20130517224018

222: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 01:42:41.61 ID:9UESj3oF0.net
個人的に恐ろしいな、と思った話。 

俺の曾祖父さんが子供の頃、親父(つまり曾々祖父さん)と一緒に夜に山を下ってたんだと。 
曾祖父さんは幼かったから親父におんぶされてた。親父は提灯を提げて前を照らしてたらしいんだけど、突然曾祖父さんに「目を瞑れ」と命じたんだと。 
曾祖父さんも何がなんやら分からんが親父の言う通り目を瞑った。 

そしたら親父が小声で「狸が提灯持って案内してくれちょる」と言ったんだと。 

俺が幼稚園ぐらいの頃、曾祖父さんの娘にあたる俺の祖母から聞いたオチのない話。 

こっからは俺の妄想になる。 
当時は不思議な狸って本当に居るんだなぁ、と思ってただけなんだけど今思うと本当に狸だったのか?と思う。 
狸が提灯提げてるだけなのに何で曾祖父さんは目を瞑らなきゃならなかったのか? 
曾祖父さんも死んでるし祖母も惚けてこの話を憶えてすらいないから確認しようもないが俺は曾祖父さんの親父はもっと何か恐ろしいモンを見たんじゃないか? 
だから曾祖父さんに目を瞑らせて見せないようにしたんじゃないか? 
こう思えて仕方ない。