6343d4ed

※ネタ投稿のフォームより、調査依頼の投稿をいただきましたのでお答えさせていただきます

 
01




ニイハオ~、皆様♪
質問メール溜まりすぎて超ピンチ?
日曜日の女神こと金子ちゃんで~す!




03



おう、ワシじゃ。銀子じゃ。
GWはどうじゃった?
ワシは金子と清明神社に行って
お隣の怪しいお土産屋で武田信玄のキーホルダーを買ったけん







ヨーグモスさんからの質問

30年くらい前にあったホラーボードゲームです。
敵キャラカードはサイコロの目に対応した弱点があり、1~3まで横に並び、そこで改行されて4~6が並んでいる、3×2の弱点表を持っています。
ここに聖水(1×1サイズ)や十字架(1×2サイズ)、聖剣(3×1サイズ)などのアイテムチップを置くことができ、置かれた場所は追加で弱点となります。
この状態でサイコロを振り、弱点を攻撃できればダメージという内容です。

ホラーボードゲームの調査依頼

実はうしみつはボードゲームというとモノポリーとカタンくらいしかイメージがなく、また、専門店もあるようなディープな世界であることだけは知っている為、かなり自信の無い状態で調査を始めることになりました。

まずは近所の海外のボードゲームなどを扱うおもちゃ屋さんに行きました。
そこで店主より紹介されたのは、次のゲームです。



Fury of Dracula(フューリー オブ ドラキュラ)
51RNAcH1e2L
ゲームズワークショップという海外メーカー産のボードゲームです。
発売は1987年とのことなので、時期的には合っていますね。
2006年にはリメイク版が発売されているそうなので、そこそこ人気のゲームなのかもしれません。


DSC00222_reduced

DSC00221_reduced

ゲーム内容は、複数人の人間陣営と一人の吸血鬼陣営に分かれて対決をします。
人間陣営は、どこにいるかわからない吸血鬼を協力して探しながらマップを回り、見つけ出したら聖水や十字架などおなじみのアイテムで追い詰めて倒します。
一方吸血鬼陣営は、人間に見つからないように吸血したり罠を張ったりと、少しづつ人間陣営を蝕んでいき勝利を目指します。


03260C64-40B6-4D3B-A02A-6CCBC4FA62D2

2F11ED9A-F6D9-4601-A564-5FB129D359C2

「Fury of Dracula」が今回の調査依頼の品と考えられるポイントとしては、

①初出はおよそ30年前であり、時期的にはぴったりであること。
②ホラー風味のダイスゲームであること。
③聖水、剣、十字架、などメール内のアイテムはほとんど登場していること。
④画像のようなHPとおぼしき要素が設定されていること。



が挙げられます。
しかし、同様に以下のような不安なポイントも挙げられます。


①海外産のゲームであり、質問者さんが子供時代にルールを理解してプレイすることができたか怪しい点。
②弱点、という要素があるなので、吸血鬼以外の様々なモンスターが登場するゲームかもしれない点。
③基本はサイコロまかせでゲームを進めるような印象を受けることから、もう少し対象年齢の低いゲームかもしれない点。


個人的にはがかなりひっかかるので、どうも「Fury of Dracula」ではないような気がします。
近年リメイク版も出ているゲームですが、未だに日本語版は発売されていないようなので、子供がやるには少し敷居が高そうです。
もちろん、質問には「30年前にやった」とは書いていませんし、子供時代の思い出とも書かれていませんのでその辺りは勝手な想像です。ただ、最近の記憶や大人になってからの経験であれば、質問者さん自身が覚えているのではないか、という前提で話を進めています。


ここで調査は一度ふりだしに戻って(ボードゲームだけに)しまいましたが、情報募集の記事にて次のような書き込みを発見しました。


20. 名前:丑三つ時の名無しさん 投稿日:2015年04月21日 09:12 ID:pbhsh.dE0
調査⑦
ボードゲームは好きで当時から遊んでたが、プレイした中には該当作はなし。
時期的にバンダイがパーティージョイを乱発してた頃だから、そっち方面から当たるのも手かな。

てか、国内ゲーか洋ゲーか判らないと探しようがないわw


バンダイのパーティージョイ、というキーワードをいただきました。
当時はタカラトミーが人生ゲームオリジナル版を発売して大流行し、各社が競ってボードゲームを発売していたようです。
キャラものや懸賞品を含めると本当にかなりの数のボードゲームが出ています。うしみつも悪魔くんのフィギュア付きボードゲームやフォーチュン・クエストのボードゲームで遊んだ記憶があります。

国内のファミリー向けボードゲーム、1980年代でホラー系、以上の要素に焦点を当てて探しなおした結果、次のゲームが候補にあがりました。



お化け屋敷ゲーム

obake

当時のCM動画もあがっていました。



スマホ連動のリメイク版も発売しているそうなので、人気があったのでしょう。

obake1

マップはお化け屋敷。
様々なモンスターの襲撃を避け、脱出を目指します。


e8c546bf

card3

プレイヤーは「知恵」と「力」と「勇気」のカードを駆使してお化けを退治します。
お化けには三種のどれかに弱点が設定されており、出したカードと弱点が一致していれば撃退、という流れ。
弱点を攻める、という要素はかなりそれっぽいですね。やはりこれが質問のボードゲームか?


