mig
949: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/12/14(水) 20:55:05.31 ID:jlk27Ago0.net
85年のコロンビアの火山噴火ニュースをリアルで見た人いますか? 
あの時、少女オマイラちゃんが首まで泥水につかりながら 
3日間も頑張ったのに、結局救出されずに亡くなってしまったでしょう 
私は小学生だったのですが、絶対に助かると信じていたので 
彼女が亡くなった時はショックで、納得できませんでした 
両足が流木にはさまれていたからとか、 
周囲の土が柔らかくて重機を持ち込めなかったからとか説明されていましたが、 
各国のマスコミがあれだけ現地入りしているぐらいだから 
先進諸国のレスキューや軍隊が乗り出せば 
スキューバで潜るなり何なりできるじゃないかと思ったのです 

で、つい最近……彼女を救出できなかった本当の理由を知りました 
オマイラちゃんの下半身に親族の女性の遺体が 
しがみついていたからというのですが……これってガセでしょうか? 
遺体がしがみついていたなら、そんなものぶった切って助けろよと 
またモヤモヤしてしまいます 
事実関係を御存知の方がいたら教えてください 
明るくて、あの状況でも最後まで周囲を気遣い続けて 
本当に天使みたいに可愛くてしっかりした少女でしたよね(合掌
ネバド・デル・ルイス火山
ネバド・デル・ルイス火山(スペイン語: Nevado del Ruiz)は、コロンビアにある活火山である。
コロンビアの火山の中で最も北に位置し、赤道直下ながらも山頂付近は雪に覆われており、噴火のたびに融けた雪と火山噴出物による泥流(ラハール)が発生する。1985年の噴火による災害(アルメロの悲劇 (Armero tragedy) )以降、近隣の住民からネバドデルルイス火山は「眠れる獅子」と呼ばれるようになった。

オマイラ・サンチェス
アルメロでは多くの人々が火山灰の泥濘に埋もれ身動きが取れなくなり、救助の試みもむなしく息絶えていった。中でも13歳の少女のオマイラ・サンチェス (Omayra Sanchez)は、首と手だけが水の上に出た状態で救助を待ち続け、3日後に死去した。
息を引き取った彼女が水の中に沈んでゆく映像が世界中に報道され、多くの人の涙を誘った。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ネバド・デル・ルイス火山