう平日の深夜帯、時事性の無い記事のみに絞って少しずつ復活掲載させていただきますので、ご了承ください。
モス男、金子たちが居ない時期の古ーい記事もありますので、懐かしむ気分で楽しんでいただければ幸いです。
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2015/05/03(日) 05:59:17.91 ID:???*.net
カナダのエンタメサイトWatch Mojoが「非ホラー映画のビックリ恐怖場面トップ10」を発表。
デヴィッド・フィンチャー監督、ブラッド・ピット&モーガン・フリーマン共演のサスペンス『セブン』(96)の場面が1位に選ばれた。ここから下は一部ネタバレあり。

今回のランキングでは、ホラーではない映画で思わずビクッとしてしまうような怖い場面のトップ10を選出したという。選ばれた場面はどれも、かなり効果的に作品を盛り上げているという判断とのこと。

選ばれた作品の大半は日本でもリリースされているので、この機会に観てみるのも楽しいかもしれない。

1位に選ばれたのは、ブラッドとモーガン演じる新米刑事とベテラン刑事がキリスト教の七つの大罪をなぞった連続殺人事件に迫る『セブン』。該当場面の状況説明がすでにネタバレ状態だが、 “怠惰”の被害者が実は…という、まさに予期していない展開にビクり。

2位の『ジュラシック・パーク』は、ローラ・ダーン演じるエリーが停電を復旧する場面だ。
ほか、同ランキングにはデヴィッド・リンチ監督の『ツイン・ピークス』映画版と『マルホランド・ドライブ』、ティム・バートンの初期の監督作『ピーウィーの大冒険』からの場面も選ばれている。
 
Watch Mojo選出「非ホラー映画のビックリ恐怖トップ10」は以下の通り。

1位 “怠惰”が起きる/『セブン』(96)
2位 再開/『ジュラシック・パーク』(93)
3位 指輪のパワー/『ロード・オブ・ザ・リング』(02)
4位 ぶら下がり/『ダークナイト』(08)
5位 ラージ・マージ/『ピーウィーの大冒険』(未)
6位 ひどい気分/『マルホランド・ドライブ』(02)
7位 窓の外のエイリアン/『サイン』(02)
8位 車の場面/『ハリーとヘンダスン一家』(13)
9位 ローラの部屋/『ツイン・ピークス/ローラ・パーマー最期の7日間』(92)
10位 やあ、ハリー/『スパイダーマン2』(04)


・1位に選ばれた『セブン』では、この後にビクッとさせられる場面が…(C) AFLO

1125852_650

http://www.crank-in.net/movie/news/36598
2015年05月02日 12:00