607900809

リメイク版以外にも続編が発売しており、こちらはドクロのルーレットに十字架を刺すというギミックも追加されています。

調べれば調べるほどに人気のゲームだったらしく、プレイレビューのページがたくさん出てくるので、興味のある方は検索してみてください。


よっしゃコレや!と調査を終えようとしたとき、気になる情報が目に留まりました。
どうやらこのゲームはサイコロを使用しないそうです。


完全に暗礁に乗り上げて沈没寸前……。
今回も金子に謝罪をしてもらおうと失意に沈んでいました。一応、記事を書き上げて待機させていたところ、なんと先日、かなり有力な情報がメールにて届きました。

調査⑦のボードゲームに関して
「恐怖 スリラーゲーム」という古いボードゲームがあります
提示してる話とかなり酷似した内容でしたので念のためメールしました
参考になったら嬉しいです。

(名無しさんよりいただいたメール)

恐怖 スリラーゲーム

p1

さっそく調べてみました。
販売元はタカラ。発売年は1984年。
世界の様々なモンスターが登場するマップ進行型のボードゲームです。
かなりいい感じだぞ!!


20131109_638c67

20131109_4dd96f

付属のフィギュアは敵キャラのコマだそうです。

9538359284_908958c449

やはりホラーシリーズにおなじみのアイテムがお助けカードとして登場します。
十字架に銀の玉のピストル……アイテムチップでないところが少し気になります。


9535580519_ec5888f9bb

これはメールにもあった弱点表でしょうか?
サイコロではありませんが、ルーレットの目に合わせた数字が設定してあります。
プレイヤーの武器によって勝利目が変化するようですね。狼男は強キャラ扱いなのでしょうか?


金銀銅三種類の鍵を手に入れ、モンスター達がさまよう館からの脱出を目指します。

やはりこのゲームか?
これらしいポイントとしては


①80年代のボードゲームである。
②ホラーである。
③聖水や十字架など、おなじみのアイテムが登場する。
④弱点表が存在し、サイコロではないが1~6の目をルーレットで回す。


やはり弱点表の存在が決め手になりそうです。
いただいたメールを見てみると、弱点表の配置に記憶が残っておられるようですので、上記の画像に心当たりがあるでしょうか。細かな違いはもちろんありますが、そこは昔のゲームで古い思い出です。多少の差異は記憶違いで埋められれば良いのですが…どうでしょう?

ヨーグモスさんの調査依頼はこの「恐怖 スリラーゲーム」ではないでしょうか。







03



ふぅ……今回の依頼も難敵だったわね
ま、もし違ったとしても
これに類似したゲーム
ってことで問題ないでしょう





03



最後の結論、ざっくりすぎじゃね




04





(聞こえない振り)
えーっと、これにて一件落着よ!




02



続報があるかもしれないけん
これ以外に有力な情報があったら
コメント・メール待っちょるけんね



01




たくさんの情報提供グラッチェよ♪
あー、敗北が知りたいわー








●「うしみつ」ではみなさんからのネタ提供をお待ちしています●
ブログを見ていただいたみなさんからのネタ提供を募集します。
以下のようなネタがあれば、「うしみつ」にどしどしお送りください。
ネタはブログに掲載させていただきます。

・恐怖体験談、不思議体験談(実体験・創作問わず)
・「うしみつ」でやってもらいたい話題、ネタ(どんなものでも構いません)
・「うしみつ」で調べてもらいたい話題、ネタ(オカルト関連の未確認情報や噂など)
・イラスト投稿
・その他、速報や上記に該当しない様々なネタ


ネタ投稿は usi32@kjd.biglobe.ne.jp へお願いします。
尚、ネタ投稿以外の連絡先は別ですのでご注意ください。

追記①:たくさんのネタ投稿をいただいております。ネタはなるべく一週間以内に掲載させていただきますが、調査依頼など、掲載に時間がかかる物もあります。気長にお考えいただければ幸いです。
追記② :いただいたメールには掲載日までにお返事を送っております。PCからURL込みの返送となるため、設定によってはお手元に届いていない可能性があります。ご了承ください。